人気ブログランキング |

ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:柄にもなく・・・( 173 )


2019年 07月 07日

健康経営

f0040493_23221522.jpg
医療関係の方と接点が多い部署に移りまして早2年、
最近は健康経営なんてモノに少しだけ精通してきました。
健康なんて完全に個人のプライベートな事で、
企業や、ましてや国などがとやかく関与するものではない。
人は不健康でいる自由さえあるんだ。
今までそんな風に思っておりましたが、少しだけ考えに変化が出てきました。
確かに個人の生き方や価値観に自由があるのは大前提なのですが・・・。


まず我が国の全ての問題の根源、「人口減少・少子高齢化」についてです。
2000万円の貯蓄がないと老後生きられない案件。
何をいまさら言っているのでしょうかね。
そんなの20年も昔から分かってたでしょう。
それに備えた人は貯蓄をしただろうし、
しなかった人は政府の方針に従って老いても働いて生活費を稼ぎましょう。
そのためには絶対に健康が必要なんです。
病気になった瞬間に収入が途絶えるのです。
そう、生活が出来なくなってしまうのです。
これが不可避な現実。


それでも不摂生な人が溢れ返ったらどうなりますかね。
それは医療、介護、年金を含めた我が国の社会保障費の増大による国家財政の破綻です。
我が国の借金が1000兆円を裕に越えたのはご存じですよね。
2018年度、企業と労働者の頑張りで日本の税収が過去最高を記録しました。
それでも、その額60.4兆円・・・。
しかも、この税収で借金返済に回る金額はゼロ円。
だってプライマリーバランスが赤字なんですから。
国家財政が破綻したらどうなりますでしょうか?
アメリカか中国に身売りするか、はたまた安楽死を合法化するか?
生活出来ない若者が富裕層の老人から金銭を強奪するでしょう。
だって略奪しなければ餓死しちゃうんですから。
あ、でもこれは既に始まってますね、アポ電で・・・。


こんな状況にあるのに、まだ消費税反対とかいう人、
何か妙案をお持ちなのですかね?
打ち出の小槌やドラえもんのポケットでもお持ちなんでしょうか?
まあ、普通の常識人ならば状況は分かっているでしょうし、
上記のような最悪の状況になる前に何とかしたいと考えますよね。
そこで「健康」なんですよ。
健康に気を遣っていれば人口こそ減っても労働人口の減少は防げますし、
労働そのものが健康に寄与すると言われています。


政治は世の中の仕組みを法律を制定することによって作り出します。
今やろうとしている事は、
国民に自助努力で貯蓄させ、自己管理で健康維持をさせ、
企業には70歳を越えても80歳を越えても働ける環境を整備させる、
そんなことです。
節税や助成金や規制緩和でニンジンをぶら下げて推奨する方法も有り、
はたまた法律で厳格に義務付けて方向転換させる方法も有るでしょう。
全ては、日本国家がこの世界最大の少子高齢化を無事乗り越えるために・・・。
この国が破綻して異国に侵略されないように・・・。


さしずめ、企業としては認知症とガンの予防策が喫緊の健康課題のようです。
定年が70歳以上になるということはどういう事かというと、
今までは年金受給者として亡くなられていた方が、
これからは社員として亡くなるということ。
コスト面でも人的資源面でも看過できない損失です。
これを疾病予防によって未然に防ぐのがこれからの企業の課題だと思っています。
ことさら、この認知症の初期症状(MCI)、ガンは
早期発見出来れば進行を遅らせたり、完治することも可能と言われています。
国と企業と、何より一人一人の幸せのために、
早期発見のための検診は今後の健康維持のカギとなってくると思います。


このように考えれば、
企業が取り組む健康経営はやはりコストではなく投資なのでしょう。


Takuma@一般道各駅停車の旅












by ichikakutabi | 2019-07-07 22:12 | 柄にもなく・・・ | Comments(2)
2019年 05月 21日

才能

f0040493_0112580.jpg
人生、そろそろ53年。
色々な事に挑んできました。

幼少期にやった野球は酷かったな。
バッテッングはそこそこだったのだけれど、
守備は本当に酷かった。
球が怖い男に守備は無理だったかな。

小学校に習ったピアノはそこそこ弾けたけど、
練習した分、丁度弾けた位かな・・・。
グリーンスリーブスは好きだったな。

中学に始めたクラッシックギターもそこそこ。
下手ではなかったけど、決して上手くはなかったな。
永山先輩のようなアルハンブラの想い出を弾きたかったな。
また日本一のメンバーにはなれたけど、
あれは吉田先輩と清水先輩の個人技のおかげ。

