2016年 12月 25日

walking with her

f0040493_23004353.jpg
最近はすっかり老夫婦モードで
AKOとウォーキングする事が増えました。
歩きながら見た景色で感じた事や、日頃感じている事など話しながら歩きます。
行き先はお気に入りのステーキ屋だったり、ベーカリーだったり、
柴又の有名洋菓子屋さんだったり、はたまたポニーのいる神社だったり・・・。
距離にして、三駅四駅分は当たり前。
歩数にしてみれば一万歩、時として二万歩。
何てことはない日常なのですが、
この平凡で安らぎの日常がとっても幸せだったりするんですよね~。
こんな平凡な日々がずっと続くことを祈念して、年末を迎えています。
私も相当歳をとったものですね~。笑

Takuma@一般道各駅停車の旅




[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-25 23:44 | その他 | Comments(8)
2016年 12月 23日

ZIL NOBLE 3年 26,000㎞

f0040493_17033713.jpg
2013年12月25日。
山梨県甲府市の自宅にサンタクロースが来ました。
よく見ると1998年12月25日に群馬県前橋市にも来てくれたサンタさんでした。
1998年にはTakuma1号のマヨルカTYPE3を、
2013年にはTakuma3号のZIL NOBLEを持ってきてくれたのでした。
このサンタさんは、残念ながら今年はサンタ役をしていないようですが・・・。

さて、我がZIL NOBLEも早三年、26000㎞を走破しました。
数々の日本の絶景に我々を誘い、妻と、仲間との数々の素晴らしい時間と空間を提供してくれました。
2年経過時にも内装外装に分けてインプレッションをアップいたしましたが、
3年経過時の今年もインプレッションを残しておきましょう。
今回はいくつかのトピックスに特化してインプレッションを綴ってみましょう。
キャンピングカーを、NOBLEを、検討している方に少しでも参考になれば幸いです。




f0040493_17034795.jpg
ZIL NOBLEのシンボル的装備のライトアップされたグラスケースは必要か?

これは、必要ではないかもしれませんが、私にとっては不可欠でした。
このグラスは使っていないので必要とは言えないかもしれません。
でも、ライトアップされたこのグラスケースは、
間接照明で創り出すNOBLEの洒落た空間のパーツの一つとして絶対に不可欠です。
余談になりますが、私はNOBLEのメイン照明(一番明るい天井の直接照明)はほとんど利用しません。
少し暗めに間接照明を使った空間を作り、音楽を聴いたり、ギターを弾いたり、お酒を楽しんだりしています。
NOBLEには徹底的に非日常を演出してもらっています。
これが2人仕様のレイアウトのNOBLEの正しい使い方であると勝手に思っております。笑
という訳で、このグラスケースはZIL NOBLEという車を所有する満足感を満たしてくれるアイテムであります。


f0040493_17035628.jpg
ポータブル発電機は必要か?

Takuma2号のアウトドアジュニアは2.8Kvaの発電機を搭載した完全自立型でしたから、
NOBLEにもポータブル発電機を積むことになろうかと思っておりました。
やはり、一度発電機の恩恵を知ってしまうと、中々手放せなくなると感じていたからです。
でも、意外にも100A×3のトリプルバッテリーが発電機のないこの空間を支えてくれるものです。
消費電力の大きいエアコンは、真夏の数時間の運転でワンポイントリリーフ的な良い仕事をしてくれます。
思いの外、長時間運転が必要となったことはありません。
また、仮に長時間運転が必要となってもエンジンを稼働させれば運転出来ますから、
非常時への安心感も確保出来ています。
そして同じ大消費電力の電子レンジに至っては、長くとも10分という稼働時間。
なんの問題もありません。
むしろ、意外にも手こずったのは1wayの冷蔵庫。
いくら300Aのトリプルバッテリーシステムと言えども、
何日もの滞在型のキャンピングカー生活において、冷蔵庫の連続運転は少しだけ不安です。
もともと連続運転する用途の冷蔵庫ですから、ここは対策が必要でした。
しかしながら、この対策は騒音と燃料から避けて通れない発電機ではなく、ソーラーパネルで対策可能でした。
クリーンエネルギーの太陽光が知らず知らずのうちに
いつもバッテリーを満充電に保ってくれるという仕掛けは本当に素晴らしいです。
旅先だけでなく自宅で駐車している間も充電してくれるということで
高価な3個のディープサイクルバッテリーの寿命も延びる訳で、二重に嬉しいです。
パネルはそれなりの重量もあり、取り付け位置も屋根の上という高い位置なので、
走行性への影響を懸念しましたが、まったく要らぬ心配でした。
ソーラーパネルはキャンピングカーに必需品ですね。
新車購入時に装着されることを強く推奨いたします。


