ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:キャンピングカー( 224 )


2018年 11月 13日

リタイヤ後はバンコン!?

f0040493_1832446.jpg
12日の月曜日は有給休暇を頂いて富士吉田の道の駅におりました。
通常、私のようなしがないサラリーマンがここにいるのは週末であって、
平日にここにいることは完全にレアケースなのであります。

だから11日の日曜日の夜にはキャンピングカーなんか一台もいないかも
なんて先入観でおもっておりました。
ところが、どうして、どうして・・・。
結構なキャンピングカーが富士五湖エリアの夜を楽しんでらっしゃいました。

でも、一夜明けて朝になって見て感じた事が・・・。
そこそこいたキャブコンが私一台を残して皆いなくなっていました。
代わりにバンコンがたくさん止まっていました。
なんだか、やはり週末とは違うキャンピングカーの割合に
勝手な推測をしてしまいました。

リタイヤ後はバンコン!?


f0040493_21543022.jpg
だって、月曜日の朝に道の駅でゆるりとした時間を楽しんでいる方々って
リタイヤした自由人の方々なんじゃ・・・。
子供も独立して夫婦二人旅とか一人旅とかを楽しむのであれば、
確かにサイズ的にはバンコンが最適なのかな。
そんな勝手な想像をしてしまいました。











[PR]

by ichikakutabi | 2018-11-13 00:01 | キャンピングカー | Comments(0)
2018年 10月 24日

VIVA! HONDA!! VIVA! CR-V!!

f0040493_23121175.jpg
新型CR-VのテレビCMをご覧になったでしょうか?
冒頭、外国の町で新型CR-Vとすれ違う白い車。
これが、なにを隠そう初代CR-Vなのです。
私が群馬時代に3年間車中泊の旅をした車、
それが初代CR-V。

f0040493_15561698.jpg
そんな初代が20年経過した今のCMに登場するなんて、感無量!
なんともセンスの良さを感じずにはいられない粋なCMです。
三谷幸喜さんの「真田丸」で松本幸四郎さん演じる「助佐」が
40年ぶりに復活した時の感動と似ています。

f0040493_2139823.jpg
相変わらず素晴らしいぞ!HONDA!!
次はバラードCR-Xを見せておくれ!!
出来れば赤・銀ツートン!!












[PR]

by ichikakutabi | 2018-10-24 23:10 | キャンピングカー | Comments(0)
2018年 10月 23日

旧型キャンピングカーの名車 featuring「Extage」

f0040493_21590677.jpg
旧車というには余りにも最近の話。
そうですね、それでももう10年近く前の話になるんですね。

その車は今はなきグローバル社のExtageです。
カムロードベースなのに、フルコンバージョン、
つまりシャーシだけを残して、あとは全てビルダーがビルドしたキャンピングカー。
トヨタのエンジンとシャーシの安心感なのに、壮観なクラスAのドライバーズビュー。

いやあ、この車にも相当恋い焦がれましたね。
当時の最愛のパートナー、アウトドアジュニアと付き合っていながらの事ですから、
やはり、この車は名車と言わざるを得ません。

こんなこんなフロンティア精神満載のジャパニーズキャンピングカーが
また、出てこないですかね!












[PR]

by ichikakutabi | 2018-10-23 21:41 | キャンピングカー | Comments(0)
2018年 10月 20日

2018秋 お台場キャンピングカーショー レポート

本日は天気予報不良ということで、急遽、金峰山登山は中止。
しかし、中止にはしたものの、山の天気と違って東京の天気は良好。174.png
どうやって過ごそうかと考えていたところ、
今週末はお台場でキャンカーショーをやっている事を思い出しました。
VANTECH埼玉から割引券が送られてきていたのでした。113.png
葛飾からは往復50km弱の距離ということで、サイクリングには丁度いいし、
なにより500円でキャンピングカーを見放題というのは、非常にコスパが高い!157.png
それで、PINARELLO号が東京湾に向けて出動しました。

f0040493_17393901.jpg
今回のテーマを考えます。
軽キャンパーNo.1決定戦とかバンコンNo.1決定戦とかは目新しくないしなあ。
NOBLEの次の4代目Takuma号を決めるにはまだ早過ぎるしなあ。
ということで、テーマ無しで全てを見て、印象に残った車をレポートする、
こんな形式にしようと決めて入場しました。
まずは、我がNOBLE号の生みの親、VANTECHのブースから・・・。
NOBLEとZIL5が並んでいますが、まちゃさんとTakumaがオフ会をしている訳ではありません。129.png
VANTECH車は全車見飽きたから、挨拶だけしたら次に移動しましょう。
それにしてもフィアットベースの1500万円のフラッグシップカー、
あの車のデビューはどうなったのでしょう?