高校で始めたエレキギターは人生で一番力を注いだかな。
周囲の人からは「上手い」とか「プロになった方がいい」とか言われたけど、
自分の下手さ加減と才能の無さは、自分が一番分かっていたかもしれないな。
ライバルの王者君は本当に上手かったと思う。
ミスが多い、余計な音が鳴る、そんなギタリストいないものね。

大学で始めたテニスも相当力を注いだよね。
しかし、これも酷かった。
テニスは20年くらい努力したけど、本当に上手くならなかったな。
なかでもボレーは野球の守備と同じ理由で下手だったな。
それと、ボクは対戦型のスポーツ、
要するに相手のいるスポーツに適性を感じないな。
心のどこかに勝負をつけてはいけないみたいな甘さがあるな。
相手を無慈悲に木端微塵に出来ない弱さというかな。

大学でやったスキーも酷かった。
対戦型じゃないのにね。
あんなに毎週スキー場に通ったのに、
ウェーデルンまで到達しなかったというのはどういう事!?
いくらお金をかけたのよ!
これも才能の無さですかね。

社会人で力を注いでいだマラソンはそこそこだったかも。
10kmマラソンの40分11秒は少しだけ成果かな。
あ、群馬県民マラソンの話です。

社会人後半で力を注いでいる自転車ヒルクライムレース
これも残念ながら、ボクの生まれ持った3流が全開かな・・・。
頑張っているつもりなんだけど、結局乗鞍90分切りをしていない。
53歳を目前にした今、多分もう無理なのかな。


ちょっと、ちょっと、今宵はネガティブ過ぎやしませんか?
ボクにだって、何か一つ位、少しだけでも才能ってなかったっけな?
それで考えました。
そしたら一つだけ、出てきました。

f0040493_21064554.jpg
は自信がありました。
小学校の音楽室で「スキー」を歌った時に、
ボクの音程の正確さに先生が驚いて、もう一回歌わされたこと。
高音が抜群に出るから歌った
銀座での「限界ラバーズ」に、皆にビックリされたこと。
そして芝学園ギター部の中音パート担当だったがゆえに
人間ハモリマシンになれること。
自分でもなかなか上手いのではないかと思えました。
捨てたもんじゃないんじゃない?

















by ichikakutabi | 2019-05-21 22:24 | 柄にもなく・・・ | Comments(2)
2019年 05月 14日

旅の足跡 ぐい吞みコレクション

f0040493_20163778.jpg
旅先で見つける素敵な酒器。
ひとつひとつ、色や形が違うもんだから、
じっくり時間をかけて選びます。
そんな時間も旅の楽しみ。
そんな時間と共に持ち帰ってきたぐい吞みには
それぞれの思い出が足跡のように紐づかれています。

 益子の陶器市で出会った益子焼、
 修善寺の老舗新井屋旅館で出会った湯河原の器、
 草津温泉で出会った草津ガラス、
 花見で出会った高遠焼、
 野沢温泉で出会った松代焼、
 郡上八幡で出会った美濃焼、
 富山で出会った錫製の「能作」、
 出石で出会った出石焼、
 萩で出会った萩焼、
 黒川温泉で出会った阿蘇の器・・・etc.

そんなぐい吞みでお酒を飲む時、
あの時、あの場所で出会った思い出が蘇ってきます。
今夜もお気に入りの「亀泉」を
より一層美味しくしてくれています。
まだ見ぬ美しい日本には、
まだ見ぬ美しい陶器がありましょう。














by ichikakutabi | 2019-05-14 20:10 | 柄にもなく・・・ | Comments(4)
2019年 01月 05日

2019年 君の目標

f0040493_22084601.jpg
年始なので、少しだけ真面目なネタを・・・。

あ、面白くも何ともないので、スルー願います!笑

2019年の目標を1年後のTakumaに向けて記しておくよ。

【アサーション】
君が他人の話を傾聴出来るタイプであることは、なんとなく分かるよ。
だから、ありがたい事に、相談相手になるようなことが結構よくあるよね。
だけど、最近は自分の主張が出来てないね。
昔は結構出来るタイプだったと認識していたんだけど、
大きな組織が長かったので、相当小さくまとまっちゃったね。
それで、一方的に主張されちゃってモヤモヤしちゃってるの知ってるよ。
ストレス過多になっているのを知ってるよ。
それで、少しだけ人付き合いが面倒臭くなってしまってるでしょ。
これは悪循環だよ。
自己主張はしっかりとして、人付き合いを楽しもう。
自己主張をして嫌われちゃう相手は、きっとこの先付き合ってちゃダメな人だよ。
残り少ない人生なのだから、自分が楽しい相手とだけ付き合っていこう。
その位のわがままはしても許される歳だと思うよ。

