ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅日記( 261 )


2018年 04月 22日

来週の今日には・・・

f0040493_2123245.jpg
今年のGWの行先はなかなか決まりませんでした。
当初は琵琶湖にいって石田三成歴史散歩をしようと考えておりました。
本来は大河ドラマのゆかりの地巡りなのですが、
今年は「せごどん」なので、鹿児島か品川?汗
鹿児島はヘビーだし、品川は毎日行ってるし・・・。笑
だから、琵琶湖と我が祖先の岐阜に地に行こうと思っておりました。

でも、なんだか踏ん切りがつかず、モタモタしていたら、
家事都合で出発が2日遅れました。
それで、来週の日曜日の晩に出発となりました。
そしたら、滋賀県もヘビーになってしまったので、
今回のGWは長距離ではなく中距離で、という事にいたしました。

んで、新潟の日本酒と雪山の景色と紅ズワイカニを楽しもうと・・・。
十日町とか野沢温泉とか黒姫とか妙高とか赤倉とかとか能生とか、
北アルプス付近をウロウロとしてしまおうかしら・・・。
なんとなく、行き先が決まったような気がします。












[PR]

by ichikakutabi | 2018-04-22 22:40 | 旅日記 | Comments(1)
2018年 03月 24日

足袋蔵のまち 行田

f0040493_13384126.jpg
朝イチで足袋蔵のまち、行田に来ています。
ここは昔から足袋の製造で栄えて来たまち。
そんな事もあって最近では、
大ヒットドラマ「陸王」の舞台になった事でも話題になりましたね。
また、戦国時代には豊臣秀吉軍が唯一落とせなかった城、
忍城があることでも有名です。
さらに、古墳時代まで遡れば、立派な古墳が数多く点在していたという、
とても歴史上重要な地域です。


f0040493_13385807.jpg
先ずはさきたま古墳公園へ・・・。
予想以上の規模にびっくり!
大きな古墳群と空の青さで素晴らしい景色でした。


f0040493_13392086.jpg
次は「陸王」の「こはぜ屋」さんにお邪魔してきました。
社長さんも玄さんもあけみさんも飯山さんも大地君も、
皆さん元気に働いていましたよ!


f0040493_13393687.jpg
次に石田三成が水攻めでしくじった忍城へ・・・。
豊臣秀吉軍が得意とする水攻めでも落ちなくて、
あの城は水に浮くのかと言われたことから忍の浮き城と言われた名城です。
私の好きな三成公の関連スポットとしては、
いつか来ねばならないと思っていましたので、
とりあえず、目標達成です。


そんなこんなで、東京からさほど遠くなく、
日頃、よく通る道の道中にありながら、
行けていなかった、足袋蔵のまち、行田ですが、
今回、初めて訪れて、その魅力に魅せられたのでした!











[PR]

by ichikakutabi | 2018-03-24 18:00 | 旅日記 | Comments(0)
2018年 03月 04日

帰路には「甲府 蓬来軒」

f0040493_16110674.jpg
七賢蔵開きツアー、一夜明けました。
昨晩はHARUさんのREXで日本酒を飲み直して
楽しいひと時を過ごしました。
HARUさん、ありがとうございました。

さて、本日も快晴です。
雪帽子を被った甲斐駒ヶ岳が眩しいです。
HARUさんとは9時前に名残り惜しいですが別れました。


f0040493_05838.jpg
その後、我々が向かった先は甲府蓬来軒
私の大好きな大好きなラーメンです。
山梨に行ったら蓬来軒
群馬に行ったらはしご屋
これは私の旅の「当たり前」なのです。
久しぶりにマスターとも話せたし、
何より最高に美味しかったです。

帰りは勝沼ICから特急運転。
なにしろ小仏トンネルに渋滞が発生する前に通過せねばなりませんから。









[PR]

by ichikakutabi | 2018-03-04 16:01 | 旅日記 | Comments(2)
2018年 03月 03日

七賢蔵開き 2018

f0040493_15462905.jpg
明けて本日はHARUさんとご一緒に、
七賢で有名な山梨名醸の蔵開きに来ました。
いつもながら素晴らしいイベントです!

f0040493_15463711.jpg
今年は今まで来た中で一番混んでました。
皆さん、ここが天国だって事、気付いてしまいましたね?
やはり、日本酒は酒蔵で飲むのが一番美味しいです!
今回は老若男女構わず私がナンパしまくって、
知らない人同志が肩寄せあって楽しく飲みました!







