ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コダワリ( 27 )


2018年 10月 22日

小さなコダワリ 26 (食へのコダワリ)

f0040493_18211341.jpg
別に高尚な味覚を持ち合わせている訳じゃないんですが
食には結構コダワリを持っている方だと思います。
食までも人生を豊かにするアイテムとして
楽しんでしまおう的な・・・。

今日も外出先から次の外出先に向かう経路で
よりワクワクするランチを考えます。
すると、場所的にも時間的にも
茅場町SPOONに行くことが可能な事が分かりました。
ランチでSPOONのイタリアンが食べられるのは凄く得した気分!
実は先週の外出時にも来ちゃってるんですがね~。
本日は、とっても美人のシェフの奥様にもお会い出来ました。
豚トロとホウレン草の柚子胡椒のパスタを食べましたが
さすかにSPOON品質という美味でした。
また、カフェオレをサービスで頂いてしまいました。
美味しいパスタを食べて美人の奥様が入れたカフェオレを飲めば、
もう、幸せ~。
嗚呼、SPOONにして良かった、みたいな・・・。

f0040493_18212322.jpg
ところで、私の食へのコダワリは、
新たなお店の開拓よりも、いつものあの店という傾向が強いです。
これも性格なんでしょうね~。
何をするのも狭く深く、
熱しにくく冷めにくい、
変化を好まず、変わらぬモノを守りたい、
そんな私の性格からくる行動なのでしょう。

 SPOON、すみた、かがり火、白山ラーメン、神山楼、ビリーザキッド、大勝軒、
 登利平、はしご屋、さとり、ニコニコ亭、桑風庵、蓬来軒、美也樹、きよちゃん、
 ペニーレイン、仙波蕎麦、由屋、新屋、レストラン141、草笛、刀屋・、ルヴァン・・etc.

確かに、リピートばっかし!
常連故の特典もたくさん!
舌もお腹も心も満たされる行きつけの店が好き!!
これがボクの食へのコダワリなんですかね~。











[PR]

by ichikakutabi | 2018-10-22 17:55 | コダワリ | Comments(2)
2018年 06月 24日

小さなコダワリ 25 (スシロー)

f0040493_22350227.jpg
完全に勝負有ったな!
あ、いや、100円回転すし戦争の事です。
スシロー、無添くら寿司、かっぱ寿司を始めとして色々とある100円回転寿司ですが、
やはり、スシローが品質、味、コスパともに頭一つ秀でていますね。
現在の自宅の最寄の100円回転寿司の最寄がかっぱ寿司、
その前の甲府の家の最寄は無添くら寿司、
その前の葛飾の最寄がスシロー、
その前の前橋はかっぱ寿司。
引っ越しで家が変わる都度、行きつけの回転寿司は変わるので、
最近は最寄りのかっぱ寿司ばかり行っていたのですよ。
でも、あまり満足出来なくて、
100円均一でない回転寿司の銚子丸に行ったりして満足していたのです。
でも昨晩、AKOの実家の最寄ということで家族でスシローに行ったんですよ。
そしたら、旨い! 本当に旨い!
ネタが違う!
それだけにお得感一杯!
しかも、調子に乗って海老みそラーメンなんて変化球モノも食べたのですが、
これもすこぶる美味!
やっぱ、100円回転寿司は、わたし的には絶対にスシローだわ!!












[PR]

by ichikakutabi | 2018-06-24 22:32 | コダワリ | Comments(0)
2018年 06月 14日

小さなコダワリ 24 (TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK)

f0040493_20383676.jpg
出張が多くなってきて久しいです。
復路はビールやら日本酒やらワインを楽しむのは必須なのですが
往路で飲んでしまう訳にはいきません。笑
そこで、往路の新幹線 or 特急列車 or 普通列車グリーン車では缶コーヒーが旅のお供。
ここでコダワリが出てきます。

缶コーヒーは、TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK!!

