ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 18日

効いているとしか思えない

f0040493_20231889.jpgこんばんは、杉 粉太郎です!?
花粉症季節たけなわですが、いかがお過ごしでしょうか?
私こと、Takumaは、今年はちょっとだけ楽かもしれません。
というのも、この一品、


子供がいない我が家にあって、
なんでこれなのか良く分かりませんが、012.gif
毎朝、出掛ける時にAKOが私にシューっとしてくれます。
すると、どうでしょう!034.gif
帰ってくるまで、花粉症の症状が相当軽いんです。
最初は、気のせいかと思っていたのですが、
これを忘れた日などは、鼻水じゅるじゅる、目は痒い痒い・・・。
酷いもんです。
これはもう、完全に効いているとしか思えません!!018.gif
















# by ichikakutabi | 2019-03-18 20:35 | その他 | Comments(0)
2019年 03月 17日

ウッディーな生活

f0040493_23302294.jpg木に飢えています。
実はボクは林業を営む方の孫でして、
なんとなく遺伝子に木が組み込まれているのでしょうか?
ウッディーな家に住みたいな~

それでいて、山も好きです。
雪帽子の被った山なんぞ、最高に癒されます。
ベランダから南アルプス「甲斐駒」「北岳」、
それに「富士山」なんか見ながら暮らせたら幸せだろうな。

だから毎日、木に囲まれて、
しかも雪山が望める生活が夢です。
一生のうちに一度くらいはそんな暮らしがしたいな~。
また、物件見にいく?













# by ichikakutabi | 2019-03-17 23:29 | 妄想系・物欲系 | Comments(0)
2019年 03月 16日

赤ベエ

f0040493_23430239.jpg
知っている方も多いと思いますが、私は猫のいる家に育ちました。
膝の上に猫を乗っけながら受験勉強をしたり、
猫を湯たんぽ代わりにして寝たり、
それはそれは毎日が猫のいる生活でした。

そんな私が猫のいない生活になってから、かなりの年月が流れました。
最近では街中でも猫を見かけることも少なくなり、
ましてや、触れることなど本当に稀で、寂しい限りです。

でも最近、そこにいけばサービス満点の猫ちゃんに会えるスポットを
家の近くに見つけました。
今日もわざわざ会いに行くと・・・。
あ、いました、いました。110.png
いつも通り、スクーターのシートの上で寝ておりました。
起こすのは悪いけど、優しくナデナデさせて頂きました。102.png

先日、通りがかりのおっちゃんが、
「こいつ、いつもここで日向ぼっこしてんの。」なんて言いながら、
「赤ベエ~。」なんて呼んでたから、
本名は分からないけど、私も「赤ベエ」と呼ぶことにしました。110.png
明日も会えるかな?赤ベエ。177.png












# by ichikakutabi | 2019-03-16 23:53 | その他 | Comments(0)
2019年 03月 16日

税理士事務所飲み

f0040493_11064412.jpg
週の締めに私の腐れ縁的な友人の事務所で飲みました。
いやぁ、楽しかったなあ。
なんせ、あの時、同じ目標を追い続けた音楽仲間です。
お互いに全てを知り尽くした仲と言うものですかね。
そんなかけがえのない仲間と飲む酒は旨かったですね!
50歳を越えて、さらに彩りを増す芝学園の仲間達!
本当に素晴らしい同志だな!












# by ichikakutabi | 2019-03-16 00:57 | その他 | Comments(0)
2019年 03月 12日

テレ東の珠玉の温泉ドラマ

f0040493_10121010.jpg
最近、なかなか良いとハマっている温泉ドラマが二つ。
両方ともニッチな層に人気のテレ東の深夜番組。


両番組とも有名旅館を舞台に繰り広げられるフィクションドラマ。
でも、宿の施設や温泉の魅力を余すところなく表現されていて、これがとても良いんです。
また、物語自体もホロッとくるモノであり、これが魅力に輪をかけます。
「日本ボロ宿紀行」では那須湯元の名湯「雲海閣」が出ましたし、
「さすらい温泉 遠藤憲一」では、私のNo.1温泉、法師温泉「長寿館」が出ました。
これからも私の大好きな名旅館が出そうな予感に心ワクワクです。


Takuma@一般道各駅停車の旅











# by ichikakutabi | 2019-03-12 23:57 | 温泉 | Comments(4)
2019年 03月 10日

八ヶ岳探索

昨晩は、いつもの道の駅「蔦木宿」で
温泉とビールとギター弾き語りにうつつを抜かしておりました。106.png

明けて本日は、八ヶ岳をふらついてきました。
別荘地を探検したり、
f0040493_17575096.jpg

「幸せのかけら」でランチコースを楽しんだり、
f0040493_17575393.jpg

AKOがリサーチしていたベーカリー「inno」に行ったり・・・。
f0040493_17575662.jpg

そうこうしているうちに、雲行きが怪しくなってきたので、
長坂ICからひとっ飛びで退散してきてしまいました。
蓬来軒のラーメンに、長い後ろ髪を引かれながら・・・。106.png









# by ichikakutabi | 2019-03-10 17:54 | 旅日記 | Comments(2)
2019年 03月 09日

山梨銘醸 七賢 蔵開放 2019

f0040493_17132158.jpg
「七賢」で有名な山梨銘醸さんの蔵開放に今年も参加しました。
いつもながら、道の駅「はくしゅう」にNOBLEを止めてスタートです。
台ヶ原宿の旧甲州街道はいつ歩いても趣きがありますね~。

f0040493_17132433.jpg
やがて、信玄餅の「金精軒」さんの本店と、七賢さんが見えてきました。
今年もこの人だかり、日本酒の祭典、正にお酒天国です!
入場料の1000円は志みたいなもんで、
土産のお酒とか無料のおつまみとかで、すぐに元が回収されちゃう。

何よりお酒が飲み放題!!
さあ、出来たての日本酒を飲みたいだけ飲んじゃいましょう。


f0040493_17132716.jpg
蔵の中には赤ら顔の大人達が一杯!
みんな笑ってます!
みんな最高の笑顔で楽しそう!
大人が連れてきた子供も
無料のチーズやら貝やらハムやらを食べまくって笑っています。
ボクも負けじと幸せに・・・。
20000円/升の日本酒とか、凄すぎるよ・・・。
でも、三流のボクが本日のNo.1に選んだのは、
身分相応の1600円/四合の大吟醸「劉伶」でした。笑
20種類の出来立てのお酒を気絶寸前まで頂いて、
幸せな一日でした。
甲斐駒ヶ岳と白根三山の雪山が美しく青い空にそびえ立っています。













# by ichikakutabi | 2019-03-09 18:35 | 旅日記 | Comments(2)
2019年 03月 08日

お酒天国

f0040493_17131741.jpg
さあ、週末だ!
行くぜ、お酒天国へ!!
進路は西へ・・・。
ヨーソロー!