【脱・生活習慣病】 
生活習慣病といっても君の場合はメタボのことじゃないよ。
ずばり「お酒」と「ネット」。
美味しくて楽しいお酒とネットならいいよ。
でも、常習化していて精神的に中毒になっているお酒とネットはNGだよ。
そんな時間はサイクリングやウォーキングや読書に当てよう。
ギターやカラオケなんかもいいんじゃない?
なにより脳の健康のために・・・。

【仕事を楽しむ】 
最近、また少しマンネリ化してきちゃってるね。
やはり、仕事を充実させておく事は人生を楽しむ上では大切だよ。
無いモノねだりをするんじゃなくて、在るモノを一生懸命楽しんでみようよ。
その仕事が、社会のため、他人のため、現場のため、会社のために、
少しでも役立てば嬉しいね。

【趣味に没頭する】 
会社生活は長くてもあと10年足らずなんだから、
引退しても没頭できる趣味の体制を整えておこうよ。
具体的には今年も乗鞍のレースに向けて身体を作って行こう。
最近、分かってるよね。
これは単なる趣味の域を越して、生活の張りに必要不可欠なモノになってることを。
タイムは100分切りを目標としよう。
少なくとも昨年の君には絶対に負けちゃダメだかんね。
それと、今年こそ腹筋を割ろうよね。
それにはトレーニングのみならず、食事制限が不可欠。
ダイエットを楽しんで励行してみようよ。

【enjoy ~ing】 
いろいろ言ったけどね。
いつもながら、「enjoy ~ing」でいこうね!
「must」はダメだよ。
良いにつけ悪いにつけ、君は無意識にネガティブに考える癖があるよ。
リスク管理的には良いよ。
大きなミステイクなんかとは無縁だとも思う。
でも、それで精神的に窮屈になったり追い詰められてしまう時があるでしょ。
もう、いい加減、ラフに生きていい歳だと思うよ。
とにかく、この先は自分のために「enjoy ~ing」でいこうよ。












by ichikakutabi | 2019-01-05 21:58 | 柄にもなく・・・ | Comments(2)
2018年 10月 04日

42年の時を越えて・・・

f0040493_19445158.jpg
そうですねえ、私は現在52歳。
さすれば、小学校4年生の頃といえば、
遥か、42年前の10歳の頃・・・。

ボクは我が家の方針で、
中学から進学校に行くというレールに乗るべく、
西日暮里の進学塾に通いました。
小学4年生が通学定期を持つことが嬉しかったです。

そんな中で仲良くなった「お友だち」がいました。
MTさんとは本当にウマが合いました。
だから、本当に物凄い昔の事なんですが、
本当に色々と鮮明に記憶しています。
とてもクレバーで、
バカなふりをしながら他人に気を遣うのが上手い人。
そして、ビートたけしさんみたいに足立区を自虐ネタにして、
周りの人を笑顔にする人。
そんなイメージを記憶しています。

そんな彼と、
なんと、42年の時を越えて、
FBで繋がりました!!

今さらながらですが、本当にインターネットという利器に感心です。
まさに不可能を可能にしましたね・・・。
中学の同級生と何十年かぶりに会う、
こんな体験は、なんとなく日常になっていた今日この頃ですが、
まさか、10歳の頃に塾で一緒だった「お友だち」とFBで再会出来るとは・・・。
そのうち、インターネット空間ではなく
リアルな世界で再会を果たしたいと思っています。