これが唯一かつダントツに美味いコーヒーですね。
缶コーヒーではないけれども、セブンコーヒーも物凄く美味いですが・・・。
まあ、なにしろ缶コーヒー界では、私の中では敵なしのチャンピオンが
TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACKです。
無糖なのにほんのり甘い香りは最高に上品ですね。
これしか飲みません。











[PR]

by ichikakutabi | 2018-06-14 20:31 | コダワリ | Comments(6)
2018年 04月 10日

小さなコダワリ 10 リバイバル (ペヤング道)

f0040493_22014488.jpg
ボクは大好きなのに1000カロリー超なので、
食べられなかったのですよ。
ボクがどれだけペヤングを愛しているのか知ってるの???

だって、自転車レースをしている中では
ダイエットって必須だから。

でもsako君が、あんな記事を書くから・・・。
ボクのペヤング愛が爆発しちゃうじゃない。

んで、レギュラーサイズを買えばいいのに、
sako君と同じ超大盛とか買っちゃったよ・・・。

どうしてくれるの!ボクのダイエット。
でも、旨かったなあ、久しぶりに食べたなあ。










[PR]

by ichikakutabi | 2018-04-10 21:48 | コダワリ | Comments(2)
2017年 12月 23日

小さなコダワリ 23 (やきとりの串問題)

f0040493_17520196.jpg
巷ではやきとりの串問題で喧喧囂囂の議論が繰り広げられていますね。104.png
あ、「けんけんがくがく」って、こんな難しい漢字なんだ!!

最近、ハマっているという程ではありませんが、
ちょくちょくやきとりが食べたくなります。
そんな時にボクもヘルメットと角材とマスクを持って議論に参加したくなります。114.png155.png
(いつの時代だ!>自分)

ボクが熱烈に支持するのは串派!116.png
よく全部バラバラにしちゃう人がいるでしょう?
なんっちゅう事をしてくれちゃうのでしょうか!149.png
やきとりは串刺しになっているから「やきとり」。
場所によっては鳥肉じゃなくても串に刺さったあのモノを「やきとり」って言う位。
串を握りしめて上から順番に同じ人が食べるのがやきとり!
ばらばらにしちゃったら、「ネギま」と「もも」の違いが分からなくなっちゃう!!135.png
次はネギの番、なんて思っていても他人にネギを食べられちゃう!!143.png
斉藤和義さんだって
「あ~だ、こ~だ、どうだ!って決めた曲順も、バラバラ、バラ売り♪」されて
文句言ってるでしょうが!!(by「キャデラック」)169.png
作り手の順番を酌んで食べるのが礼儀ってやつだろ!(ホントか!?>自分)105.png

それにやっぱりバラバラに解体されたモノってどうもやきとりっぽくないんですよね。
あれは、ただの「鳥肉」。136.png
やっぱり、やきとりは串刺し!
口に咥えて、ぐ~って串から抜いて食べるのが美味しい。125.png
ついでに、塩で食べるのが美味しい。
という事で、串派の塩グループ!102.png

皆さんは、何派?

Takuma@一般道各駅停車の旅









[PR]

by ichikakutabi | 2017-12-23 17:43 | コダワリ | Comments(2)
2017年 10月 14日

小さなコダワリ 22 (ジャイアントコーンは青)

f0040493_20222136.jpg
小さなコダワリシリーズ。
続いては「ジャイアントコーン」!!
あらあらあら、
またまた、ニッチなネタが出てきちゃったよ!!

皆さん、まずはジャイアントコーン、知ってますよね!!
いわゆるアイス菓子で老舗の作る大定番です。
昔ジャイアント馬場さんが宣伝していたアレです。

私が子供の頃は赤いパッケージのチョコ+バニラ+ナッツしかありませんでした。
ですから「赤」には一定の敬意ははらっています。
でも、そんな長男的な「赤」よりも弟の「青」が好きなんですよ、私。
「青」とは、チョコ+チョコ+クランチです。
これが、美味しいんですね。
チョコアイスも少しだけ苦みもあったりして、美味しいね!!
「赤」のバニラも、いわゆる乳脂肪分的なアイスクリームならば美味しいんでしょうが、
「赤」のバニラはラクトアイスだかんね。
そしたらやっぱり「青」だよね。








