ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ミニベロ&ロードバイク( 433 )


2018年 08月 05日

小物をたくさん買いました

f0040493_23020199.jpg
LOOK用の自転車小物をたくさん買いました。
黄色いヘッドライトとか、
黄色いサイクリング専用靴下とか、
防水サドルバックとか、
ライトウエイトチューブとか、
替え用の白いバーテープとか、
替え用ハートレートバンドとか、
数グラム重くなりましたが、
なお軽量クライミングバイク、
LOOK 785 HUEZ RSに乾杯っ!!


f0040493_23203826.jpg
そんな夜に心拍数更新しました。
ナント、179bpm!!
そのうち死ぬぞ!!















[PR]

by ichikakutabi | 2018-08-05 23:05 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(0)
2018年 08月 02日

乗鞍に向けて猛暑の中

f0040493_19082715.jpg
暦は8月。
相変わらずの猛暑ですね。
さて、私の一年の目標「マウンテンサイクリング in 乗鞍」まで
一ヶ月を切ったことになります。

こうも暑いと身の危険を回避するために自転車は乗れていません。
おかげで助かるのは、昨年から導入したスピンバイク。
これで、室内にて熱中症を避けてもがいています。
毎日、帰宅後にタオルを首にかけて、扇風機を最強にして、
心拍数を170bpmまで到達させます。
クールダウンまで含めると最低でも15分かかります。
160bpmを越えてからは、もう苦痛そのもの!
うめき声をあげながら170bpmまで追い込みます。
もう泣きそう・・・。


f0040493_10021767.jpg
今年のレースはクライミングバイクLOOK 785 HUEZ RSを導入。
金と努力の合わせ技で頑張ります!笑
どこまで結果が出るのでしょうか?
乞うご期待しないでください!爆
何はともあれ、当日は乗鞍ブルーの空を仰ぎたいですね!!










[PR]

by ichikakutabi | 2018-08-02 19:29 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(0)
2018年 07月 16日

LOOK 785 HUEZ RS 乗鞍インプレション

新車LOOK 785 HUEZ RSで初めて乗鞍に登ってきたので
インプレッションなんぞを・・・。
あ、こんなサブジェクトだと初めてご覧のお客様もいらっしゃると思うので、
当方の3流プロフィールなんぞを・・・。
どのレベルの人間のインプレか、分からないと参考になりませんゆえ・・・。

【Takuma】
 年  齢 :51歳
 身  長 :172cm
 体  重 :59.5kg
 レース歴 :9年(乗鞍には8回出場)
 乗鞍ベスト: 94分51秒(2012年)
 最新タイム:105分41秒(2018年)
 バイク歴 :LOUIS GARNEAU MV2 PRO〔SORA〕(2006~2017)
       PINARELLO FP2〔105〕(2007~現在)
       LOOK 785 HUEZ RS〔DURA-ACE〕(2018~現在)
 その他機材:ガーミン810J(パワーメーター無し)
       フルクラム レーシングゼロ(2009~)   
 そ の 他:長距離はせいぜい100km
       ストイックな練習よりもお酒
       でも、家でもちょっぴりスピンバイク


インプレ1:気持ちいい
情緒的かつ曖昧で大変申し訳ありません。
もう少し機能的かつ具体的な感想を述べたかったのですが、
のっけから、こんな感想。
でも、本当に上り坂が「気持ちいい」ですもの。
そして「楽しい」。
少しだけ具体的に言い換えれば、
苦しくなってからが「軽い」という実感を感じます。
今までは苦しくなってくると「苦しい」に「重い」って感じが加わっていましたが
LOOKは「苦しい」と感じても、なお「うお!軽っ!」って感じ。
そしてその軽さが快適で楽しいのです。
このバイクを楽しむのは、やはり明らかに峠のようです。
平地でも軽さは感じるのですが、この楽しさは感じられません。
もっと早く買えば良かったかもしれません、軽量クライミングバイク・・・。
f0040493_00113916.jpg


インプレ2:下り道
「上り坂が得意なクライミングバイクの下り坂は?」と言いますと・・・。
恐れていたヒラヒラとした恐怖感は微塵もありません。
ただし、安定感はやはり3kgも重いPINARELLOに軍配が上がりますね。
PINARELLOのハンドリングの安定感は平地でも秀逸でしたからね。
しかし、LOOKの制動力も凄いです。
やはり軽いと制動力も凄いですね。
車のガソリンを満タンにした時にブレーキ性能が落ちるのと、ちょうど逆の現象ですね。
軽い上に、世界のシマノの最高グレードDURA-ACEですから、それはもう・・・。
前輪と後輪の制動のバランスを良く考えないと、簡単にリアがスリップしてしまいます。f0040493_00115110.jpg