f0040493_17041493.jpg
強化ショックアブソーバーは必要か?

これは必要であるでしょうが、新車購入時に付けない方がいいです。
このように言い続けています。
まず、新車購入時に取り付けてしまうと、その恩恵を感じられないので、もったいないのです。
取り付ければカーブ時の走行性能などは格段に向上します。
でも、それで高級乗用車のような乗り心地になるか?
仮に足回りの一番の贅沢であるエアサスを装着したとしても、それは絶対に有りえません。
所詮、トラックはトラック。
この位に割り切って考えておいて頂きたいものです。
その上で、もしかしてノーマルの足回りでも割り切れる
私のような人もいる可能性を忘れずにいてもらいたいものです。
ワンテンポ遅れるが故に早め早めのハンドリングを必要とするその走行特性は、
スピードを抑え気味の安全走行と慣れで何とかなるものです。
あとは、後部座席に家族を乗せる機会が多い人は、この家族が耐えられるか否かで装着を考えましょう。
Takuma2号のアウトドアジュニアで、ノーマル5万km、ランチョショック5万kmを双方経験した私としては
むろん、強化ショックの効果を知っていますので、
NOBLEのノーマルショックがヘタる頃にはランチョの導入をする予定です。


f0040493_17040697.jpg
ノーマルタイヤの交換時期は?

4年は大丈夫だとか、3年以上は危険だとか、色々と巷では言われています。
まず、世界のトヨタが供給するキャンピングカー専用車カムロードにあって、
標準のタイヤの安全性能が頼りないということは、物凄く違和感があります。
どのキャンピングカービルダーも最大積載量を最大限に利用して車を作っている訳ではなく
その何割も少ない完成重量で車を作っているのに、安心して乗れないというのは少々おかしくありません?
「常に積載した状態で走行することを想定していないから」っていう理由は、筋が通らないと思うのです。
もっと言えば、1.25t積のトラックなのだから、
常に最大積載しても安全性能は担保されるのが当然と思いますが、いかがでしょう?
しかしながら、現状のノーマルタイヤでは、製造から4年を越えたもので、
残念ながら、バーストからの横転事故が散見されるのが現実です。
この防止策として溝が残っていても早期交換、サイズアップ、強度アップが望まれているのが現状です。
ということで私は3年経過したこの度、サイズアップ、強度アップして交換しました。
(195/70R15 106/104L LT → 215/65R15 110/108L LT)
サイズアップに伴ってホイール交換にもなってしまい出費は痛いですが、
ここはYouTubeで横転する動画を見て(?)安全の大切さを知り、気持ちよく諭吉さんにサヨナラしましょう!


f0040493_17042301.jpg
サイドオーニングは本当に不要か?

サイドオーニングって、広げて寛ぐ風景とかがとっても魅力で、
キャンカーデビューを前にする方々にとって憧れですよね。
でも、結構扱いが繊細なんですよ。
強風時は使えなかったり、ボディに傷つけちゃったり、
最悪の場合、壊れて畳めなくなっちゃって大変な目にあう危険性があるんですよ。
Takuma1号にも2号にも装着しておりましたが、その使用頻度は低かったですね~。
マナー違反指摘者の目も考えれば、駐車場で広げるのはNGと考えた方が良いでしょうしね。
キャンプ場でしか使用出来ないという位で考えておいた方が無難です。
また、あれって結構な重量(25kg近く)があるんです。
この重量があの高い位置に付くのですよ。
先述のバースト事故防止という軽量化の観点からも、付けないのがTakuma流です。
レスオプションすることによって、お財布にも優しいですよ。
まあ、ここは多様な価値観があるところですから、意見は分かれましょう。


f0040493_17043680.jpg
キャンピングカー ZIL NOBLEは高価か?