[PR]

by ichikakutabi | 2017-10-14 20:14 | コダワリ | Comments(0)
2017年 10月 05日

小さなコダワリ 21 (目眩くライティングの世界)

f0040493_22550388.jpg
最近、ちょっとだけ凝っているのがライティングの世界。
そうです、インテリア照明のことです。
昔から、ライティングには興味があり続けています。
高校時代に今さんから旅のお土産にインテリアライトをもらった程!!
愛車NOBLEの間接照明とそれにライトアップされたグラスケースも素敵!!
少し暗い間接照明って、とっても人の感性を研ぎ澄ますし、何より凄く心地よいです。
ウイスキーも美味しくしますしね。
そんなこんなで、充電式のLED間接照明を購入しました。
タッチするだけで七色に変色する優れモノ!!
今宵のウイスキーが銘酒になったことは言うまでもありません。







[PR]

by ichikakutabi | 2017-10-05 22:53 | コダワリ | Comments(2)
2015年 05月 12日

小さなコダワリ 20 (美しいもの)

f0040493_1934388.jpg
久しぶりにYouTubeで格闘技なんぞを見入ってしまいました。
改めて私がファンだったアーネスト・ホーストのスタイルやフォームが素晴らしくて見入ってしまいました。
一言で言って「美しい」。
格闘技だから「強く」なきゃいけないんだけど、彼のフォームは芸術的に「美しい」ですね。
長く細く伸びた足が繰り出すキックの美しさ、スピードなんぞは惚れぼれしてしまいますね。
このしなやかな足が繰り出すキックに、どれだけのパワー主体のファイターがKOされたことでしょう。
パワーで押しまくるピーター・アーツとは名勝負がいくつもありましたね。

そして、そんな「美しさ」繋がりで見たくなってしまったのが、テニスプレーヤー、ステファン・エドバーグ
彼も、本当に美しいプレーヤーでした。
ルックスが良い上にフォームが美しい。
力でねじ伏せるんじゃなくて、あくまでもしなやかにクレバーに・・・。
久しぶりに見るプレーにこれまた感動・・・。
パワーで押しまくるボリス・ベッカーとは名勝負がいくつもありましたね。

そして、「美しい」繋がりで連想されたのは、競走馬ライスシャワー
言わずと知れた伝説のステイヤーですが、彼がまた美しい。
細い体でマッチョな競走馬を葬り去る姿なんぞは、わたし的にはドンピシャリでしたね。
阪神競馬場の改修の為にその年だけ彼が得意とした京都競馬場で開催された宝塚記念で
落馬→予後不良になり儚く散ったその運命なんて、もう美人薄命以外何物でもないじゃあないですか。
ちなみに私はこの死がショックで競馬を止めました。
パワーで押しまくるミホノブルボン、メジロマックインを
涼しい顔してぶっちぎった姿は今でも私の中で鮮明に残っています。

そんな訳で以前の記事でも話しましたが、美しいもの、スマートなもの、そんなものはわたしは大好きです。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2015-05-12 18:48 | コダワリ | Comments(0)
2014年 03月 04日

小さなコダワリ 19 (made in C)

f0040493_19203393.jpg100均とか行くじゃない?
そん時にちょっとだけコダワッテるのが、made in・・・。
よし!これはTAIWANだ。
ベトナム、OK~!
インドネシア、買い~~。
おっと、危ない・・・。
これはだ・・・。 逃げろ~~。
食品を買わないのは当たり前で、
個人的な好みで、全てのCの商品を地道に不買運動してます。
だって、嫌いなんだもん・・・。
こういうのを偏見っていうんでしょうね。笑

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

by ichikakutabi | 2014-03-04 19:09 | コダワリ | Comments(8)
2013年 01月 17日

小さなコダワリ 18 (昭和の駄菓子ベストテン)