Takuma@一般道各駅停車の旅











# by ichikakutabi | 2019-03-08 20:13 | 旅日記 | Comments(0)
2019年 03月 04日

PRO TREK ベルト切れる

f0040493_19214126.jpg
先日のサイクリングから帰ってきた際、
壊れたのに気がついたのは自転車だけではありませんでした。

ボクの週末の腕時計PRO TREKのベルトが切れました・・・。

当ブログの記事でも書いた通り、12年前に購入以来、
その便利さと精巧さに感銘を受け、
またソーラーウオッチということで、半永久的に使えると思い、
一生モノと思って気に入って使っていたのに・・・。

なら、ベルト買えばいいじゃん!013.gif
楽天で調べたら2500円位じゃん!!
なにニヤニヤして新しいスポーツウオッチなんかググってんの!?033.gif

・・・。037.gif
いひひひひひ。
だって、だって・・・。018.gif

どうしよう?
心拍計付きのスポーツウオッチが欲しい!031.gif
心拍計と高度計の両方が付いてるやつ。
今のところ信頼できるブランド品ではガーミンしかないと思う。
もうちょっと選択肢が欲しいな。041.gif
それに、そんなスポーツウオッチを買ってしまったら
もうホイヤーの出番がなくなっちゃいそうだしな。
せっかく、ブライトリング熱から解放されたのに・・・。012.gif













# by ichikakutabi | 2019-03-04 19:16 | 妄想系・物欲系 | Comments(0)
2019年 03月 02日

PINARELLO フレーム折れる

f0040493_14543234.jpg
本日、乗鞍のエントリーが開始され、無事にエントリーが完了しました。
ところで自転車は正月以来乗ってません。
そろそろ6月の富士ヒルにむけて練習を開始しなければということで、
久しぶりに荒川CRを走ってきました。
行き先はいつものすみたなんですが、なんと、すみたも今年初です。
こんな年も珍しいです。

さて、50km程走って、帰宅後PINARELLOを整備しようとした時です。
なんとアルミ製のダウンチューブが折れ曲がっているじゃないですか!!
げげ!!なんだこれは!!005.gif
驚いたのも束の間、すぐに年末のあわや大事故の激突を思い出しました。
このブログでも、記事にした仮設ガードレールに激突した事件です。
35㎞以上でガードレールに激突したのに人馬ともに無傷であったという、あの奇跡の事件です。
実は、無傷ではなかったのです。
真正面からモノ凄い力がかかって、
なんとダウンチューブが折れ曲がってしまっていたのです。007.gif

f0040493_15025684.jpg
私のPINARELLOのダウンチューブは単なる円柱ではなく丁度涙の形のように上に角がついています。
それだけに円柱よりも強度があるはずなのに、無残にも折れ曲がっています。
余程の衝撃だったのでしょう。
改めて、ぞ~っとしました。042.gif
大事故になれば、年末年始は病院の病室で過ごすところを
PINARELLOが身代わりになって守ってくれたような気がしました。
また、カーボン製のLOOKであったら、間違いなくフレームが割れていたでしょう。
なんと、購入して半年でお釈迦に・・・。149.png
なにかと、不幸中の幸いに助けられた昨年の事件でありました。

さて、PINARELLOは通常の平地走行に支障はなさそうですが、
ヒルクライムの下りなどは万が一を考えると恐ろしいのでNGですね。
完全に市街地専用車となってしまいました・・・。












# by ichikakutabi | 2019-03-02 14:57 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(4)
2019年 02月 24日

山梨ツアー最終日

f0040493_18122909.jpg
昨晩は蔦木宿の温泉を頂き、
気分が良すぎて赤ワインを飲み過ぎてしまいました。
それで、本日の起床9時・・・。105.png
道の駅構内にはキャンピングカーなんて一台もいません。
もう皆さん、次の旅先へ旅立ってました。

さて、我々も動きましょう。
次の行先はお気に入りのベーグル屋「いちか」さんです。
ここは若いご夫婦で切り盛りをしているお店で、
旦那さんの作るベーグルはとっても美味しいし、
奥様の接客もとても素晴らしいので大好きなお店なんです。

でも、お店には11時の開店よりも随分と先に着いてしまったので、
敷島総合公園の梅園を見てから行きましょう。
実はここは、産直野菜のお店でそこのおばちゃんから教えてもらって、
急遽行くことにしました。
こんな所にこんな立派な梅園があるなんて、甲府在住だったのに知らなかったなあ。
行って診ると、丁度見頃でなかなか素晴らしい風景でした。

その後、「いちか」は一番乗りで、ベーグルを無事にゲットし、
今回の旅、最後のスポットはこれまたお気に入りの「蓬来軒」
現在、私の一番好きなラーメンと言えば、群馬の「はしご屋」とここ「蓬来軒」です。
いつものスープと麺とチャーシューとメンマが、本当に美味しい!111.png
甲府の人はいいなあ、毎日でもこれを食べられるんだからなあ。
ああ美味しかった。
ご馳走様でした。


さて、2泊3日の山梨の旅、今回もそろそろ終わりに近づいてきました。
小仏トンネルの渋滞が始まる前に帰りましょう。
今回も空の色、山の景色が素晴らしい旅でした!










# by ichikakutabi | 2019-02-24 18:15 | 旅日記 | Comments(0)
2019年 02月 23日

冬の八ヶ岳

f0040493_17124819.jpg
久しぶりに第三の故郷、山梨に帰っています。
今回は冬の八ヶ岳なんぞをドライブです。

f0040493_17125277.jpg
昨晩は甲府盆地の双葉SAまで走りました。
一夜明けると久しぶりの南アルプスの雪山の景色がドーン!
晴れ男Takumaは本日も甲府盆地に日光を注いだのでした!?
相変わらず素晴らしい景色です。
また双葉SAのある甲斐市は私のいた甲府市よりも
富士山がキレイに見えるのです!
はいっ!本日も雄大に青い空にそびえていました。

f0040493_17125538.jpg
景色を楽しんだら八ヶ岳を目指します。
それにしても、今年は雪がないですね。
別荘地に入ってもそこにあるのは美しい森と青い空と洒落た山小屋だけ。
素晴らしいです。
気がついたら、山小屋に入っていました!?(この流れ、絶対にオカシイ!爆)
なるほど、山の暮しはそうなんですか、ふむふむ。
勉強になります。φ(^Д^ )

f0040493_17125909.jpg
勉強会(?)が終わるとお気に入りの「レストラン141」に直行です。
イタリアン「幸せのかけら」は臨時の早閉店でしたので次の機会に・・・。
それにしてもレストラン141のA5肉は本当に美味しいです。
ここ、ホントに凄い店ですね~。
皆さんにも、自信を持ってオススメ出来ます。
あ、野辺山にも雪は全くありませんでした。

このあとは、道の駅「こぶちざわ」に行ったのですが、
やはり820円もする高級温泉に入る事がどうしても出来ず、
いつもの庶民の道の駅「蔦木宿」にきて、ここを宿にしました。
山の景色、本当に癒されます。
2階の窓からは真正面に甲斐駒がドーン!!













# by ichikakutabi | 2019-02-23 19:02 | 旅日記 | Comments(2)
2019年 02月 19日

八ヶ岳の物件

f0040493_20265173.jpg
よくあるじゃないですか。
「別荘買いませんか?」とかっていうセールスとか・・・。

こちとら、動く別荘、キャンピングカーを持っているから、ノーサンキューなんですよ。
便利な都会で暮らして、週末はNOBLEを駆って山に行く。
そんな合理的かつ機動的な暮らしがエキサイティングなんですよ。
キャンピングカー乗りの特権とも言いますか・・・。

だから、別荘なんて要りませんよ。
だって、あれって、365日分の何日活用出来るんですか?
ああ~、なんとももったいない!!
不経済な話です。
僕とはなんとも無縁な話です!