インプレ3:DURA-ACE
いわずとしれた、世界のシマノの最高グレード。
今回組んだ中で、私にとっての一番の過剰品質なパーツでしょう・・・。大汗
だって、ツール・ド・フランスを走っているプロと同じ機材ですから・・・。
まずは、そのレスポンスが素晴らしいんです!
レバーを動かした瞬間に、もう既に新しいギアに入ってる!みたいな。
特にフロントギアのレスポンスは、一般ライダー向けの105とは一線を画すモノ!
10年前の105から乗り換えた私にとっては、まるで電動コンポのようなフィーリングです。
また、シフトレバーの握りやすさも、手のひらの小さい私のような日本人にピッタリ!f0040493_18375372.jpg


インプレ4:乗り心地
軽量フレームとか上級フレームとかって、
硬くて、私のような貧脚サイクリストには逆効果になることが多いのですが、
LOOK 785 HUEZ RSは、そんなに硬さを感じません。
バリ硬の「レーシングゼロ」を履いている私が言うのですから、間違いありません。
少なくとも、ロングライドで致命傷になる硬さはないと思います。
このあたりのしなやかさは、YONEXのCARBONEXも秀逸ですよね。
あと、少し気になったのはハンドルへの振動ですね。
私は3Tのカーボンハンドルバー「TEAM」を付けているのですが、
PINARELLOの時はあまり気にならなかった下り坂の振動を感じます。
これは、今後の再度インプレしたいと思います。
f0040493_18363371.jpg




3流ヒルクライマーのインプレゆえに、どこまで参考になるか分かりませんが
とりあえず、現在のLOOK 785 HUEZ RSの感想を乗せてみました。
まずは、90万円のクライミングバイクを組んだこと、
大満足です!!













[PR]

by ichikakutabi | 2018-07-16 23:52 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(0)
2018年 07月 01日

2018.7.1 納車日

f0040493_18363371.jpg
雲の上のゴールを目指して、超軽量飛び道具的マシンが納車されました。
LOOK 785 HUEZ RS
3流初老ヒルクライマーTakumaの最終兵器。
素質無し、経験無し、脚力、心臓とも初老で右肩下がり・・・。119.png
最後は「銭」で解決しようというこの魂胆!?129.png
・・・。118.png
なんですか、晴れの日に、この自虐的な冒頭は・・・。150.png
仕切り直し!!132.png



f0040493_18365593.jpg
さて、お店には開店12時と共にINしました。
まずは天井からぶら下る見覚えのあるホイールとサドルが目に入ります!
おお!これが・・・。113.png
これが正に我が愛車か!!
担当のIさんが早速案内してくれました。
色々と説明を受けていると、すぐに元五輪選手のF店長さんも出てきてくれました。
実際に組み上がった自分用の完成車を見ると、さすがにテンションがあがりますね。



f0040493_18372592.jpg
うんうん、最後まで迷ったシートポストとステムも中々イイ感じ!
そこで一つお願いをしました。
「この状態で重さを測ってもらえますか?」
すると、店長さんは快く計測してくれました。
その結果、6.56kg!!150.png
周囲にいるメカニックさん達からも歓声があがります。
これでホイールをカーボンにするといよいよ最軽量の域だとか・・・。
逆に実用的なレベルでは、もうホイール位しかいじる所がないようです。
というか、最軽量のアルミホイールを履いているんだから、
あとはエンジンの強化か!?105.png



f0040493_18375372.jpg
ディーパックに入れてきた札束で(笑)現金精算を済ますと、いよいよ納車完了です。
まずは、お店の裏庭で細部に渡って愛車の撮影を・・・。
すげえ!3流の私がプロの機材「DURA-ACE」なんて付けていいのでしょうか?
ちょっと恐れ多いです・・・。
トップチューブを握って、持ち上げてみると本当に軽い!
6kg台はダテじゃないな。
・・・なんて、思っていると、
私より年上そうな、なるしまジャージを着ているので恐らく上級者と思われるお客さんが
声をかけてくれました。
「大人気で品薄なんでしょう? カッコイイですねえ。」
これには、私も恐縮・・・。
「ありがとうございます。
 このモデルの発売によって、予定を繰り上げて買ってしまいました。」