[PR]

by ichikakutabi | 2018-03-03 13:17 | 旅日記 | Comments(6)
2018年 03月 02日

寝台急行NOBLEかいじ号 まもなく発車します

f0040493_15462175.jpg
寝台急行NOBLEかいじ号、まもなく発車いたします。
御乗車のお客様はお急ぎ願います。
なお、この列車は全席指定席です。








[PR]

by ichikakutabi | 2018-03-02 20:18 | 旅日記 | Comments(8)
2018年 02月 12日

京都 最終日

f0040493_21320338.jpg
さて、色々と楽しい思いをした京都ですが、本日で最終日。



f0040493_21333668.jpg
チェックアウトを済ませ、先ずは伏見稲荷大社に向かいます。
ここは確か初めての訪問だと思うのですが・・・。
京都は修学旅行で訪れているのですが、
高校生が神社仏閣を真剣にみる訳もなく、
女子高の団体を追っかけまわしているだけで
どこに行ったかまったく覚えていないのです。笑
ですから、この場所がこんなに運動量の多いスポットだとは知りませんでした。
でも、トレーニングモードで山頂に登ったのは気持ち良かったです。
ここでしか見られない千本鳥居の風景も壮観でした。


f0040493_21350271.jpg
次に三十三間堂に行きます。
ここも高校生にはその価値が分からなそうですが、
五十過ぎのおっさんのハートは撃ち抜かれました。
1000年も前に造られた彫刻が今、目の前にあるのです。
これは女子高生の団体位、魅力的!?爆
素晴らしい歴史ロマンを味わってきました。


f0040493_01085560.jpg
さて、ランチに「祇園 原了郭」の特製カレーを食べたら
帰りの新幹線が入線してきました。
グリーン車はどこ?
って、明日は会社だぞ!
いい加減に目を覚ませ!


Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

by ichikakutabi | 2018-02-12 14:03 | 旅日記 | Comments(4)
2018年 02月 11日

京都市内探索

f0040493_21283709.jpg
京都市内探索は本格的な二日目に入りました。
地元民に人気の喫茶店Amazonのモーニングからスタートです。
宿の前に止まったリムジンに乗り・・・ (゜゜)バキッ☆\(--;)
違うでしょ!
もう、完全に庶民に戻ってるんでしょ!
Amazonの玉子サンドは隠し味の海苔がいい仕事をしていましたね。


f0040493_21291534.jpg
その後は清水寺高台寺八坂神社と東山地区を散策します。
中でも三年坂石塀小路が最高に趣きがありました。


f0040493_21293902.jpg
平安神宮に行った後、ランチは「おくどはん」で・・・。
ここで食べたおばんざいは最高に美味しかったです。
京風と言うと、薄味なイメージを持っていましたが、
全ての食材がしっかりとした味付けですね。
「おくどはん」、また来たいお店です。


f0040493_21304013.jpg
ランチを楽しんだ後は専用リムジンで・・・ (゜゜)バキッ☆\(--;)
だから、もう目を覚ませって!笑
バスで金閣寺龍安寺嵐山を楽しみました。
嵐山の夜のディナーを楽しもうと思っていましたが、
この地区の夜は早いようで、どの店も18時にはシヤッターを閉めてしまってます。


f0040493_21310911.jpg
それなのでバスで中心街まで戻ってきてディナーを取りました。
京都の名だたる割烹の集う先斗町で夜を楽しみましょう!
予算は一人5万円!?爆嘘
んでね、かなり奥まった路地裏に入った店「ままや」でディナーを楽しみました。
ここはアットホームな雰囲気の中で美味しい料理とお酒を楽しめて、最高でした。
予算度外視で入った割にリーゾナブルで、これまた嬉しかったです!
あっ!庶民Takuma@一般道各駅停車の旅ですから。笑


f0040493_21314370.jpg
宿に戻ってからの大浴場が最高に気持ち良かったです!
今日も素晴らしい日になりました!