でも最近、Takuma君、
毎晩、なんで八ヶ岳のリゾート物件とか検索しちゃってるかな?
というか、毎晩見てるお気に入りの物件とかってない?
甲斐小泉から徒歩圏内の囲炉裏のある物件。
買うの?
ね?買うの???
毎晩、炭焼きとかしちゃうの?
毎晩、焚火の炎とか見ちゃって、お酒飲むの???



f0040493_20271332.jpg
こんばんは、Takumaです。
買う訳ないでしょ!
別荘というのは経済性が著しく低く、
無駄が一杯なので、全然興味がないんですよ。
だって、ボク、動く別荘を持っているキャンパーっていう民族ですよ!?笑
そんなもの要りません!
それに、そんな贅沢する程の資金力がありませんから!

さて、今週末、山梨県北杜市の不動産屋に行きましょうか!?127.png
えっ!?


















# by ichikakutabi | 2019-02-19 20:25 | 妄想系・物欲系 | Comments(6)
2019年 02月 15日

水天宮LIVE

f0040493_17354773.jpg
友人の税理士事務所から始まる水天宮ライブ。
まずは、不在と掲示して昼寝してた先生に度肝を抜かれました。
呼び鈴ならしても、電話しても起きない強靭な睡眠に
お株を奪われた気分でした。

その後、絶品さぬきうどん「谷や」に行くと
1時間前にドタ参表明をした友人が早々とスタンバってました。
そこで日本酒を飲む飲む。
するとドタ参した友人の携帯にさらにドタ参表明の友人が・・・。

f0040493_17355780.jpg
合計4名のミュージシャンはライブハウスへ・・・。
2時間のろけんろ~~~~る!!

f0040493_17360744.jpg
その後、ライブは冷めやらず、
葛飾のライブハウス「NOBLE」へ!!
こんなに夜遅くまで騒いだのは久しぶり!
これから毎月開催される模様!?

















# by ichikakutabi | 2019-02-15 23:59 | その他 | Comments(0)
2019年 02月 14日

Mt.富士ヒルクライム エントリー

f0040493_21084800.jpg
ファンの皆さん、こんにちは!
群馬Pキャンサイクリングチーム所属のTakumaです。114.png
今年も日本一をかけたヒルクライムレースシーンが始ります。
まずは日本一の霊峰富士のゴールを目指すMt.富士ヒルクライム、
ここにボクの戦いの照準を合わせたいと思います。
昨年から導入した愛車のLOOK 785 HUEZ RSを駆っての初めての富士ヒル。
ベストを尽くしたいと思います。
目標はズバリ、No.1です。114.png
ファンの方々の応援に沿えるよう、ベストを尽くしたいと思います。
さしずめ、明日の0時からは招待選手用のエントリーが始ります。
エントリーはチームの事務方がしてくれると思いますので、
今年もファンの皆さんの声援、よろしくお願いいたします。114.png

ん・・・。013.gif

おい!おい!!
ちょっと待て!!034.gif


何を言っちゃってんのかな、Takuma君。
まずは、誤りを訂正するよ034.gif
君が明日の0時にエントリーするのは招待選手枠ではなくて、昨年のエントリー者枠!!
そう、完走出来なかった人でも、昨年エントリーしてさえすれば対象者なの!!031.gif

それで、目指すのはNo.1?021.gif
まあ、目指すのは勝手だから、何を言ってもいいかもしれないけどね。
でもね、参加者全員の中で半分よりも下だってことを忘れちゃだめだよ。
せめて自己ベストとかって言わないと限りなく嘘っぽいよ!!034.gif

最後に言うけどね、乗鞍を走った後、
LOOK 785 HUEZ RS一度も乗ってあげてないらしいじゃない!
しかも、今年に入ってからは毎週末の朝が起きられなくて
全然乗れてないんでしょ!
まずは、完走を目標に走ったら?034.gif


・・・・。105.png
ヤバっ!
失礼いたしました・・・。042.gif














# by ichikakutabi | 2019-02-14 20:31 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(2)
2019年 02月 13日

味の札幌 大西

f0040493_21471552.jpg
先日の青森酸ヶ湯ツアーではこんなグルメも味わっておりました。
「味の札幌 大西」味噌カレー牛乳ラーメン(バター入り)
初めて知りましたが、この「全部入り」みたいなラーメン、
青森名物だそうです。

なんだよ、その客寄せパンダのような付け焼刃的な名物は!?
なんて思って食べたら、これが本当に美味しいんです。
あまりに美味しかったんでNETで画像だけアップしたら、
なんと、なんと、グルメジャーナリストの全国区「はんつ遠藤」氏に
一発で当てられてしまいました。
これには本当にびっくり!!
やはりプロはすごいなあ・・・。汗

それにしても、このラーメン旨かったっす。
余りに遠い場所なので、また食べられるかどうか・・・。
でも、また食べたい!
また青森に行こう!!


Takuma@一般道各駅停車の旅













# by ichikakutabi | 2019-02-13 21:43 | グルメ | Comments(0)
2019年 02月 09日

青森 酸ヶ湯ツアー 2日目

f0040493_02421209.jpg
酸ヶ湯温泉を後にした我々は、とりあえず下山します。
それにしても、旅館の送迎バスからの眺めが素晴らしいです。
両側の路肩は2m程の雪の壁で、正に雪の回廊といった様子。

そんな山の銀世界を1時間も走らないうちに、
バスは青森市街地に突入しました。
この次の目的地は五所川原。
ここから発車する津軽名物、津軽鉄道「ストーブ列車」に乗ろうという魂胆です。


f0040493_02421503.jpg
川部という駅で乗り換えて、程なくして五所川原駅に到着です。
さあ、ここからレトロなジョイフルトレイン「ストーブ列車」が発車します。
さすがに三連休だけあって、皆さん考えは同じのようで、
切符を買うのにも、なかなかの行列が出来ています。
それでも我々は好位置につけ、ストーブの横のシートをゲットしたのでした。

f0040493_02421731.jpg
発車して乗客の皆さんが一様にすること。
それは日本酒を開けて、
売店で買ったスルメイカをアテンダントのお姉さんに
ストーブで炙ってもらうこと。
車窓には雪景色。
なんとも非日常的な空間です。
この非日常的空間が旅の醍醐味ですよね~。
炙ってもらった地元産のスルメイカは香ばしく、
ストーブ列車限定の日本酒が思いの外、
あ、もとい、思ったとおり、進みます。笑
あ~、旨~。幸せ~。極楽浄土~。


f0040493_02421937.jpg
ストーブ列車はレトロな空間を連れて、
やがて太宰治の生地、「金木」に到着するのでした。
ここから先は文学歴史散歩。
んで、雪景色の金木の町を散歩です。
目指す場所は、皆さん同じく「斜陽館」。
そう、太宰治の生家です。
ここは一度、訪れたいと思っていたのですよ。
和洋折衷の趣きのある建造物でしたね~。
金木の町、ありがとう。
駅で無料で振る舞われている甘酒、美味しかったです!


