ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 06日

バンコンの理想形

f0040493_21543022.jpg
TOKYO CAMPINGCAR SHOW 2018が7月21日22日で開催されるようですね。
バンテック埼玉から優待券が送られてきて知りました。
NOBLEの魅力にどっぷり浸かっている私ですので、
まったくもって、買い替えの予定はありません!
行ったとして、何を見ましょうかね?

現実味のない超豪華な外国キャンパーの世界を楽しむ?
軽キャンパーという限られた条件の中のNo.1を探す?
これまたバンコンという制限の中のNo.1を探す?


今回はバンコンのNo.1を、もう一度探してみますか?

f0040493_21304269.jpg
バンコンのビルダーさん~!
20年間、3台のキャンピングカーの乗り継いでいる初老の言う事を
ちょっとだけ聞いてくださいませんかね。
弊サイトでは、何度も言っている内容なので、
常連さんには繰り返しのネタになることをお詫び申し上げます。


f0040493_22314292.jpg
まず、スーパーロングは要りません。
だって、そんな保管スペースがあったら絶対にキャブコンに乗るもん!
居住スペースの優劣は絶対にキャブコンには敵わないと思います。
バンコンの最大のアドバンテージは車としてのサイズという事を再認識願います。
だから、どうかロングで良い車を作って下さいませ。


f0040493_20142171.jpg
次に、バンコンでも高いプライバシーを確保願います。
どうしてロングにプライバシーを確保したモデルがないのでしょうかね。
具体的に言えば、サードシートのウインドウはキャンカー用の出窓か
完全に断熱材で潰してしまってもいいのですが・・・。
ここを標準のガラスをそのまま使用したモデルは、
キャンピングカーというよりも、
車中泊も出来るバンって感じがしてしまってNGですね。
キャンピングカーの魅力のひとつって、
プライバシー空間を持って出かけられるって事ですよね。
「なんか、車の中なのに家の中にいるみたい」ってところじゃないでしょうか?


f0040493_1929594.jpg
最後にキャンピングカービルダーさんにというよりも、
TOYOTAさんへのお願いになるかもしれませんが、
ハイエースの高燃費化をお願いいたします。
HVでもPHVでも、どちらでも構いません。
なんならEVでも・・・。
早いとこ、燃費の良いキャンピングカーのベース車を作って下さい。
NOBLEの納車待ちの期間、NBox+で車中泊をしていた私としては、
燃費は15km/l以上だと嬉しいです。
なにしろN Box+は20km/lも走りましたから・・・。
PHVとかだったら、居住部分の電源にも連携出来ないですかねえ。
ソーラーパネルとも連携した夢のバンコンのベース車をなんとかお願いします。


バンコンの最大の魅力は乗用車と同等のサイズと乗り心地。
そのあたりの魅力を最大限に伸ばす開発が進むことを期待いたします。
そうでなければ、絶対にキャブコンの方が優位ですから!?















[PR]

by ichikakutabi | 2018-07-06 20:19 | キャンピングカー | Comments(0)


<< 祝 ZIL 5 納車祝いオフ      にわかに北海道キャラバンに行き... >>