f0040493_17400542.jpg
さて、まず最初に印象に残ったのは、この車。
アンセイエが絶好調の山梨のビルダーMYSミスティック社の「レジストロ アウル」
まず、山小屋風の内装がインパクト満点。
そして何より小ぶりなパッケージングが気に入りました。
f0040493_17395459.jpg
これだけ小ぶりでも室内高は177cm。
私でも立って移動が出来ます。
しかも、マルチルーム付き。146.png
ライトエースがベースであるが故に、高いコスパ。
なるべく予算を抑えてキャブコンに乗りたい、でも軽は嫌だ、
こんな方にピッタリなんじゃないでしょうか。
4.7×1.9×2.6のサイズは都会の路地でも山奥の峠道でも安心ですね。




f0040493_17403430.jpg
次に目に飛び込んできたのは、この車。
OMC社の「北斗」
標準ルーフのハイエースロングをベースにしたバンコンで
もの凄い思いきりの良いレイアウト。
運転席と助手席以外に前向きになるシートはありません。
というか二段ベッドになる横向きシートがあるだけ。
f0040493_17402113.jpg
しかし、これだけ思いっきりがいいと、
なんと、標準ルーフのロングでもマルチルームが確保出来ます。146.png
この思い切りの良さを賞賛したいと思いますね。
外見を見ただけでは完全に乗用車。
でも、車中泊しても疲れない。
高さ2.1mは、都会のファミレスもバッチリ!
軽の走りじゃ物足りない独身、またはシニア夫婦の旅に活躍するでしょう。





f0040493_17410179.jpg
次に目に飛び込んできた車が本日のNo.1車ですかね。
レクヴィ社の「プラス LV」
この車は以前の幕張のレポートでも褒めました。
「北斗」同様にハイエースのロングがベース。
当サイトで何度も言っておりますが、
私はハイエースのスーパーロングの価値を感じません。
あれに乗るのであれば、絶対にキャブコンの方が取り回しが楽。
しかもキャブコンの方がはるかに広い。
そして、私はハイエースの走行性能の良さを求めません。
ということで、バンコンはスーパーロングだと見向きもしません。152.png
f0040493_17411737.jpg
この車は上記の2車には付いていない家庭用エアコンのオプション設定があります。146.png
つまり夏も場所を問わず活動出来るという事です。
家庭用エアコンの無い車は、
夏は標高の高い場所にしか行けないことを忘れてはならないでしょう。
その点、「プラスLV」は、夏でも使えます。
その代わりにマルチルームは諦めなければなりません。
でも、内装の雰囲気も良いし、
ツインベッドと兼用のダイネットはなかなか居心地が良さそうです。
テーブルも出しっぱなしで寝られます。
フル装備のキャブコンが大袈裟過ぎると感じ始めたベテランキャンパーさんに
ピッタリかもしれませんね。
ハイエースにハイブリッド車が登場して、この車のベース車になったら、
さらに魅力的かもしれませんね。




f0040493_17413444.jpg
最後に紹介するのは、登場して間もない新車。
ANNEX社の新たなフラッグシップカー、「リバティ52DB」です。
この車は何より外見がカッコイイ!!146.png
ルーフ部にちかづくにつれラウンドしたシルエット、
尖ったバンクベッド前部、
モノトーンでシックなレタリング。
全てがとてもカッコイイです。
ごついカムロードベースであることを忘れさせてしまう程の外見がGOOD!
初めて見ましたが、印象に残りました。
でも、撮影するのに青いユニホームの店員さんが絶妙に邪魔な場所から離れてくれません。
仕方なく、後ろ姿を無断で出演させて頂いちゃいました。
しかし、この30秒後にこの方が元VANTECHのKさんであると知ることを
この時の私は、まだ知りません。
1代目Takuma号「MALLORCA Type-3」、三代目Takuma号「ZIL NOBLE」の媒酌人である
Kさんであるということを・・・。