お金が無尽蔵にある人にはまったく関係がない話題です。
でも、私のように転勤族で賃貸暮らしのしがないサラリーマンという庶民層にあって、
800万円するNOBLEの値段は、やはり絶対値として高価以外何物でもありません。
でも、キャンピングカーという特性を、少し視点を変えて見てみたらどうなるでしょうか?
まず、キャンピングカーのリセールバリューの優位性については以前お伝えした通りです。
有利に乗り継いでいけば、結構長いことキャンピングカーライフを楽しめるかもしれません。
そして、旅先の宿泊費が無料ということも大きいです。
旅館に宿泊したと仮定した時との比較を、以前に一般道各駅停車の旅で収支決算と名打ってアップしておりました。
キャンピングカーは贅沢品ではないというのが、私の主張です。

次に、フル装備のZIL NOBLEは、他のキャンピングカーに比べて高価かという点です。
同じバンテック社で比較して考えてみましょう。
コルド・リーブスは、¥6,048,000~、シーダは、¥5,378,400~。
共に素晴らしいキャンピングカーで、この価格。
対するZIL NOBLEは、¥7,797,600~。
ちょっと、パンチが効いた値段です。
でも、標準装備品を考えていくと、その差がみるみる縮まっていくんです。
リーブスとシーダではオプションとなっていて、NOBLEに標準装備されている物を記載してみましょう。
温水設備(203,040円)、生活用水(108,000円)、ポータブルトイレ(140,400円)、
電気冷蔵庫 (162,000円)、サイドオーニング(127,440円)、トリプルバッテリー(81,000円)、
1500wインバーター(157,680円)、エントランスステップ(48,600円)、ポーチライト(28,080円)等。
あっという間に100万円!!
さらに、シーダだと、ベース車がワンランク下がるのにも関わらず、
FFヒーター (218,160円)とかルームエアコン(216,000円)とか
リヤラダー(57,240円)までもが襲いかかってきます。笑
購入する車を検討する際は、装備の要否をよく考えて検討されることをお勧めいたします。
当然のことながら、フル装備であれば若干のスケールメリットが出てくる分だけお得ですから。



f0040493_21024022.jpg
さて、Takuma3号ZIL NOBLE。
4年目に突入してまいりますが、まだまだ私の中では乗り換える気は少しもありません。
アウトドアジュニアの時に強烈に感じていた愛着ってやつも沸いてきています。
どうやら長い付き合いになりそうです。

Takuma@一般道各駅停車の旅




[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-23 15:00 | キャンピングカー | Comments(0)
2016年 12月 21日

新型ライトキャブコン「Cyda」 実車インプレッション

f0040493_00155429.jpg
日曜日のバンテック埼玉では新型ライトキャブコン「Cyda」の実車を見ることが出来ました。
そこで、私なりのインプレッションなんぞを・・・・。
まず、一目実車を見て、先日の記事でも申し上げましたが素敵で上質な印象を受けます。
ライトキャブコンの域を遥かに超越している品質と言って過言ではないでしょうか。


f0040493_00160510.jpg
まずは、エントランスドアを開けます。
すると、上質なヨーロピアンテイストのエントランスドア自体が物凄く魅力を放っています。
これは、我がNOBLEにも、ほ、ほ、欲しい・・・。
ただし、詳細を確認していくと、少々難点が・・・。
それは、ドアの窓が開かないどころか網戸にもならない所です。
高原に滞在中、ドアを開け、網戸を閉めて、
虫を防ぎつつ高原の微風を感じるなんていう至福の時間が楽しめないのです。
これは減点の対象にならざるを得ません。