f0040493_02422206.jpg
さて、ここから先は帰路です。
青森駅に戻って、お土産を買いましょう。
青森駅前の「A factory」はお土産を選ぶのに最適でした。
また、ここにはリンゴのお酒「シードル」の工房があり、
有料の試飲コーナーがありました。
900円で8種類のシードルの飲み比べ、これは楽しかったです。
青森駅前のスポットとしては超オススメです。

f0040493_02422484.jpg
あれ?
そろそろ帰りの列車の時刻です。
名残惜しいのですが、青森の町にサヨナラしましょう。
ありがとー、津軽の国。
素晴らしい記念日になったよ。


Takuma@一般道各駅停車の旅












# by ichikakutabi | 2019-02-09 19:32 | 旅日記 | Comments(4)
2019年 02月 09日

八甲田山 酸ヶ湯 続編

f0040493_02415854.jpg
酸ヶ湯での夕食はとても満足のいくものでした。
だいたいどこの旅館も夕食って量が多すぎません?
酸ヶ湯の夕食はちょうどよい量で、
量より質といった具合いでとても美味しかったです。
中でも前菜のカニ味噌豆腐と郷土料理の煎餅鍋が美味しかった~。


f0040493_02420150.jpg
また、これらの食材に日本酒三種の「飲み比べ」を合わせて夢心地でした。
「八甲田おろし」、「亀吉」、「田酒」の三種、
どれも美味しかったですが、
今夜のごちそうには「田酒」が一番相性が良かったように思えました。
「田酒」は初めて飲むお酒ではないのですが、
いつもながら、旨口なのに食材の旨味を邪魔しない良いお酒ですね。


f0040493_02420377.jpg
部屋に帰ると、お布団が敷いてありました。
このあたりはキャンカー旅にはない魅力です。
この後は晩酌をしたり、ウトウトしたり、温泉に浸かったり
ゆっくりと流れる時間を楽しみました。


f0040493_02420660.jpg
さて一夜明けると、昨日の吹雪は止んでいました。
一面の銀世界に酸ヶ湯の湯宿の建物が映えます。
これぞ、山奥の秘湯の図です。
もうひとっ風呂、頂くとしますか。


Takuma@一般道各駅停車の旅










# by ichikakutabi | 2019-02-09 14:05 | 温泉 | Comments(2)
2019年 02月 08日

八甲田山 酸ヶ湯

f0040493_02413788.jpg
我々も無事21歳を迎える事が出来まして、
記念日の本日は青森県八甲田山の名湯「酸ヶ湯」に宿泊に来ています。
ここはおよそ20年前、Takuma1号車マヨルカで
日帰り湯として来たことがあるのですが、
今回は新幹線で泊まりに来ました。
八甲田山は冬の雪山らしく
ホワイトアウトに近い吹雪で迎えてくれました。
気温、マイナス9℃・・・。汗
しかしながら、さすがに地元のプロの運転手さん、凄いです。
安全に確実に、我らを運んでくれました。
こんな中、僕は絶対に運転したくありません。

f0040493_02414073.jpg
さて、仲居さんに風情ある和室に案内されて、
ひと休みしたら、メインイベント、温泉です。
白濁とした酸性泉。
私の中ではもう少し硬くピリピリとしたお湯、
あ、ちょうど群馬の草津温泉に近い泉質と記憶していたのですが、
意外にもスベスベとした柔らかい肌触りに感じました。
でも、phは2.0未満というから、やっぱ強酸性泉なんだなあ。
温泉というものは奥深いですね!

f0040493_02414303.jpg
さて、汗を流したらびいる🍺と地酒を楽しみましょうか。
まずは、パートナーに21年のご愛顧を感謝しつつ、乾杯ーっ!

f0040493_02414736.jpg
豪雪の青森県は八甲田山より・・・。


Takuma@一般道各駅停車の旅












# by ichikakutabi | 2019-02-08 16:27 | 温泉 | Comments(4)
2019年 02月 06日

美しいSUV

f0040493_20204976.jpg
腕時計熱は何とか冷めました。
愛用のタグホイヤーの電池交換が無事済んで戻ってきまして、
やっと、熱がひと段落したようです。
あやうく、ブライトリング、いっちゃいそうになりました。
マジ、やばかった・・・。

さて、最近の物欲は何故か乗用車にいってます。
レンジローバーの「RENGE ROVER EVOQUE」にお熱を上げてしまっています。
まあ、なんて美しい車なんでしょう!
男はいつまでたっても美しい車と女性が好き!?
あ、でも最近の若者は「草食男子で車に興味なし」でしたっけ・・・。

とにもかくにも、この美しいシルエットに惚れてしまっています。
相変わらずレクサスのLCも惚れまくっていますが、
ほぼ2シーターみたいな車に1300万円かけるのは少し現実離れしていますよね。
その点、RENGE ROVER EVOQUEは現実的!
リタイヤして散々NOBLEで日本中を旅した後は、
こんな優雅なSUVを愛車にするのも洒落ているかもしれませんね。
こんな車で老舗湯宿に横付けするようなセカンドライフを目指して・・・。












# by ichikakutabi | 2019-02-06 20:22 | 妄想系・物欲系 | Comments(4)
2019年 02月 02日

Japan Campingcar Show 2019

f0040493_00512966.jpg
今年も幕張のキャンカーショーに行って来ました。
今年のお題はズバリ、友人の初めてのキャンピングカーの検討。

友人の鈍感力さんがキャンピングカーを検討中ということで
20年の経験者として、私が何かお役に立てないかと思いまして、
現地で落ち合いました。

f0040493_00513839.jpg
久しぶりの再会果たし、ランチをしながら状況を聞きします。
ふむふむ、うんうん・・・・、045.gif
ん!?013.gif
なにぃ?005.gif
もう買っちゃうの!!031.gif
 
既に友人ご夫婦の中では、ほぼ車種は決定してらっしゃいました。
ということで、オプション装備品の検討会となり、
2時間程の楽しい検討会議の末、
ご夫婦はキャンピングカーショップへ旅立っていきました。
その後、契約に至ったとか・・・。038.gif

f0040493_01071531.jpg
さて、我々はその後も宛てもなくキャンカーを物色します。
ところが、本日はあまり心惹かれる出会いがありません。
強いて挙げるならば、
レクヴィの「Place LV」は、相変わらずデザインも装備も素晴らしいですね。
またOMCの「北斗」「narrow銀河」は、空間を有効かつ面白く使っていると思いました。

キャブコンは取り扱うメーカーが大手に限られてきましたね。
やはり設備投資金額が大きく、リスクが大きいのでしょうか。
バンテック、ナッツは元気ですが、なかなかその後が続かないのが現状ですか。
それだけに、バンテック車もナッツ車もいい加減見飽きてしまって、
心がワクワクしません。
カトーモーターの「ボーノ」なんて、売り方一つで相当人気が出ると思うのですが・・・。

f0040493_00514953.jpg
また、キャブコンのベース車として定番であるカムロードに
ワイドトレッドのダブルタイヤが新たに追加設定されたようですが、
ダブルタイヤになっただけでは買い替え欲は湧いてきませんね~。
早く、ハイブリッドなりPHVなりの燃費の良いベース車が出現しないでしょうかね。


f0040493_00515881.jpg
概して今回のキャンカーショーはワクワクしませんでした。
さて、帰ろうと思い駐車場に戻ると、なんと、我がNOBLEの横にOutdoor-jrが!!
この車は今見てもワクワクしますねえ。
この車の魅力は唯一無二で本当に色褪せません。
L社長は20年以上も前に物凄い物を作っていたんだなと
改めてOutdoor-jrの魅力を再認識しながら幕張を後にしました。