f0040493_20390311.jpg
Kさんとの再会は本当に嬉しかったです。165.png
なんでしょうねぇ、この方が全方位にまき散らすこの人間的な魅力は・・・。177.png
思わずコンビニ行って1,000万円を下してきゃいそうになりました。106.png
しばらくお話しさせて頂きましたけど、
プライベートでもっとゆっくりお酒でも飲みながら色々とお話ししたい、
そんな気分になりました。
その後は坊ちゃん夫妻にも行き会い、少しお話をさせて頂き、
結局、会場には夕方まで長居してしまいました。
500円でこれだけ楽しめちゃって、交通費もゼロ。
素晴らしくコスパの高いイベントでした。164.png
キャンピングカーは見るだけでも楽しいな~。177.png












[PR]

by ichikakutabi | 2018-10-20 21:05 | キャンピングカー | Comments(6)
2018年 09月 25日

キャンピングカーにおけるボクのNG

人の好みは千差万別。
完全に独断と偏見で、私の好みの戯言なんぞを・・・。


f0040493_19425418.jpg
キャブコンにトイレが無い~っ!?
これは有り得ません。
トイレがないのにわざわざキャブコンに乗ることないと思っちゃう私です。
使う使わないは別として、
トイレもシャワーもあるのがキャンピングカーじゃないかと・・・。


f0040493_20412343.jpg
キャブコンに常設ベッドが無いだと!?
バンクベッドを含めて、キャブコンに常設ベッドは必須でしょ!
いい気分で酔っぱらってきてるのに、
今すぐこのテーブルをベッドにしろだとぉ!
有り得ません!!


f0040493_12451704.jpg
家庭用エアコンが付いてるのに、稼働するのは外部ACか発電機だとぉ!?
我がバンテック車にも一台ありますね。
良い車だと思うんだけど、ダメだよ、そんな設定は・・・。
なんか嘘っぽいよ!!
がっつりトリプルバッテリーをつけて標準車両価格としましょう。


f0040493_0361522.jpg
FFヒーターがオプションだとぉ!?
キャンピングカーの装備で一番恩恵が得られる装備を
オプションになんかすんじゃないよ!
キャンピングカーの魅力が半減するじゃない!!
FFヒーターは完全に標準装備にしなきゃ・・・。
代わりにサイドオーニングはオプションでいいでしょ。
あれ出すと、マナーだ何だって、周囲が騒ぎ出すよ!


f0040493_21304269.jpg
バンコンはロングでしょ!!何度も言ってるんですが、スーパーロングを買うくらい
駐車スペースやら機動的犠牲に寛大ならば、キャブコンでしょ!!
都内ではスーパーロングは絶対にキツイって!!
少なくとも520サイズのNOBLEが駐車出来ている私の家に
スーパーロングは入りません!!


f0040493_21351252.jpg
無理してデコレーションしないで!!
トラック然としたマスクを脱却したいっていうコンセプトは分かるけど
なんですか、そのマスクは!
ヤンキーの車とかバニングじゃないんだから!!
そのマスクはないだろ!!
しかも、オプションで10数万円だと!!


f0040493_20473178.jpg
人の好みは千差万別。あくまでも、私の独断と偏見に満ち溢れた価値観であることを
どうか、ご容赦頂けると幸いに存じます!!













