ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 10日

映画「関ケ原」

f0040493_19300230.jpg
上映中の映画「関ケ原」を観てきました。
私の「関ケ原好き」の話に関しては、
このブログでも再三触れてきました。
今回の映画の原作である司馬遼太郎「関ケ原」も2回読破し、
同原作のTBSの6時間ドラマに至っては1981年以来、もう10回以上観ています。
このドラマは大人になってから発売されたDVDも購入した程、気に入っています。
その私が・・・。

本日のこの映画で「迷子」になりました・・・。
「え?今の誰?なんて言ったの??」
まさか、この私が司馬遼太郎先生の「関ケ原」で迷子になるとは思いませんでした。

主演の岡田准一君や脇を固める役所広司さん、有村架純ちゃん、平岳大さんの芝居は
それは素晴らしいモノでした!
ですから、問題の責任は俳優さんたちには少しも無いと思います。
それでは、何に問題があったか?

まず第一に、この題材をたかだか2時間半に押し込めてしまうことに無理がある気がしました。
関ケ原ファンとしては、この題材は大河ドラマで1年間かけてじっくり描いて欲しいです。
それだけ、短い時間で描くには無理があると思います。
そういう意味では6時間で人間模様まで描ききった1981年のTBSドラマは本当に秀逸だと思いますね。

第二に2時間半で無理に詰め込もうとしている関係でしょうか、
そのカット割りやセリフ回しが速いこと、速いこと!!
「え?今、何って言ったの?」なんて思っているうちに、
どんどん次の重要と見受けられるシーンに進んでいってしまいます。
んでもって、戦というシーン故に血気盛んなトーンのセリフが多いもんだから、余計に聞き取れない・・・。
兵士は「ヤーヤー」とかって叫んでるし、馬の蹄の音、鉄砲の音で、もう気分は新橋のガード下気分!!
気が付くと迷子に・・・。
こっちとしては史実は頭に入っているから、
登場人物に名札を付けてくれたり、字幕を入れてくれればいいのですが。笑
島津入道の薩摩弁なんて、8割理解出来なかったです!?爆

俳優さんの演技が素晴らしかっただけではなく、
CGも使わない壮大なスケールのロケーションも素晴らしかっただけに、残念でなりません。
これは、史実の予備知識がないまま観にいった人がいれば、きっとチンプンカンプンだったろうなあ。
史実が頭に入っている私ですら、
「あのシーンのあの人って誰だったんだろう?」
「何言ってたんだろう?」
こんな解決しない疑問を持ち帰ってきてしまいました・・・。

大河ドラマでやってくれ!大河で!!








[PR]

by ichikakutabi | 2017-09-10 19:21 | VIVA!MUSIC & DRAMA!! | Comments(4)
Commented by みさきち at 2017-09-10 22:24 x
日本史若葉のわたしでも、真田丸の内容が入っていたので、かろうじてついていけたけど(´-`).。oO


時間的に無理がありますよね!!

Commented by ichikakutabi at 2017-09-10 22:31
みさきちさま

真田丸の記憶のみとの事。
さぞかしご苦労様された事とお見舞い申し上げます。
何しろ関ヶ原の古戦場まで二度も足を運んでいる関ヶ原オタクの私が迷走しましたゆえ・・・。
Commented by fukushima at 2017-09-12 14:41 x
僕も岡田君が主役でしたので、永遠のゼロ級を期待して行きましたが、途中から黒田勘兵衛と被って来ました(笑)
見終わってからも何が言いたかったのか?でした。
Commented by ichikakutabi at 2017-09-12 19:49
fukushimaさん

私も俳優岡田君、好きなんですよね。
それだけにもったいないと思いました。
最後に黒田長政が岡田君におじきする時には
「あ!親子だ!」なんて心で叫んでました。
やはり、関ヶ原は大河で見てみたいモノです!


<< 3連休が雨だあ!?      国産キャンピングカーが似合わない方 >>