Takuma@一般道各駅停車の旅








[PR]

by ichikakutabi | 2018-02-11 23:38 | 旅日記 | Comments(2)
2018年 02月 10日

間人温泉から京都市内へ

f0040493_21212681.jpg
炭平の素晴らしい夜が明けました。
あっ、おはようございます、セレブTakumaです!
天候は生憎の雨ですが、
離れの部屋のベッドルームの小窓からは中庭の庭園が
雨に濡れて一層趣きを増しています!
日本海の波の音もまた一興。

f0040493_21230988.jpg
朝食は朝からサザエの壷焼、丹後名物へしこ、焼カレイをはじめとして
色とりどりのおばんざい等、素晴らしい食材がテーブルに咲きました。
そして極めつけは間人カニの味噌汁!
日本一のブランドカニを贅沢にも味噌汁にしてしまうのが炭平流!
正にセレブのTakumaにピッタリ!?爆

f0040493_21233456.jpg
セレブな和朝食を済ませたら、
離れのプライベート空間に帰って、温泉に浸かりましょう。
まだ眠っていた身体が、段々と起きて来るのが分かります。
外にお客の流れが帰路についているのが見えます。
え?私?
私は離れのVIPなのでレイトチェックアウトなんですよ。
正午迄はのんびりと過ごせるの!
お風呂上がりは、またまたお気に入りの空間のライブラリーで
コーヒーを飲みながら読書をして過ごします。

f0040493_21244344.jpg
やがて、名残惜しいですが正午のチェックアウトの時間がきました。
帰りはマイクロバスではなく、離れのVIPの僕らの専用の送迎車!
だってセレブだよ!セ・レ・ブ!!
こんな感じで炭平の素晴らしい時間が終わりました。



f0040493_21251890.jpg
駅で列車を待ちましょう!
帰りも七つ星列車?
ははは、まあね、セレブだから、僕は。ははは。
すると一両の普通列車が入線してきました。
あ!あのね・・・。汗
たまには庶民の生活なんかも味わいたくてね・・・。汗
普通列車に乗るのなんて何時ぶりかなぁ・・・。汗
ランチはローカル線の駅にはセレブな店がないから、
西舞鶴に着いたら探しましょう。

f0040493_21254210.jpg
西舞鶴に着きました。
ランチのコースは何にしましょうか?
フレンチのコースでも頂きますか。
予算は一人二万円位?
あれあれ?
店も無いし、乗り換え時間もイマイチ無いよ。
あれ?
なんで駅のホームでおにぎり喰って・・・、もとい、頂いてるんでしょう???
まあ、セレブTakumaも時間がないんじゃ仕方ありません。
程なくして特急列車が入線してきました。
えへへ、七つ星・・・?
あれ?なに、この国鉄時代の古ぼけた車両は?
JR西日本の社長に七つ星列車をチャーターしなかったっけ?
こんな古い車両にセレブTakumaが乗るの?ホント?乗るの?
まあ仕方ないな、たまには庶民の生活も・・・。汗

古ぼけた特急列車はやがて終点京都に到着しました。
それにしても、おばちゃん連中が五月蝿かったな・・・。
僕はセレブTakumaだよ。
静かに過ごさせておくれよ!
さっきまで離れにいたんだからね!は・な・れ!

f0040493_21263677.jpg
さて、古都京都では、伝統の旅館に洒落込みましょう!
チェックインを済ませて我々の部屋を探します。
離れはどこ?
あれあれ?なんで小さなエレベーターなんかに乗ってるのかしら???
何、この部屋。トイレとバスが繋がってるけど・・・。汗
成田のビジネスホテルと似てるけど・・・。汗

ちょっと!僕はセレブTakumaだよ!セレブ!
もう・・・。
仕方ないなあ。
それじゃ、夕飯の京懐石に行きましょう!
「すいません、注文いいっすか?
中華そばの並と小、それとやきめしひとつ!」
f0040493_21271218.jpg
あれあれ?新福菜館って、京懐石じゃないんだっけ?


Takuma@一般道各駅停車の旅









[PR]

by ichikakutabi | 2018-02-10 22:12 | 旅日記 | Comments(2)
2018年 02月 09日

間人温泉 炭平

f0040493_20261243.jpg
京都府丹後地方の日本海沿いに間人という漁村があります。
間人と書いて「たいざ」と読みます。
地元の方以外でこれを読めた方、
相当なグルメとお見受けいたします。
そうなんです。
この町は最高級ブランドカニで知る人ぞ知る町。
15年程前に雑誌「自遊人」のカニ特集でその存在を知ってから、
身の丈に合っていない贅沢さながら、
死ぬ迄に一度、この日本一のブランドカニを食べたいと夢見てきました。

f0040493_20274518.jpg
この間人カニ、他のブランドカニが水揚げされる同じ日本海が漁場ながら、
カニがかなり運動量が多く活動出来る地形の漁場を持ち、
しかも港が小さい為に数艇の限られた漁船でしか操業出来ないという、
そんな条件が重なって、身が大きい上に引き締まり、それでいて稀少なので、
一杯三万円とも、それ以上とも言われています。