[PR]

by ichikakutabi | 2018-09-25 20:36 | キャンピングカー | Comments(0)
2018年 09月 10日

災害と停電とキャンピングカーと

f0040493_16493337.jpg
西日本の豪雨、台風、そして北海道の地震、最近は自然災害続きです。
被災者におかれましては、心よりお見舞い申しあげます。

f0040493_22343573.jpg
北海道の地震に関しては全道停電という二次災害付きで、
計画停電まで選択肢として挙がる逼迫した状況のようで、
本当にたくさんの人の生活に影響を及ぼしてしまっています。
そんな中、東日本大震災の直後の頃を思い出しました。
あの頃も計画停電や電車の間引き運転等がありました。
池袋の職場にも何度となくPINARELLO(自転車)で通いました。
本当に電気の大切さを痛感したものです。

f0040493_21244428.jpg
その時にキャンピングカーの災害対応性の高さを思い知りました。
「災害で深刻な時に、贅沢品のキャンピングカーなんて不謹慎!」
そんな声もあるかもしれません。
でも、結構真面目にその有用性を感じています。

f0040493_20293278.jpg
現在北海道では計画停電に陥らない為に、行政が道民に2割の節電を要請しているようです。
キャンピングカーを持っている人だったら、
間違いなくキャンカーに寝泊まりをして節電に協力するところです。
また、仮に停電になっても、ほぼ困りませんし。
私も震災の頃は2.8kVAの発電機を積んだ完全自立型のOutdoor-jrに乗っていたので、
その安心感といったら、本当に大きいものでした。
今のNOBLEでも、300Aのバッテリーと200wのソーラー発電パネルを積んでいるので
Outdoor-jr程ではないにしろ安心です。

f0040493_21114364.jpg
「でも、キャンピングカーって高価だし、特別な乗り物だし。」
そんな声もあるでしょう。
「それに、そもそもキャンプなんてしないから、過剰設備だよ。」
そんな声も分かります。
でも、軽自動車の内装だけを改造した軽キャンパーなんていうのもあるんですよ。
空間はミニマムだけど、ソーラーパネルも詰めるし、
寝泊まりしてもエコノミー症候群になりません。
何よりもプライバシー空間と電気が確保出来るのはとても大きな安心だと思います。
それが、普通の軽自動車と同じ機動性がある、
つまり通常は普通の足として、通常の乗用車と同様に使えるのです。
金額だって100万円ちょっと多く出せば購入可能です。
災害対策費として100万円ちょっとかけると考えれば、
レジャーとしてのキャンピングカーに興味のない方にとっても
購入する選択肢になりませんかね?
見た目はワンボックスカーと区別がつかないのに
ミニバンとかワンボックスとかのフルフラットとは別次元の就寝環境と電源環境があります。

f0040493_20511579.jpg
また、私のようなキャブコンタイプになれば、トイレ事情も解消されます。
冷暖房設備に加えてシャワー設備もあります。
今回もお気の毒にも液状化で自宅が傾いちゃったりしちゃった家がたくさんありましたよね。
数千万円かけて建築したマイホームですから、本当にお気の毒です。
そんな気の毒な映像を見ていたら、
ふと、「これがトレーラーハウスだったら?」なんて考えてしまいました。
道路を走ることを想定されているキャンピングカーやトレーラーハウスにとって
震度7など大した揺れじゃありません。
液状化されちゃったんであれば、安全なところまで移動しちゃえばいいんですよね。
ガソリンが手に入らない状況になってしまったのであれば、
ガソリンが手に入る所まで走ってしまえばいいだけです。

f0040493_02121914.jpg
地震大国日本にあって、キャンピングカーという選択肢。
これは、何も、旅やアウトドアレジャー好きの人だけのアイテムにしておくのは
あまりにも、もったいない!
そんなキャンピングカーの可能性や万能性を再認識したのでありました。













[PR]

by ichikakutabi | 2018-09-10 00:01 | キャンピングカー | Comments(2)
2018年 09月 01日

NOBLE オイル交換 & 新型クラウン試乗

f0040493_21350586.jpg
このところの頻繁な長野県との往復で
NOBLEの走行距離が一挙に増えて、
40722kmとなりました。
4年8ヶ月の期間、週末走行だけでこの距離なので
中々のペースですね。
そこで5000km毎のオイル交換を・・・。
今回はフィルター交換なしのオイル交換のみ。

さて、本日はオイル交換をしている間に最先端技術を体感してきました。
それは、新型クラウンの試乗です。
世界のトヨタが未来の車を形にした渾身の作品と聞いています。
乗用車の中でもセダンと言ったらば、
本来、私にとって一番興味がないジャンルなのですが、
経済誌を読むような感覚で情報収集してきました。

f0040493_21351696.jpg
サイドブレーキがない!
走行時の静寂性が半端ない!
車線をはみ出たらアラームがなった!
死角に他車がいたらサイドミラーが光った!
フロントガラスにドライバーだけが見える速度表示が写った!
オートエアコンが首を振っている!