# by ichikakutabi | 2019-02-02 23:59 | キャンピングカー | Comments(6)
2019年 02月 01日

堀切菖蒲園 タイ料理 チャイタレー

f0040493_22303975.jpg
最近のT級グルメ事情をアップします。
北は北海道のうに専門店「うに清」から
南は大分冷麺「六盛」まで
全国津々浦々の絶品料理を紹介してきました。

f0040493_22302948.jpg
いわずもがなのSPOONすみた
残念ながら神山楼は閉店してしまいましたが、
地元葛飾でまたまたただならぬ凄店が登場しています。
堀切菖蒲園「チャイタレー」
んで、日曜日のランチに結構、行っておりました。
そして、本日初めてのディナー。

f0040493_22302058.jpg
そしたら、これがまた満足度が半端じゃないです。
こんなに旨いタイ料理店は初めて!!
それが、物凄いコスパと魅力的なメニュー構成で
私の舌と腹を畳みかけてくれました。

堀切菖蒲園「チャイタレー」
ここは、ちょとばかり、ただならぬ名店の予感・・・。













# by ichikakutabi | 2019-02-01 22:19 | グルメ | Comments(2)
2019年 01月 26日

大坂なおみのメンタルに驚愕

f0040493_21322900.jpg
テニスの大坂なおみさんが、またまた偉業を達成しましたね。
5ヶ月前の全米オープンに続きグランドスラム連勝となる全豪オープン優勝
そして、アジア人初のランキング1位。
単にグランドスラムで優勝するだけでも凄いのに、
連勝、そして世界No.1ランキング。
ひと昔前の常識ではとても考えられない事が現実になっています。150.png

しかし、私が痺れたのは何より本日の決勝の試合運び。
均衡を保ちながら少しだけ押して向かえた第2セット第9ゲーム。
トリプルマッチポイントを握りながら挽回されて、
なんと第二セットを落とすところまで流れが変わってしまった。
涙も垣間見れる窮地・・・。149.png
凡人のメンタリティであれば、このまま一気に崩れていったでしょう。
それが、苦しみながらも平静を装い、プレーに集中して、
見事ファイナルセットを奪取して栄冠を勝ち取りました。

こんなタフな試合、久しぶりに見ました。
見ている風邪気味の私の方がどっと疲れました。148.png
強盗による負傷事件から復活したクビトバ選手のメンタリティもお見事!

いやあ、この二人のメンタリティ、いったいどうなってるんでしょうか。
このあたりのタフな世界を物語れる人は数少ないのではないでしょうか。
たとえば、全日本チームのイチロー。
WBCの決勝、不調の中で放った決勝の2ベースヒット。
たとえば、広島カープの江夏豊。
近鉄との日本シリーズ7戦の江夏の21球。
たとえば、浅田真央。
数々のショートのミスをフリーで大逆転しての優勝の数々。

2セット目を失ったら、
私ならヤケになっちゃう・・・。
ここ一番の重要なポイントじゃ身体が震えちゃって、
動かなくなっちゃう・・・。
相手だって緊張してるんだって頭では分かってても
自分で一杯一杯になっちゃう・・・。
まあ、それが凡人ってもんなんでしょう。

本当にいったい、その時、何を考えていたのでしょうか。
とても知りたくなる、そんな精神的にタフな試合でした。
なにはともあれ、日本人大坂なおみ女王誕生を喜びましょう。











# by ichikakutabi | 2019-01-26 21:28 | VIVA!MUSIC & DRAMA!! | Comments(4)
2019年 01月 23日

初めてのキャンピングカー選び #4(削減できる装備)

f0040493_12055023.jpg
あまりの来場者数の増加に、思わず気を良くして
当初の構想になかった#4(削減できる装備)編なんぞを・・・。笑

誰しも予算なんてモノがなければ、好き勝手な買い物が出来るのですがね。
それが出来ないのが庶民というもの・・・。
当然、私もその一人です。
そこで私の私見の範囲でコスト低減策を・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f0040493_01002796.jpg
【サイドオーニング】
  
初めてのキャンピングカーゆえに、お気持ちはよく分かります。
キャンピングカーから横に張り出した日よけ、
カッコイイし、魅力的ですよね!
分かります、分かります!
でも、あれ、結構デリケートなアイテムなんですよ。
風が吹いたら畳まなくてはならないです。
間違えて骨組みが曲がってしまって畳めなくなってしまったら
車が動かせなくなってしまうんです。
また、走っている時に飛び出してしまって大事件、なんて仲間もいました。
Takuma2号車を制作したLeeExport社に至っては、そんなリスクを回避する為に
簡易式のオーニングしか設定しなかった時期があった程です。
とにかく見た目は良いのですが、
一度オーナーになってしまうと、気苦労も多い代物でして・・・。


f0040493_12061072.jpg
【ガスコンロ】
  
これ、絶対にカセットコンロで十分ですから!!
そりゃ、立派な3口コンロとかあれば、見た目はいいですが、
カセットコンロの方が絶対に使い勝手がいいですから!!
真っ先に削減しちゃっていいと思います。


f0040493_21543022.jpg
【冷蔵庫】
  
ちょっとばかり、挑戦的に提言を・・・。
冷蔵庫というのはキンキンのビールを提供してくれます。
ボクのような「温泉あがりの一杯に命を賭ける者」にとっては
一見、必須のような気もしますが、
実はクーラーボックスと出先で購入出来る板氷、そしてコンビニの冷えたビール、
これで満足出来るんです、実は・・・。
原始的ですが、クーラーボックス、これは秀逸なアイテムですよね。
それに旅先のコンビニで手に入る板氷があれば、
冷蔵庫と同等の役割を果たしてくれます。
その証拠にTakuma2号車のアウトドアジュニアは冷蔵庫こそありましたが
発電機かAC電源がないと稼働できない家庭用の冷蔵庫が乗っていましたので
旅先ではいつも板氷を入れて保冷していただけです。
それで10年以上も運用出来ていたんですよ。
そう考えると、削減も一考の余地があるかもしれません。
また、冷蔵庫を諦めるとソーラーも諦められそうなオマケ付きですね。
これは賛否両論かな?
あ、冷蔵庫は、ポータブルという手もあることを付け加えておきましょう!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多分、これが本シリーズの最終回だと思います。
多分・・・。笑
あ、でも具体的に勧めたいキャンピングカーの名も出したい気分・・・。
また、気が向いたらUPさせて頂きますね。













# by ichikakutabi | 2019-01-23 20:17 | キャンピングカー | Comments(2)
2019年 01月 22日

初めてのキャンピングカー選び #3(各装備の重要度)

f0040493_21265371.jpg
何だか大好評を頂いております、このシリーズ。
 初めてのキャンピングカー選び #1(予算とサイズ)
 初めてのキャンピングカー選び #2(バンコンVSキャブコン)
何より来場者数が尋常じゃありません。
だからと言う訳ではなく、最初から書くつもりでいた#3です。
ずばり#3は「各装備の重要度」です。