こんな感じで不可能が可能になる時代、
もしかして、天国に逝ってしまった、
あの方やこの方にも、会える日が来るような・・・。
そんな気になる出来事でした。















by ichikakutabi | 2018-10-04 19:39 | 柄にもなく・・・ | Comments(2)
2018年 09月 15日

ありがとう神山楼

f0040493_23105961.jpg
先日も記事にしましたが、
私の大好きな、大好きな中華料理の名店「神山楼」が、
本日35年の歴史を閉じました。



f0040493_20384778.jpg
ボクがその歴史に登場させて頂いたのは
5年目から35年目の30年間ほど・・・。
出会いは、まだ22歳の学生の頃でした。
小学校時代の友達、信弥くんの家でバイトをしている頃。
ボクの母さんが、まだ生保のオバちゃんをしてた頃。
バイト先の社員さんに勧められてランチを食べにいったのが最初。
その話を家に帰ってから母さんに話すと、
母さんの会社の人達の間でも評判になりつつある頃でした。

それからTakuma家のとっておきのお店となり、
その美味しさは親戚中に広がりました。
中でも従妹の美由紀ちゃんなんかは、
これを目当てに四日市から、名古屋から足繁く葛飾に通いました。
僕も学生時代の友達とか彼女とか、また会社の仲間とか、
多くの方々に「世界一旨い餃子」を始めとした中華料理の逸品を食べて頂きました。
20年前からはAKOも常連に仲間入りして、
何度となく二人で、また私の実家の家族を入れて、美味しい中華を食べました。

f0040493_22211557.jpg
マスターは都心の有名中華料理店で修業をした後、
まったく縁のなかったという我が葛飾でお城を構えられました。
これが名店「神山楼」の始まりです。
その頃、私はまだ未成年・・・。
それから35年の月日が流れたことになります。
本日も店先でシャッターを「よっこいしょ」って感じで上げるお姿を拝見して
思わず、心の中で「長い間、お疲れ様でした」と言ってしまいました。
「この方が、お店の奥で、いつもあの美味しい料理を作って下さったんだな」とも・・・。

ママさんは、いくつになられても「可愛さ」と「上品さ」を持ち合わせていた方。
でも、最盛期には店先に1時間程の待ち時間の行列が出来る中、
そのプレッシャーに負けずに、店内でテキパキ働いていらっしゃいましたっけ。
こんな人気があるんだから、従業員を雇ってお店を拡張しないのかという私の問いに
「そんなことしたらウチの人(マスター)が倒れちゃう」って言ってたのが印象に残っています。
常連の我々にはいつも欠かさずにデザートの杏仁豆腐をサービスしてくれましたね。
本当に感謝しています。


f0040493_1023432.jpg
確かにマスターの料理が美味しいから、通った神山楼。
でも、マスターの料理の味に加えて、ママさんのいるあの空間、
あの空間が居心地が良くて、楽しくて、通ったのでしょう。
ビールを飲みながらママさんとお話しをする機会も増えて楽しかったな。
さて・・・。
最後の営業となった本日も変わらず美味しかったです。
本当に、最後まで最高に旨かったです。
雨の中にも関わらず、店頭で順番を待って入店した常連さんたち各々が、
その想い出を噛みしめ、これが最後となるマスターの料理を味わう中で、
その名店は偉大な歴史の幕を閉じたのでした。
葛飾が誇る名店「神山楼」
ありがとう、そしてお疲れ様。











by ichikakutabi | 2018-09-15 22:49 | 柄にもなく・・・ | Comments(0)
2018年 08月 30日

52年の月日が経ちました

f0040493_20570606.jpg
本日をもって、この世に生まれて
早52年の月日が流れました。
ボクに生をくれた両親は未だ心身共に元気に存在しています。
改めまして感謝申し上げます。
そして20年前からは妻が私を支えてくれています。
これまた改めまして感謝申し上げます。

f0040493_21553100.jpg
人生100年時代、
年金受給開始年齢繰り上げ、
少子高齢化時代、
働き方改革、
国家財政破綻、
二人に一人は癌に罹患・・・。

色々な事が言われておりますが、私のスタンスは変わりません。
そろそろ人生を逆算してプランニングしなければならないと思っています。

f0040493_20571365.jpg
やりたい事をやる。
明日死んでもいいつもりで今日を生きる。
楽しい事だけをやる。

でも、その為に他人に迷惑をかけたり、
家族や仲間を裏切ったりする事は、大きくNG。
自分勝手や贅沢三昧や怠惰な暮らしが
「やりたい事」でも「楽しい事」でもない。
自分が楽しい時、幸せな時を分析して、
残りの人生、そんな機会になるべく多く出遭えるように
舵取りをしていく。
その為の仕事とか趣味とかに、時間と労力を捧げる。
そんな人生をプランニングしていきたいです。