こんな驚きを始めとして、沢山の驚きがありました。
コネクテッドカーと言われるだけあって、いわば動く端末!!
中には私には要らない装備や機能もありますが、
安全装備は早くトラックにも展開して欲しいと思いました。
カムロードの標準タイヤの脆弱性を指摘されている場合ではありませんよ、
世界のトヨタさん!!









[PR]

by ichikakutabi | 2018-09-01 18:34 | キャンピングカー | Comments(0)
2018年 08月 31日

NOBLE 些細なアクシデント2つ

先日の乗鞍レース参戦ツアー中に
NOBLEにまつわる小さなアクシデントが2つあったので、綴っておきましょう。

f0040493_12224431.jpg
一つ目は「ケム雲隠れ」の件。
NOBLEのレストルームのシンクには収納庫が付いています。
この収納庫にトイレタンクの消臭剤の「アクア ケム」の小ボトルを入れておいたのです。
今回の旅ではトイレを使用するということで、このケムを取り出そうとしたところ、
これが見つからないんです。
それで手を深くまで入れたら、それらしきボトルの感触が・・・。
ところが、取り出そうとしたら、さらに奥に入ってしまいました。146.png
この収納庫、どういう構造になってるんだ?
こんなに奥まった構造になってるんだっけ?
そして手探りで確認したところ、
なんと、この収納庫の底とシャワーパンの下が、筒抜けに繋がっていたのです。
要するに、収納庫には底がなく、シャワーパン同様にNOBLEの床に被せてあるだけ。150.png
もうお分かりだと思います。
ケムのボトルはシャワーパンと床の間の5センチ程の高さで存在する空間の、
遥か手の届かない奥まで雲隠れしてしまったのです!149.png
試しにスマホの動画で撮影してみると、
木材がむき出しのその空間の奥にひっそりと「ケム」が居るのが確認出来ました!129.png
丁度、上の画像でいうとシンク下に開いている収納庫入口から入って、
丁度便器の左奥下まで入り込んでしまったような位置関係・・・。
果たして、車のリア側の収納庫入口まで戻ってきてくれるのでしょうか?
車のフロント側に移動させるには下り坂で急ブレーキをかければいいのですが、
リア側だと、かなり難しそう・・・。
しかも一度、左側に呼び寄せてからの後方移動になりますので、
ケムの大冒険は長い道のりになりそうです!?106.png
NOBLE乗りの皆さん、この収納庫に小物を入れるのは止しましょう。165.png


f0040493_12375002.jpg
次にリアベットステップ兼収納庫の「ロック機能不全」の件。
NOBLEのリアベッドの入口には可動式のステップ兼収納庫があります。
これを前に引き出すと階段式に上ってリアベッドにアクセス出来、
そのステップを上に開ければ収納庫になっているという便利な仕組みになっています。114.png
当然の事ながら、走行中にステップが前に出てきてしまわないように
深く押すとパチンとロックが掛かるようになっています。
このロック機能が壊れてしまって、
走行中にブレーキをかけると飛び出してしまうという事件が発生。149.png
このステップの上についている収納引き出しを取り出して奥を覗いてみると、
2センチ程のむき出しの木材に留め具をつけて、床に木ネジ2本で固定しただけの構造。
それで、この木ネジが床から抜けてしまっておりました・・・。
f0040493_21345016.jpg
あ・・・、案外、原始的なのねえ・・・。119.png
華やかなキャンピングカーの舞台裏を垣間見ました。148.png
当然、自分で直せるのですが、同じ様に直してもまた再発する可能性がありますので、
応急処置だけして、ホームセンターに行って色々と部品を見て考えたいと思っています。
2本の木ネジの穴の他に一つ穴を開けた後がありましたので、
作り手もその強度の不完全さは認識しているのではないでしょうかね。
今現在、正常に稼働しているNOBLEのオーナーさんにも、
100均で売っているゴム製のドアストッパーを応急処置用に備えておくことをおススメします。165.png