まず、皆さん。
キャンピングカーで一番重要な装備って、なんだと思います?
電灯?水道?トイレ?FFヒーター?エアコン?冷蔵庫?
それも分かります。
でも私の最重要装備は違います。
ズバリ、一番大切なモノは独立したベッド!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ベッド】
キャンピングカーで一番大事なものはベッドと考えます。
補足するとダイネットを畳まずに使用出来る独立したベッド。
展示場とかでは「こんなに簡単にベッド展開が出来ます」とか言って
見せてもらえますが、確かにそんなに難しいことではありません。
ただし、毎回旅先で、しかも夕食後、晩酌後に
これをすることの煩わしさと言ったらありません。
想像して下さい。
夕食後、お酒も飲んで気持ちがいい状態。
さあ、寝ようという時にテーブルの食器類を全部移動させて、
テーブルを布巾で拭いて、それから畳んで、その上にクッションを乗せて
やっとこさ、ベッド展開する。
しかも奥様は寝たいのですが、旦那様はもう少し飲みたい、なんて時はどうしましょう?
何も私はNOBLEのような独立したダブルベッドをmustで勧めている訳ではありません。
バンクベッドがあればそれでいいし、
要はテーブルを出しっぱなしで寝られればいいのです。
これは、キャンピングカーの最重要項目だと思うのですが・・・。
ちなみに20年の経験則から得た私見です。

【FFヒーター】
次に必要なのはこれですかね。
キャンピングカー装備ではmustと言い切ってしまいましょう。
環境問題がうるさくなってきて、アイドリングで暖を取るというのはまず不可能、
というか大きくマナー違反だということを、改めて認識いたしましょう。
乗用車だって冬山用?の寝袋でアイドリングストップして寝ている方をよく見ます。
それだけマナーを気にしなければならない時代なんですね。
このFFヒーターはエンジンを回す事なく、少量の燃料を元に室内を温める装備。
汚れた空気が室内に入る心配もない優れものです。
消費燃料は1時間0.2リットルと言われています。
音も室内ファンヒーターのレベルです。
何はなくとも。キャンピングカーには必須の装備と言えるでしょう。
それなのに標準装備でない車があるのは不思議です。

【エアコン】
この次は、エアコンの必要性を提言したいと思います。
温暖化の影響で年間の気温が上昇し続けています。
特に夏の気温の上昇はとても顕著ですよね。
旅先で温泉に入ったり、マリンスポーツをしたり、
キャンピングカーに乗ればそんな事もたくさんあるでしょう。
それに、夏場の観光地の街中で一泊するようなこともあるでしょう。
そんな時は、家庭用エアコンがmustになってきます。
消費電力が大きいがゆえに、
動力はAC電源、発電機、トリプルサブバッテリー等が必須となりますが、
エアコンがあると本当に助かると思います。
標高1,000mを超えても、昨今の真夏の日中の気温は尋常ではありませんから。
ただし、AC電源はどこにでもある装備じゃないし、
発電機は環境問題、マナー問題がうるさいし、
ということを考えればトリプルバッテリーが現実的なのですかね。
10年程前だったらば、発電機も有効な選択肢だったのですが・・・。
発電機は車のアイドリングと違って環境的には大騒ぎするようなアイテムではないのですが、
あまりにマナー重視の時代が到来してしまいましたね。
私の中では15年前の米国車クラスCブーム、10年前の完全自立型(発電機)ブーム、
これが鮮明に記憶されていますが、今となっては過去のモノですね。

【ソーラー】
家庭用エアコンは付けたいところと申し上げたところで、ソーラーの必要性が出てきます。
家庭用エアコン→トリプルサブバッテリー→ソーラーパネルという三段論法的な話です。
サブバッテリーもトリプルにすると、さすがに更新時期には臨時出費が痛いです。
それゆえにソーラーを搭載しておけば、
冬場もバッテリーがぬくぬくと出来て、寿命が格段に延びるというものです。
また、現在主流となっている1way12Vの冷蔵庫。
これは20年前の3way冷蔵庫と比べて格段に性能が良いのですが、
唯一の難点はバッテリー消費です。
これを解消する為にもソーラーはとても有効手段であることを申し上げておきます。
旅先での命綱にもなる電源。
この電源が太陽光にて充電されるという安心感だけでも検討の余地大です。


【電子レンジ】
有れば便利なので搭載したいところです。
エアコンと違って長時間稼働させるものではないので、
電子レンジの電源に関しては、いまだに発電機でもOKですね。
いつでもアツアツの食事が出来るのは嬉しいものです。

【トイレ】
これはハッキリ言って必須ではありません。
道の駅とかのトイレとかも相当キレイですし、
キャンカーのトイレは後始末もありますので・・・。
特に大便なんかは処理の時に見たくないので我が家は小便専用です。
でも、どしゃぶりの雨の際とか、極端に寒い深夜の際とかは
とってもありがたいですね~。
それにわたし的には、何より
「キャンピングカーにトイレがあって当たり前だろ」
的なコダワリがあるものですから・・・。笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、初めてのキャンピングカー選び #3(各装備の重要度)は如何でしたでしょうか?
安くない買い物です。
それでも、自分のライフスタイルに合った物に出会えれば、
「人生を幸せにする」とまで言えるアイテムです。
どうか、最高のアイテムに出会えますように・・・。














# by ichikakutabi | 2019-01-22 21:05 | キャンピングカー | Comments(4)
2019年 01月 19日

初めてのキャンピングカー選び #2(バンコン VS キャブコン)

f0040493_21244428.jpg
前回記事、初めてのキャンピングカー選び#1(予算とサイズ)に続き、、
今回#2では、ずばりバンコンとキャブコンの比較をしてみましょう。

バンコンとキャブコンとどちらがいいか?
これは難しい問題です。
これは人のそれぞれの好みに加えて、同じ人でも環境や経験によって変わるからです。
まず、典型的なキャンパーの遍歴を紹介したいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

f0040493_20473178.jpg
1台目:簡易装備のバンコン
 ・本当はもう1グレード上の車が欲しいけど、予算の都合で400万円で初めてのキャンカーを購入
 ・キャブコンってトラックでしょ?なんか運転を含めて敷居が高い
 ・トイレはないけど、道の駅とかもたくさんあるからこれで十分

2台目:5m×2mのキャブコン
 ・よその家のキャブコンを見ているうちに、やはり羨ましくなってしまって2年程で2台目に買い替え。
 ・圧倒的な室内空間とトイレ設備と家庭用エアコン設備に感動
 ・バンコンは寝られる車、キャブコンは動く部屋だ!!それくらい違う!!