f0040493_00161565.jpg
次に、エントランスから室内に入ると目の前に広々としたダイネットが広がります。
この広さは、完全にライトキャブコンの域を超越していると言って過言ではないでしょう。
5.2mある我がNOBLEよりも絶対に広いダイネットでございます。
この点は設計者に敬意を表します。


f0040493_00162431.jpg
次に、リアの二段ベッドに寝てみましょうか。
ネットでは狭いとか、どうやって上段に上るのとか疑問視されていましたが、
私の印象では何の問題もありませんね。
逆にコンパクトな空間が子供の頃に遊んだ基地ゲームみたいで心地よいです。
この二段ベッド、何の文句もありません。



f0040493_00163210.jpg
最後にマルチルームのインプレッションを・・・。
まず、結論から言って、このマルチルームは疑問符を付けざるを得ませんでした。
ポータブルトイレをどのように使うかと思えば、
スペース的に二重に区切られた上段に置いてしか使用出来ないのです。
すると天井高が低い中、中腰の姿勢でパンツを脱いで用を足すことになるのであって、
あまり現実的ではありませんね。
かと言って、奥のスペースはエアコンの室外機が占拠するようで、フラットにはならないとの事。
これは、非常に痛い所ですね。
ライトとは言えキャブコンである以上は、キャンピングカーと言うよりはむしろモーターホームであって頂きたい。
それにはトイレルームは必須で、出来ればシャワー設備も装備していて頂きたい、というのが私の持論です。
トイレがないキャブコンならば、いっそ軽キャンパーやバンコンの方が魅力的と言うのは少々過激ですかね?


最後にもうひとつ。
この上質キャブコンの上質ゆえの500万円を突破する価格です。
この価格は明らかにライトキャブコンの価格帯と一線画す価格です。
それゆえに、Cydaの客層は実はライト価格キャブコンを求める方ではなく、
価格には余裕があるが、駐車場等の空間に余裕のない方ではないかと思った次第です。


ともあれ、この上質なライトキャブコンが
キャンピングカーシーンを盛り上げてくれることは間違いなさそうで、嬉しい限りです。

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-21 00:34 | キャンピングカー | Comments(4)
2016年 12月 20日

新型カムロード

f0040493_22163091.jpg
日曜日のバンテック埼玉では新型カムロードを見ることが出来ました。
明らかにフロントマスクはスマートになっていますね。
日野のデュトロに似ていますね。


f0040493_22164390.jpg
それで、もって内装。
ダッシュボード周りがなんだかスタイリッシュになってました。
運転席、助手席とも再度に固定式のカップフォルダーが付きます。
今までの中央に配置されていた可動式のそれと違って、使いやすそうです。
今までのはカーナビが飛び出てくるとほぼ使い物になりませんでしたからね。
エアコンの吹き出し口も丸くなって、オシャレ~。
ウッド調のパネルはなくなってしまいましたが、さすがに進化していてちょっと羨ましいです...。

Takuma@一般道各駅停車の旅





[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-20 00:01 | キャンピングカー | Comments(2)
2016年 12月 19日

NOBLEの体重測定

f0040493_21543137.jpg
昨日、タイヤとホイールをバンテック埼玉で購入した訳ですが、
その際にタイヤ祭のイベントとして我がZIL NOBLEの重さを測って頂きました。

重さなんて車検証見れば分かるじゃんって?
違うんですよ。
キャンピングカーって収納庫もそれなりにあって、
色々なアイテムを積んでいくうちに、とんでもない重量になったりするんです。
それでいて、タイヤのバーストに気を遣わなければならないので、
自分のキャンピングカーの体重って知っておくことは、それなりに大切なんです。

バンテック社に行くと体重測定の機械がおいてありました。
これが結構高価な機械のようです。
この機械の上に前輪と後輪と2回に分けて乗っかって体重測定をします。
T山さんが色々とお世話してくれまして、図ったその体重は・・・。

 前輪(右):648kg
 前輪(左):580kg

 後輪(右):868kg
 後輪(左):828kg

 総 重 量:2924kg


f0040493_21541992.jpg
重量には気を遣っているつもりだっただけに、これはNOBLEとしては破格の軽量のようです。
なんだか、とても嬉しかったです。
これに加えて、ロードインデックス110のタイヤを履きましたので足回りの安全対策は万全です!