[PR]

by ichikakutabi | 2018-08-31 00:01 | キャンピングカー | Comments(0)
2018年 08月 20日

NOBLE 燃費通信 2018.8

f0040493_19291487.jpg
久しぶりに9km/Lを叩き出したので投稿します。
昨日の給油で9.0km/L!
すげえ!
と思いつつも、よく考えてみたら理由がありました。

それは、
・標高野辺山1400mから東京0mまでの下り基調の道だった。
・のんびりと一般道各駅停車の走行だった。
・R18~R354~上武国道~いなほ道~R122という流れが素晴らしい道のリレーだった。
・たまたま涼しくて、エアコンが要らなかった。

どうです?
あんなに大きくて空気抵抗も凄いキャンピングカーでも
頑張ればこのくらいの数値が出るんです!
ちなみに2000ccガソリンエンジンの2WDです。
コツは急発進をしない事は当然として、
2ndホールドモードを加速時に積極的に使うことですかね。
街中でもこのくらい走ってくれるとうれしいのですが・・・。


Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

by ichikakutabi | 2018-08-20 23:59 | キャンピングカー | Comments(0)
2018年 08月 19日

NOBLE 清水タンク洗浄

f0040493_20100930.jpg
今日はNOBLEの清水タンクの洗浄をしました。
私の愛車、ZIL NOBLEは、
食器を洗ったりする「生活用水タンク」と
歯磨きとかに使用する「清水タンク」と
独立して2つ装備されています。
従いまして、シンクには蛇口がふたつ。

そういう意味では今日は洗浄したのは
厳密には「生活用水タンク」なんです。
「清水タンク」は19Lのポリタンクですから、
取り出していつでもジャカジャカ洗えるのですが、
「生活用水タンク」は据え付け式の55Lのタンクですから、
なかなか洗う機会がないのです。

でも、サードシートの下に配備されたNOBLEの生活用水タンクには
洗浄用の蓋がついておりまして、
そこに手を入れてスポンジでゴシゴシと洗浄が可能!
例えば2台目Takuma号のOutdoor-jrは158Lという
驚異的な容量の据え付けタンクを持っていましたが、
手を入れて洗う事など出来ませんでした。
これはOutdoor-jrに限った話ではなく、
だいたいキャンピングカーの据え付け式のタンクは洗うのに一苦労します。
哺乳瓶を洗う薬剤やお酢を入れて、一定時間走行して洗う位しか策はありません。
そういう意味ではNOBLEの生活用水タンクの洗浄口は本当にありがたいです。

f0040493_20103982.jpg
んで、室内をエアコンでガンガンに冷やして、いざ洗浄に取り掛かります。
蓋を開けたらドブネズミの死骸とか出てきたら、どうしよう・・・。(有り得ない!)
黒カビがびっしりと生息してたりしたら、どうしよう・・・。(これはちょっと心配・・・)
んで、蓋を開けたのですが、これが意外にも清潔さを保っていました。
ヌメリとかも、あまりありませんでした。
思うに東京都の塩素ガンガンの水道水が功を奏したのではないでしょうか?
ここに富士吉田の道の駅の富士山の伏流水とか入れてたらアウトだったのではないでしょうか。
とにもかくにもキレイだったので、スポンジでサッと洗って、
再び東京都の塩素ガンガンの水を補給しておきました。

その後は外装の洗車。
来週末はいよいよNORIKURAのレースですから、キレイな車で現地入りしたいですよね。
ボクがそんなことをしているうちにAKOは室内の色々な所を掃除してくれていました。
おお!レストルームが、とってもキレイになっとる!!
まるで帝国ホテルのユニットバスルームのようだ!(言い過ぎ!?)
また、シンク周りも、すっかり水垢が取れとる!!


さて、キレイになったNOBLEは来週末に今年3度目の乗鞍高原に入ります。
天気は大丈夫だよね、晴れ男Takuma君!!















[PR]

by ichikakutabi | 2018-08-19 19:54 | キャンピングカー | Comments(0)