キーワードは、「仲間」「ありがとう」「達成感」「健康」
この瞬間から始めよう。
今日という日も大切な人生の一部だから。














by ichikakutabi | 2018-08-30 12:30 | 柄にもなく・・・ | Comments(6)
2018年 04月 26日

おい!自分・・・。

f0040493_22582501.jpg
仙台に出張して帰る途中の新幹線の中。
トンネルに入ったら、自分の顔が窓に映ったよ。

おい!自分、相当老けたな。やつれたな。
いつまで経っても、幼稚なお前が、
よくサラリーマンの管理職なんかやってるじゃん。

まだまだ若いと思ってた自分の見た目のオッサンぶりに
正直言ってびっくりとしたと同時に、
よくぞまあ、この甘ちゃんがやってきたなと
少しだけ自分を労いたい気になりました。

そんな事を思いつつ、新幹線は東京に向かって走り続けています。
今日も幼稚なTakumaが少しだけ成長させて頂けたかな・・・。










by ichikakutabi | 2018-04-26 20:53 | 柄にもなく・・・ | Comments(2)
2018年 04月 01日

新年度の開始

f0040493_21535326.jpg
4月に入りましたね。
会社勤めの方々には新年度、学生の方々には新学期、そんな節目の時期ですね。

なかでも中学、高校、大学にお別れして、新しい生活に入る方々、
とりあえず、ご卒業、おめでとうございます。
不安と期待で一杯な今夜でしょうかね?
というか、50歳を越えたこのオッサンの記憶を辿ってみると、
不安、不安、不安の夜じゃないでしょうか。

どうか、最初からトップギアで頑張ろうなどと思わないようにお願いします。
私の頃の話でいうと、学生時代を通して仲良く連れ添った黒澤君と遠藤君に
送り出されて、私が初めて社会に出たのでした。
黒澤君は有名国立大学に入ったのにも関わらず、
やりたい勉強がないという不満と、
彼の人生の都合上、今の奥様との駆け落ちがあったのですから、
まだまだ、大学一年生みたいな状況でした。
遠藤君は有名私立大学に在学中であるとするも、
自分のしたいことと社会の構造が合致しませんで、
フリーランスの道を模索していましたので、この先まだまだ学生と同様の身分でした。

そんな中、仲良し3人トリオなかの一番臆病者のボクが社会人になってのでした。
入社式の前の晩には墨田の大衆ステーキハウス「ビリーザーキッド」で2人に祝ってもらってました、。
不安、不安で、会社勤めの生活が嫌で、嫌で、嫌で・・・。
仕事なんて、しなくていいのであれば、
芝の友人たちと価値観を共有して生きられる自由な人生なんかがないものかと、
そんな風に思っていました。
今から思えば、学生の甘い考えなのですがね。
青かったのですが、本当に会社に拘束される生活への絶望感といったら、
それは最悪の状況でした。

そうなんですよ。
いつも世の中が色めきだっている時に、
いつも明後日の方向を向いてきた人間なので、
全然、嬉しくなかったんですよね、4月の新年度。
それでも、28年間、サラリーマン生活が続けれている元ロック少年がいます。

だから、そんな不安に潰されそうになっている人たち、
どうか、どうか、本当にどうか、自信をもって明日を迎えられますように!
きっと、明日も今日と同じ時間の速度ですよ。
どうか、自分を見失わないで、そして新しい世界での自分に謙虚に・・・。

明日から同じ職場で一緒に仕事をするお父さんとお母さんみたいな年齢差のある人たちも
毎日、色々とテンパって働いている、あなたと同じ労働者かもしれませんよ。












by ichikakutabi | 2018-04-01 21:35 | 柄にもなく・・・ | Comments(0)
2018年 03月 11日

もう7年ですか・・・。

f0040493_1516348.jpg
絶対に風化させてはいけない日。

でも、いつまでも引きずっていてもダメな日。

そして、何事も無い日々が、いかに幸せであるか。

改めて感謝しよう。

日々の悩みや不安などが、いかにちっぽけな事であるか。

改めて黙祷、そして復興に全力を注ぐ方々に最敬礼。

Takuma@一般道各駅停車の旅









by ichikakutabi | 2018-03-11 23:49 | 柄にもなく・・・ | Comments(4)