ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 21日

エアモニが、教えてくれた事

f0040493_20330818.jpg
エアモニを導入して、結構色々と気がついた事があります。

日光が当たる方はのタイヤは若干エア圧が高い。
エア圧は静止状態と走行状態では約0.6kpa程も、差が出る。
エア圧の見える化をしていれば給油毎にエアも充填する必要はない。

こんなに多くの事を思い知れるならば、エアモニの30000円、安い安い!
キャンパーの皆様、どうかお気をつけて、御安全に!!

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

by ichikakutabi | 2018-02-21 00:46 | キャンピングカー | Comments(6)
Commented by COMTECH at 2018-02-21 07:01 x
そう、そんなに上がるんだ!って感じですよね!
エア圧下げたくなりますね。
ただエア圧はもちろん冷えている時の事を言っているのしょうから安易に下げられないですが…
Commented by hakatakko at 2018-02-21 11:51 x
これ、使用状況気になってました。
センサーの電池寿命はどうですか?最長7ヶ月という記載を見て結構短いなぁと感じたのですが…
Commented by まちゃ at 2018-02-21 12:37 x
心配性の私としては、納車されたら絶対にエアモニつけたいと思います!
3万円くらい、少し掘れば出てくるはずです(^o^)
Commented by ichikakutabi at 2018-02-21 20:39
COMTECHさん

やはり同じ事をお考えですね。
確かに冷えている状態での強度でしょうから
温まってから上限のエア圧をオーバーする分には
そこそこの余裕をみているんでしょうね。
Commented by ichikakutabi at 2018-02-21 21:17
まちゃさん

カムロードベースの車に乗ると言うことは、
貴殿の言うように、リスクヘッジをしっかりと実施しよっていうこ事も言えますよね。
Commented by ichikakutabi at 2018-02-21 22:41
hakatakkoさん

いまのところ、電池は持っていますよ。
気にならないレベルです。
少なくとも、いちいち給油する度にエア圧調整を頼まなくて良くなってから
ストレスはかなり軽減されました。


<< 寝台急行NOBLEかいじ号 ま...      久しぶりの成田 大泣 >>