先日マイミクさんの日記で
好きな駄菓子ベスト5を発表したものがありました。
この日記を見てからというもの、自分ならば何かなあって考えてました。
名前がわからないモノがほとんどの中、
さすがにネット社会ですね、ほとんどの画像に出会え、名前も分かりました。
ただし、下町育ちで無類の駄菓子好きな私は5つに絞れませんでした。
んで、ベストテン!
さてさて、勝手に発表させてください!!

f0040493_19184161.jpg10位 すもも漬け
体に悪そうなんですけどね。
美味しいんだな。
当時、梅干しが食べられなかった私も、これは好んで食べてました。
これって「すもも」って言ってますが
今思えば、群馬は村岡食品工業の「梅しば」と同じ味じゃ・・・!?




f0040493_19252620.jpg9位 パンチコーラ
本来、水に溶かして飲む錠菓子のようなのですがね。
直接食べちゃうんですよ。
そうすると、口の中でシュワシュワいって、
痛い位アブクが出るんですが美味しいんだな。
これも不健康そうだな。




f0040493_19315073.jpg8位 チョコバット
これは今でもメジャーなお菓子ですね!
パッケージは変わったものの息の長いヒット商品ですね!
ちなみに私が現役(?)の頃は上から二番目のパッケージでした。
ヒット4回、ホームラン1回でもう一本っていうのは常識だよ!





f0040493_1937366.jpg7位 ハートチップル
ニンニクなんて食材の名前も知らぬ幼気な頃から
「なんだろ? この美味い味は!!」って思ってました。
この商品も、今でも買えるロングセラーですね!
はい、今でも買ってます!笑





f0040493_194452.jpg6位 ニコニコラムネ
知ってるかなあ、これ。
美味しいんだよなあ。
口溶け感も最高!
んで、これを作ってる「東京ニコニコラムネ製菓本舗」、
日本が誇る高級住宅地、我らが葛飾の新小岩産なんですよ!




f0040493_19552156.jpg5位 餅太郎
これも今なお店頭に並ぶロングセラー。
「どんど焼き」っていう類似品もあるけど、
私にとっては、こっちがホンモノ!
厚紙の破片が入ってると「当り」で、
もう一袋もらえるんだよね。
駄菓子にしては珍しく健康に悪くなさそう!?笑



f0040493_204585.jpg4位 ビンラムネ
そういう名前なんですね?
初めて知りました。笑
もなかの中に粉末のラムネが入ってるんですよ!
知ってるでしょ?
そのままガブガブ食べちゃってもいいんですが、
一応ストローが付いていて、刺して食べれるんですよね。



f0040493_20141116.jpg3位 麩菓子
定番中の定番が3位に登場です。
コダワリシリーズですから敢えて言わせてもらえば、
黒糖の黒いやつじゃなくて、着色料満点の赤いやつ!
これが美味しいんだな、気分的に!?爆
今でも酔っぱらって大人喰いしちゃう事がある位好きです。




f0040493_20184698.jpg2位 ぽんするめ
これが最後まで名前が分からず、
というか、今でもこの名前じゃないと思ってるんですよ。
魚介系のすり身でグニャっている食感のシート状の駄菓子。
甘辛いタレの味がしみ込んでいて美味しいやつ。
たぶんイカなんでしょうね。
そういう意味では、この画像のものと同一のものかもしれないんですが
パッケージがこれじゃないんですよね~。


f0040493_2025147.jpg1位 ミルクせんべい&梅ジャム
栄えある第一位は・・・。
Do Ruuuuuuuuuuu♪(ドラムのロールね)
ミルクせんべい&梅ジャムです!
これはもう、なんというか、わたし的にはブッチギリの一位かもしれません。
当時は駄菓子屋のお婆ちゃんが
ジャムを塗ってくれるという超不衛生サービス付でした。
ジャムたっぷりバージョンとジャム薄々バージョンと
双方を楽しむのが「通」の食べ方!?
あ、「ソースせんべい」っていう呼び名はわたし的には偽物!

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

by ichikakutabi | 2013-01-17 19:11 | コダワリ | Comments(10)