f0040493_18462758.jpg
さて、自宅まで初ライドです。
往路が電車だったので、靴はビンディングシューズではなくスニーカーでペダルを回します。
試乗はしているので、分かってはいましたが、改めて軽量カーボンバイクの軽快な走りです!
下町にはあまりない貴重な登坂を選んでの初ライド。
まずは赤坂見附を永田町まで登ってみます。
その感想は、劇的に軽いという感じよりも、
普段と同じトルクをかけているんだけれども
結果的に普段よりも1~2枚重いギアを回せているといったモノ。
長距離を乗った後の疲労の軽減やヒルクライムのタイム短縮が楽しみなところです。110.png



f0040493_18383519.jpg
自宅に着いてAKOに報告。
まずはリビングに鎮座させて展示期間。
LOUIS GARNEAUを、PINARELLOを、買った時と同様にニヤニヤしています。126.png
今夜はこいつを見ながらスパークリングワインで祝いましょう。182.png











[PR]

by ichikakutabi | 2018-07-01 18:41 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(2)
2018年 06月 30日

完全ノーマルのPINARELLOがゆく

f0040493_17010121.jpg
本日、完全ノーマルに戻ったPINARELLO
朝霞水門までのいつもの荒川CRを走ってきました。

「どうせ、捨てるんだろー?」

走り出してすぐにPINARELLO君が叫びました。
え?なに?
ちょっと待って。
勘違いだって!!

「だって、軽量パーツ全部外しちゃって・・・」
「LOOK買ったんでしょ!、知ってんだから!」

大丈夫だよ、PINARELLO君。
LOOK君と2台体制でいくから、これからもよろしくね。

こんな会話をしたからという訳でもないのですが、
相変わらずPINARELLOは良く進みます。
純正の「most」ブランドのハブなんですが、結構これが秀逸かも・・・。
10年落ちのバイクなので1万円にも満たない市場価値でしょうが
ボクにとっては相変わらず25万円の価値のバイクです。
完全ノーマルに戻して若干重くなっているので
ダンシングとかは鈍さが気になりますが
直進安定性はむしろ上がったと思います。
ヨーロッパサイズの大き過ぎるハンドルは
サドル位置とスペーサーで修正して
なんとか耐えられる範囲のポジションに・・・。

ここは今後の課題でしょうか。











[PR]

by ichikakutabi | 2018-06-30 16:47 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(2)
2018年 06月 20日

納車に向けて

f0040493_21283011.jpg
退職金を前借して(?)ロードバイクを買ってしまった訳で・・・。126.png
当然のことながら、頭の中はそれで一色・・・。105.png
今のところ納車は6月30日の予定です。
でも、雨が降ったら止めちゃう!136.png
だって汚れちゃうから!!106.png
泥がついちゃったら大変!!129.png
こんな感覚・・・。
LOUIS GARNEAUPINARELLOを買った頃を思い出しました。

また、我が家には来たる納車日にむけて
LOOK用の様々なパーツが集まり始めています。
携帯ポンプ、ガーミンのセンサー、LOOKのペダル用のシューズ・・・etc.
こんな事もPINARELLOの納車待ちで10年前に経験しましたっけ。173.png











[PR]

by ichikakutabi | 2018-06-20 19:32 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(2)
2018年 06月 17日

LOOK用パーツ持ち込み

f0040493_17432708.jpg
いつかこんな日が来ると夢見てました。

クライミングバイクをフレームから購入して完成車を作る。
ホイールやらハンドルバーやらサドルといったパーツは既に軽量化済みなので
フレーム購入後にそのパーツを購入店に持ち込むことになります。
電車で持ち込むことになるのかな、それともやっぱりNOBLEで持っていくのかな、
そんな、どうでもいい事まで空想していました。

そして本日、そんな日が来ました。
軽量パーツをNOBLEでなるしまフレンド神宮店に持ち込んできたのです。
そして、ステムやらシートポストやらペダル等、確定していなかったパーツの打合せ。
バーテープの色やら、アウターケーブルの色なんかもワクワクと打合せします。
それと同時に、先日仮発注していたシューズ、fi'zi:k R4B UOMOも試着&購入。
足の形を丁寧に確認してもらった上、クリートの装着も済ませました。
本当になるしまフレンドの丁寧な対応には抜かりがありません。
プロショップとはここまでやってくれるんだと、またまた感動しました。

さて、残すところは納車のみ!
次になるしまフレンドに行くときは、
LOOK 785 HUEZ RSの納車日です!!
楽しみでなりません。













[PR]

by ichikakutabi | 2018-06-17 17:57 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(4)
2018年 06月 10日

第15回 Mt.富士ヒルクライム

f0040493_20374580.jpg
乾杯です。
乾~杯、今、君は人生~の~♪
大きな~舞台に~・・・♪ 
って、全然違います!!