3台目:6m×2.3mの欧州車(15年前までは米国車)
 ・2台目のキャブコンは本当に良い出来で10年近く乗ったが、お洒落な内装に惹かれ欧州車に乗り換え
 ・貯蓄も増えてきたので奮発して購入しただけあって、所有する満足感と優雅さが半端じゃない。
 ・国産のベース車と違って、力強い動力性能に大満足。

4台目:乗り心地の良い国産バンコン
 ・欧州車は維持費がかかったし、サイズが大き過ぎて年齢とともに運転が面倒になってきた
 ・国産キャブコンに戻ることも検討したが、いまさらトラックベースには戻りたくない
 ・世界のトヨタの車としての性能は凄い!旅館泊が増えてきたし、取り回しの楽なバンコンで十分。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

いかがでしょうか?ベテランキャンパーの皆さん!
共感して頂けるのではないでしょうか?
私も途中まで似たようなものだし、実際にこういう車歴を歩んだ仲間がたくさんいます。

まずは、初めてキャンピングカーを選ぶ方は
1台目から2台目に乗り換える部分に注目して頂きたいと思います。
キャブコンの魅力を知らないまま、本当はもうワンランク上の装備のキャンカーが欲しいのに、
仕方なく、簡易バンコンやら軽キャンパーで我慢しようとしていませんか?
不思議なことに予算がないと言ってバンコンやら軽キャンにした人なのに、
1、2年ですぐにキャブコンを買っちゃうんですよ・・・。
要するに無理をすれば買えるんですよ、最初から・・・。
すぐに買い替えて逆にお金の無駄遣いになってしまうんですよ。

f0040493_11025785.jpg
ベテランキャンパーの皆さんが最後にバンコンに戻ってくるように、
バンコンにはバンコンの魅力があるんですよ。
車としての性能の高さゆえに、峠道を快適にカーブしたり、
高速道路を静寂を保った空間で移動する等・・・。
また軽キャンパーであれば、
どんな細い温泉街の道も入っていける等・・・。
そんな魅力が理由でバンコンやら軽キャンを購入して頂ければ
短期間で買い替えるようなことも発生しないと思うのですがね・・・。
こんな考えの私ですからバンコンを選ぶのであれば
機動性をスポイルしないために、スーパーロングではなく、絶対にロングなのです!

f0040493_21561897.jpg
一方でキャブコンの魅力はその圧倒的な室内空間です。
先述のとおり、バンコンを「寝られる車」とすれば、
キャブコンは「動く部屋」とまで言える位、その差は歴然です。
ですから国産キャブコンを購入すると、結構皆さん長く乗り続けているような気がします。
それだけ、満足感は得られる可能性は高いと思います。
ただし、そんな国産キャブコンも欠点がない訳ではありません。
まず、そのトラック然とした外観、そして乗り心地、動力性能・・・。
さらに、欧州車や米国車のような優雅さが足りないところ・・・。
こんなところが不満だったり、となりの芝生が青く見えたりで
欧州車に乗り換える方、国産バンコンに戻ってくる方がいらっしゃいますね。
国産車信者の私ですら、欧州車のクラスAなんかを欲しくなったりすることがあります。
まあ、そんなお金はどこにもありませんが・・・。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

さて、バンコンかキャブコンか?
この最初の大きな分かれ道、
どうかたくさん、たくさん楽しんで悩んじゃって悶々として下さい!
どうしても予算が折り合えない時は中古キャブコンという選択肢もどうかお忘れなく。
でも、食べたり寝たりする空間です。
出来れば新車に乗りたいですね。












# by ichikakutabi | 2019-01-19 23:59 | キャンピングカー | Comments(2)
2019年 01月 18日

初めてのキャンピングカー選び #1(予算とサイズ)

f0040493_1851887.jpg
2月1日から3日間、幕張メッセで日本最大のキャンピングカーのイベントが開催されます。
愛車ZIL NOBLEに大満足している私ですから、当分買い替えの検討は必要なしなのですが、
今年も様子を伺いに行ってきたいと思っています。
きっと、購入の検討にくる方もたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。
そこで、今回は初めてキャンピングカー購入を検討している方向けの記事を書いてみましょう。
あくまでも私の私見ですので、あらかじめご了承願います。

------------------------------------------------------------------------------------------------

まず、一握りの大富豪様を除いては、万人に共通な問題となってくるのは「予算」と「サイズ」でしょう。
お金が有り得ない位にある大富豪さまにおかれましては、
どうか、見た目が一番気に入った車を、駐車用の広大な土地と共に購入しましょう!003.gif
そうでない我々は、予算の範囲、自分の家の駐車場の広さの範囲で購入することになりますよね。

f0040493_18104890.jpg
まずは予算です。
おおざっぱに言いますと500万円以上の予算取りが出来れば選択の幅が広がりますね。
予算が要望と折り合わない時は軽キャンパーや中古キャンパーという選択肢も出てきますね。
ちなみに軽キャンパーは、当然のことながら軽自動車の乗り心地や動力性能以上のモノはない点、
中古キャンパーは、ベース車の寿命=キャンカーの寿命という点、
このあたりを再認識しておかなければいけませんね。
また、キャンピングカーのパーツは軽量に作られているので
家のパーツと比べて耐久性が格段に劣るという点も、中古の場合は覚悟しなければなりません。
幼いお子様、大きなペット等、「怪獣」がいるご家庭は特に注意が必要です。

f0040493_21305379.jpg
次は駐車スペースです。
自宅の駐車場がどれだけ広くても、あまりに大きなキャンカーだと
山道だったり、狭い温泉街とかに行けないというあたりを注意しなければなりませんね。
コンビニやレストランに立ち寄ることも想定して考えましょう。
キャンピングトレーラーのスタイルに憧れる方もいらっしゃるでしょうが、
日本の道路事情には合わないというのが私の私見です。034.gif
そう意味では米国車のあのバカでかさもちょっと厳しいと思います。
豪華さゆえに一度は乗りたくなるのですが、サイズが大き過ぎて
一度乗った仲間たちも皆、国産車や欧州車に戻ってきちゃいましたもの。
維持費や品質を考えれば、やはり国産車にアドバンテージがあると思います。
特にトヨタ、いすゞの耐久性の高さは別格という意見が圧倒的に多いです。
欧州車もカッコイイんだけどな。
ベンツは予算的に、フィアットは耐久性に難があるというのが私の私見です。


このあたりを考慮すると、500万円台の国産キャンピングカー、
タイプはバンコンかキャブコン、このあたりが炙り出てきますね。
それでは次回はこのあたりから話をしましょう。














# by ichikakutabi | 2019-01-18 23:59 | キャンピングカー | Comments(2)
2019年 01月 15日

奥の松酒造 遊佐(ユサ)

f0040493_20340474.jpg
こんばんは、日本酒評論家のフルーティー米蔵です!

今宵は安くて美味しい吟醸酒を紹介いたします。
日本酒鑑評会では、数年連続で日本一になっている福島県。
日本酒といえば、新潟とお思いの方もたくさんいらっしゃると思いますが
わたし的には日本酒といえば、完全に福島県です!
ちなみにワインも山梨よりも長野が最近のランキングでは上のようで、
なんだか気候変動で従来の勢力分布が変わってきているようです。

んで、この福島県の蔵では相当なメジャーな奥の松酒造
この蔵から美味しい日本酒を発見いたしました。
その名も「遊佐」。
精米歩合55%ながら、大吟醸に近いフルーティーな吟醸香。
飲むと結構、辛口好みの方にも受け入れられるサラリとした飲み口。
当然、私のような吟醸香マニアでも満足できる旨口!!
それが4合瓶で1000円ちょっととは凄いと思いませんか!!
昨日、上野松坂屋で試飲させて頂いて、
ピピッときて、即買いしちゃいました。

これ、旨い!
ホントに旨い!!
次回一升瓶で買っちゃうか!!
というか、酒屋で見つけたら、絶対に買っておきたい一品。
Fukushima as No.1!!
ろけんろ~る!114.png169.png














