人気ブログランキング |

ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 01日

思いのほか重症

f0040493_2220662.jpg入院中の我が愛車「Outdoor-Jr」君ですが、
これが思いのほか重症でして、
左右のブレーキシステム総交換に加えて、
左右の前輪タイヤが逝きました。(南無)007.gif
そういえば、ゴムが焼ける臭いがしていましたっけ。
今になって思えば、
大事故になる前に修理出来て本当に良かったです。
要するに分かりやすく言うと、
錆びて用を成さなくなった前輪を、
思いっきりエンジンで引きずって走っていたのですね…。汗
交換パーツが多過ぎて、一部メーカー側の在庫がありません。
残念ながら、車を使った行事は全てキャンセルして、
長期入院となりました。
いったい、いくらかかるんだ?
んでもって、なんでそんなに錆たんだ?
源泉オフの成分が濃過ぎたのか?031.gif

Takuma@一般道各駅停車の旅

by ichikakutabi | 2010-11-01 19:27 | キャンピングカー | Comments(12)
Commented by HARU at 2010-11-01 20:22 x
まいど

そうですね・・・・
超酸性の温泉が流れる上に、駐車したのですから、
錆びてもおかしくないですね。
オックスもブレーキ固着しましたか・・・
次はJB君かな??
Commented by ichikakutabi at 2010-11-01 20:57
HARUさん

あの成分は私の足もテカテカにしてしまいましたからね・・・。笑
きっとジュニアの足周りも錆び錆びにしてしまったのでしょうか?
JB君、大丈夫?
Commented by hakatakko at 2010-11-01 21:37 x
出費は大変なものになってしまうようですが、
大事故を起こす前に対処出来て良かったと考えないとですよね。
Commented by ichikakutabi at 2010-11-01 21:52
hakatakkoさん

そうなんですよね。
本当に大事故にも繋がりかねなかった訳で、
それはもう、結果オーライの世界です。
Commented by でんぞ~ at 2010-11-01 22:10 x
おんぼろ車専門から言えば、まだまだ甘い。
お客さ~ん、それくらいは想定内でっせ。
だけどこれ以上被害拡大しなければいいね。
Commented by ichikakutabi at 2010-11-01 23:50
おんぼろ車専門家 でんぞさん

ええ?
想定内なんですかあ!?
まだまだ修行が足りなかったようですね。
肝を据えてあと10年乗りたいと思います。
そのうちハイブリット車のキャンカーでも出来るでしょう。
そのうちジェネがなくても冷房ができる時代が来るでしょう!!
(希望的観測でした)
Commented by Hide at 2010-11-02 09:49 x
まいどです。
今年の源泉オフ(4/末~5/初)の後、車検を受けましたが
ブレーキは問題無しでしたよ。

やはり日ごろの行いが良いからでしょう (^^) バキ!!

皆さん、源泉離れしてしまうのがちょっと心配です。。汗
Commented by ぱんち at 2010-11-02 13:07 x
ほんと、事故になる前でよかったですよ!
Jrもがんばって命を守ってくれたんですよ。
お互い、長く乗れるといいね!
Commented by ichikakutabi at 2010-11-02 17:19
Hideさん

いやいや、源泉オフの成分だけじゃ、
そんなに錆ないですから!!笑
源泉オフは源泉オフで楽しいので、
またやりましょう!
長湯はしませんが…。笑
Commented by ichikakutabi at 2010-11-02 17:23
ぱんちさん

症状が出たり出なかったりだったので、
実はもう少し修理に出さずに乗ろうとしていたんですよ。
ma-さんの池のオフ会も控えていましたから…。
でも命に関わる場所だけに、
AKOに言われて修理に出したのが幸いしました。
Commented by フクシマ at 2010-11-02 22:17 x
かなりの重症でしたね。
我家のPも前下がりで左バンクから左前輪付近に雨が落ちて跳ねるんです。

気をつけよ~!
あと10年乗るので。
Commented by ichikakutabi at 2010-11-03 12:27
フクシマさん

なんだかトヨタさんに言わせると、
一部をぶっ壊さないと取り外せない程錆びていたそうで・・・。汗
しかし、ゴムの焼ける臭いは、やはりヤバいですよね。
その時点で点検に持っていかなくちゃ、いけないんでしょうね。
あ、雨水に撥ね説は、あくまでも仮説ですので、
あらかじめご了承くださいませ。笑


<< 東京ノンフィクション      学問の秋 >>