「完敗」です。
1時間51分03秒
昨年の50歳10ヶ月の自分に4分遅れの完敗です。
今日は折り合いもついていました。
ラストの緩斜面でのスパートは中々満足出来るものでした。
それでも、この結果。
これでは言い訳が効きません。
そして、しません。
特段、練習に工夫もせずに50歳から51歳になると、こういうことになるのでしょう。
そして、練習をしないと完走も出来ない歳なのでしょうか。
90分のブロンズは夢のまた夢。
今回の目標の100分切りも、かすってもいませんね・・・。
このまま、無策でいると完走しただけで褒められてしまう歳になってしまいますね!?笑

良かったことと言えば、ゴールまで雨が降らなかったこと。
しかも、雲の上に突き抜けてからの天気はそんなにも悪くもなく、時に青空も見せてくれました。
これは、選手の皆さん、
晴れ男のこの私、Takumaに感謝してくださいよね!?

それでも、下りのラスト20分は冷雨に遭いまして修行モードでした。
完敗の上に冷雨は効きますね・・・。
手の感覚は無くなるし、身体は芯から冷えるし・・・。
涙が出そうになりました・・・。
でも、そんな状況で食べる会場での3流富士吉田うどんサービスは美味しかった・・・。
芯から冷えた身体を温めてくれました。

10年連れ添った愛車PINARELLO FP2のラストのレースに花を添えられなかったのも残念。
今回のレースはゴールまで雨が降らなかったから良かったということで、お茶を濁しましょう。
さて、3ヶ月後の「本番」、マウンテンサイクリング in 乗鞍は、LOOK 785 HUEZ RSで参戦です。
まだまだ間に合うヒルクライム用の練習に精を出しましょう!!











[PR]

by ichikakutabi | 2018-06-10 20:30 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(2)
2018年 06月 09日

15th Mt.富士ヒルクライム 前日

定宿の談合坂で目覚めてみると、ナント晴れています!
おー!青い空が見える!
下がりまくってたテンションが再び上がり始める単純な私!
だって、青い空と陽ざしが好きなんだもん。


f0040493_19000290.jpg
昨年と違い勝手が分かっているので無駄なく動けます。
富士北麓駐車場には9時半に着き、
そこからはシャトルバスの運行を待たずして、富士山ウォーキング。
受付の富士北麓運動公園までは高原の空気を楽しみながら歩きました。


f0040493_19003868.jpg
会場では、来るべきLOOKの納車に向けて小物をあさります。
軽量携帯ポンプとボトルケージをゲット!
さすがは、群馬のタキザワ、良い小物置いてる!
そしてLOOKのブースでは、私が納車待ちしてる785 Huez RSが!
早~く、こいこいR~S~♪
さて、その後12時前には無事に受付を済ませたのでした。
ゼッケン番号13111、がんばれよ~。


f0040493_19005878.jpg
富士北麓駐車場への帰り道はシャトルバスで帰りました。
その後、山梨が誇るちょいセレブスーパーのICHIYAMAで買い出しをして、
今宵の宿舎の道の駅富士吉田に向かいます。
ここでのランチは昨年同様というか、いつものハーベステラス!
ここの地ビールとランチプレートがすこぶる美味しいんですよ!

Mt.富士ヒルクライム前日の今日はとっても楽しい日になりました!
あとは、何とか明日の天気がもってくれることを期待しましょう。
というか10,000人の選手のために、晴れ男の腕の見せどころです!?










[PR]

by ichikakutabi | 2018-06-09 18:22 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(6)
2018年 06月 06日

戦う晴れ男

f0040493_21002581.jpg
関東地方も梅雨入りしました。
今週末はMt.富士ヒルクライムだって言ってるでしょ!!
雨なんか降らせないからね!!

とは言え、晴れ男Takumaも絶体絶命の危機とでも言いましょうか。
しかし、ここで晴らさないまでも、雨を降らさないように、
天気の神様と折衝をしていきたいと思います。
過去、雨を降らせない奇跡を起こしている
晴れ男Takumaの腕の見せどころか!?
だって、雨だったらゴール付近は真冬の気候だよ。









[PR]

by ichikakutabi | 2018-06-06 20:51 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(2)