# by ichikakutabi | 2019-01-15 20:15 | グルメ | Comments(2)
2019年 01月 14日

物欲 全開!!

f0040493_22055696.jpg
この3連休は越谷レイクタウン、上野御徒町、さらにwebと
色々と物欲の赴くままに歩いてきました。
そして買いそうになったモノ、これを一挙に白状(?)します。023.gif

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f0040493_22052063.jpg
【モンベル サニーサイドパンツ】
(¥7,143 +税)
持ってるんですけどね。
でも、色違いのベージュを一本持っておきたいのです。
違うメーカーもいいのですが、
やはりS-L(SサイズLong丈)のサイズ設定のあるモンベルが魅力です。
作りもマテリアルも信頼出来るブランドですしね・・・。
これは買うのは時間の問題。

【モンベル スペリオダウンコンバーチブルジャケット】(¥15,000 +税)
ダウンジャケットはモンベルが2着、ノースフェイスが1着と、
合計3着持ってはいるのですが・・・。
部屋着で使う用のユニクロのダウンベストでも購入しようと思ったのが初めで、
どうせ買うなら良い物をというところから、結局モンベルに・・・。
だって、部屋着で普段使う時には半袖で、外出する時にはジャケットになる、
そんな魅力的なダウンですよ。
また、ダブグレイというシルバーがかったグレーのカラーもGOOD!!
でも、部屋着で800フィルパワーのライトダウンは少々過剰品質か!?037.gif


f0040493_22053947.jpg
【エア・ウィーヴ ベッドマッドレス 和尚 ダブルサイズ】
(¥182,000 +税)
この週末にウォーターベッドのメンテナンスをしました。
そしたら、半永久的に使用出来ると言われているウォーターベッドも
20年の歳月に、さすがに色々とボロが出始めていました。
だから、すぐに替えなきゃいけないことはないとしても
そろそろ次のベッドを検討しようということになり
上野松坂屋に入っているエア・ウィーヴを体験してきました。
さすがに、浅田真央ちゃんや錦織圭くんや石川架純ちゃんを
サポートしているメーカーのことだけはありますね。
お値段もさることながら、その品質が凄いです。
JALのファーストクラス、JR九州の七つ星の最上級スイート、和倉温泉加賀屋、箱根富士屋ホテル、
このあたりは、もう全てエア・ウィーヴなんだそうです。
この寝心地はキャンピングカー界最上級クラスのNOBLEの欧州製可変式プラスチックマットも真っ青!?042.gif


f0040493_22052827.jpg
【SEIKO ASTRON 5Xシリーズ】
(¥230,000円 +税)
愛用しているTAG HEUERの電池交換が完了したばっかりなのに、
相変わらず夜な夜な腕時計をググっていることは、誰にも言っていないのですが、
やはり、高級時計への物欲は衰えていないようです。
ブライトリングなんて買ったって、オレじゃ宝の持ち腐れだってことは百も承知なのですが、
「予算は80万円までは出せる」なんて勝手に決めてググってる・・・。
でも、永久的に正確な時刻を刻み続けるGPSソーラーの高級モデルも気になっています。
その最右翼がSEIKO ASTRON。
なにしろ、立体感のある文字盤がカッコイイ。
それでいてお値段はブライトリングの4分の1!
そんな気持ちで越谷レイクタウンの時計屋さんで見入ってたら、
上手い事乗せられちゃって、買いかけちゃいました・・・。
だからあ、オレの左腕にはTAG HERUERがあるんだから、要らないハズでしょ!!
ましてや、休日には登山用のPRO TREKが正確な時刻を半永久的に刻んでんだから!!
腕時計、ググるの、もうやめろーーーー!!022.gif


f0040493_22054855.jpg
【LAND ROVER DISCOVERY SPORTS】
(¥5,930,000円 +税~)
馬鹿野郎!!
車じゃねえか!!
しかも、外車!!
NOBLEがあるのに、なにそんなの見てんだ!!
ネット広告からLAND ROVERのホームページに行ったのが悪かった!!
なんとも、カッコイイのである!!
欧州車特有のお洒落さと四駆の力強さの融合!
これは素晴らしい!!114.png
「レスサスIS350hも良いけど、こっちの方が安い!!」
なんて言ってる奴は誰だーーーーー!!


f0040493_22055696.jpg
【TOYOTA ALPHARD HYBRID Executive Lounge】
(¥7,352,630円 +税~)
いい加減にしろよ、この野郎!!
こんな車乗れる訳ないじゃんか!
それなのに、「NOBLEより安い」とか言ってんじゃないよ!!
でも、今どきの乗用車の最高峰は凄いですね。
キャプテンシートでオットマン付き。
それが全て電子制御なんですから、これはもう動くマッサージチェアですね。110.png
安全装備や自動運転装備も私の頭の中から、20年程進歩していますね。
本当のお金持ちはこういう車にさりげなく乗るのでしょうか・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あ、決して年末ジャンボが当選した訳じゃありませんから・・・。
平凡なサラリーマンの叶わぬ物欲です・・・。















# by ichikakutabi | 2019-01-14 21:24 | 妄想系・物欲系 | Comments(2)
2019年 01月 13日

帯広豚丼「ぶたいち」

f0040493_01064323.jpg
越谷レイクタウンにショッピングに行ってきました。
ここのショッピングモールに来ると、食事はいつも「仙台牛タン 利久」と決まっています。
そりゃそうです、私の大好きな仙台牛タン、
その中でもスペシャルに旨い「利久」ですもの。
ここで食べない手はありません。
だから、いつも比較的行列の短い開店直後を狙って、至福の時を過ごしていました。
今までは・・・。
正確には昨年の9月までは・・・。

実は、このTakuma認定の名店、「T級グルメ」認定の利久に、もの凄いライバルが出現しました。
お店自体は2014年にレイクタウンに出店したようなのですが、私が初めて入ったのは昨年9月!
特上バラ豚丼を食べて、ぶっとびました。
お!お!おまえ・・・、なんちゅう旨い豚丼を出してんだ!!146.png
この野郎!幸せになちゃうじゃねえか!!113.png
・・・的な感動でありました。
炭火で炙られた特上豚バラ肉は脂が上品で甘さが絶品。
また秘伝の甘辛タレが香ばしい炭火焼の味と上手く絡んで最高!
ご飯がどれだけでも胃の中に入っていってしまいます!
以前、本場帯広で食べた「ぱんちょう」の豚丼を思い出す旨さです。

あの名店、利久の目と鼻の先で、堂々と行列を作って豚丼で勝負しています。
両者とも一歩も引かない旨さと人気!
これはもう、仙台牛タンと帯広豚丼の全面戦争か!?
「利久」が上か?それとも「ぶたいち」が上か?
次回、オレはどちらを食べたらいいんだ!?
これはもう、「甲府蓬来軒」VS「前橋はしご屋」に似ている!?
はたまた、「ボルグ」VS「マッケンロー」
いやいや、「セナ」VSプロスト」
それとも、「綾瀬はるか」VS「石原さとみ」106.png
もう、訳がわからない!!
しびれるぜ、ろけんろ~る!114.png

「ぶたいち」ああ、旨かった・・・。














# by ichikakutabi | 2019-01-13 23:59 | グルメ | Comments(2)