そのあたりが根っからの庶民である私には身の丈が合っていない理由でして・・・。汗
しかし、この度の結婚20周年の機会に、
意を決して身の丈の合っていない贅沢をする事に決めました。


f0040493_20284949.jpg
「お客様のTakuma様、ここでお降り下さい。」
宿のマイクロバスの運転手さんは言いました。
「なんでだ???」
他の大勢の乗客の皆さんの視線が一挙に集まります。
すると若くて綺麗な仲居さんの声が。
「ようこそTakuma様、お待ちしておりました。」
そうなんです、身の程知らずのTakumaは、
なんと間人温泉の中では最高ランクの宿「炭平」の
温泉露天風呂付き「離れ」の最上級の部屋を予約していたのです。
なんだか、少しくすぐったいぞ!
でも、悪い気はしないなあ。
今日は新幹線もグリーン車で来たし、
京都から網野までの特急列車も七つ星のデザイナーの手掛けた「丹後の海」、
なんだか、セレブぅーー!
ちょっと気持ちいいかも~。笑

f0040493_20294280.jpg
離れの部屋にチェックインすると、
そこから先は完全に非日常空間!
間接照明に照らされた和モダンの空間がディナーへの期待を盛り上げます。
AKOは沢山の種類の中から浴衣を選び、
Takumaはプライベートの露天風呂で夕陽を楽しみ、
ライブラリーで地ビールを飲んで
世界の絶景なんかの写真集を眺めて過ごします。

f0040493_20375050.jpg
やがて、ディナーの時間がやって来ました。
離れから本館のお食事処にいくと、
先ずは生きた間人カニがカウンターにドーーーンとお目見え!
おお!こいつか!
こいつが緑色のタグをつけることが許された最高級のカニ、間人カニか!!
我々の担当になってくれた女性はこれまたとっても笑顔の素敵な方。
この方が早速コース料理を運んできてくれました。
すると、年齢を考えて少量コースを予約していたのですが、
出てくるは、出てくるは、間人カニが!!


f0040493_20381358.jpg
旨い!
さすがに旨い!
ブランドカニなんて初めて食べるから、
他のブランドカニと比べてどうか、
なんて分かりませんが、笑
今まで食べたカニの中ではやはり絶対に旨いっ!
それだけは確かでした。
「刺し」はネットリとした食感で甘みがしっかりと、
「しゃぶしゃぶ」はレアで頂くそれが最高に芳醇、
「焼き」はお腹の部分をそのままかぶりつくのが香ばしかった!
また、カニ味噌の「しゃぶしゃぶ」なんて食べ方も教わり、
これまた感動の味でした。
カニの素材のコダワリや調理法の極意、食べる際の注意点なども色々と聞けて楽しかったです。
最後には甲羅に穴が開きそうになるまで炭火でぐらぐらに熱した甲羅酒を
何杯も何杯も頂きました。
せ、せ、せ、セレブぅーーーーー!
でも、追加で頼んだ厳選A5和牛ステーキは多すぎました!
お腹が破裂しそうです。


f0040493_20384333.jpg
本当に今日は、日常と身の丈というモノを忘れました。
ジャズが流れる「離れ」の極上の時間が流れています。
間人温泉 炭平、素晴らしい宿です。


Takuma@一般道各駅停車の旅








[PR]

by ichikakutabi | 2018-02-09 23:59 | 旅日記 | Comments(6)
2018年 02月 05日

月曜日から遭難

f0040493_17013556.jpg
実は月曜日からこっそりと大好きかどうか分からない新潟に来ています。
長岡までは新幹線で来れましたが、そこから先が豪雪でストップ!
ここから先は満員乗車の路線バスの移動となりました。
車窓から見えるのは路肩の雪の壁・・・。
オれ(・_・)はスーツ着たまま、遭難するのか!?149.png
このまま、凍死して人生を終えるのか!?
そんな危機感満点の珍しいタイプの出張!!









[PR]

by ichikakutabi | 2018-02-05 21:41 | 旅日記 | Comments(0)