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-19 00:01 | キャンピングカー | Comments(4)
2016年 12月 18日

ZIL NOBLE タイヤ交換の結論

f0040493_21001820.jpg
本日、バンテック埼玉のタイヤ祭で次期タイヤの結論を出してきました。
まずは、その結果から・・・。


当初予定していた215/70R15ではなく、215/65R15となりました。
エア圧も4.5kpaではなく、6kpaだから乗り心地の向上も期待出来ません。
また、当初予定していたスチールホイールではなくアルミホイールとなりました。

その訳は・・・。

一番は、バンテック社を信じているからです。
安全に物凄く気を遣っている同社を信頼しています。
それはそうですよね。
キャンピングカーがバーストして横転したなんて言ったら企業存続に関わりますものね。
だから、自己責任の範疇の2重、いや、3重位厳しい視点で安全を考えています。
そのバンテックが言いました。

 「215/70R15だと外径が変わってしまうので厳密に言うと勧められない。」
 「BSのR202は現状考えられる一番強靭なタイヤである。」
 「アルミホイールはボルトの締め付けさえ適正に行えばハブボルト破損に繋がらない。」


f0040493_22503472.jpg
日本最大手のキャンピングカービルダーのバンテック社が出した結論だもの。
巷の噂だの情報だのっていうよりも、信憑性があるのは間違いありません。
また、対面で色々と話しを聞くと、
良いと思っていたあの製品がそんな評判だとか色々とユーザーの為の情報を頂きました。
そしたら、もう、最後は私の信頼するバンテック社の言う通りのタイヤとホイールにしますよ。
ロードインデックス110!!
現状最強のタイヤを履いて、暫くはバーストの恐怖とは無縁のキャンピングカーライフです!
ちなみに帰り道のインプレッション。
乗り心地は全く変わらず。
でも、安心感と見た目の良さで満足です。

Takuma@一般道各駅停車の旅








[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-18 20:32 | キャンピングカー | Comments(0)
2016年 12月 17日

2016年 最終オフ

f0040493_21181325.jpg
暮れゆく2016年、仲間と群馬で忘年会しました。
旨い酒有り、暖かい焚き火有り、ミラーボール輝くカラオケ有り。
最後の最後に素晴らしい夜になりました。
それにしても、昨日の一発ラーメンと小野上温泉は凄かった。 
やはり、群馬のポテンシャルは凄く高いですね!

f0040493_21182297.jpg
一年間楽しく一緒に飲んでくださった仲間の皆さん、本当にありがとうございました。
来年も共にろけんろ~るしましょう。
宜しくお願いします!

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-17 23:59 | Pキャン | Comments(8)
2016年 12月 16日

小野上温泉の素晴らしさ

f0040493_21163263.jpg
もう、かれこれ20年は通っている群馬県小野上温泉
今は渋川市に属するんですが、その昔は小野上村が村営でやってました。
派手な温泉街が在る訳でもなく、伝統ある銘旅館がある訳でもありません。
ここにあるのは極上のヌルヌルスベスベの湯。
シャワーからでるお湯も温泉なので、
最初に来た人は流しても流してもシャンプーが落ちないって錯覚してしまう程のお湯です。

こんな素晴らしい温泉に今夜来ています。
ここはキャンピングカーのP泊も可能で、キャンピングカー乗りには最高の空間です。
今夜改めてそのポテンシャルの高さを認識しています。
何時も自宅で飲んでいるビールが2倍美味しい風呂上がりですっ!

Takuma@一般道各駅停車の旅




[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-16 20:39 | 温泉 | Comments(4)
2016年 12月 15日

大人の仲間入り

f0040493_22261837.jpg
いやー、まいったな、おい!
近くが見えなくなっちゃったよ!
甘えん坊の末っ子も、もう50歳だよ。
まいったぞ、おいっ!!

んで、遠近両用だぜ、ベイビー。
人生初の老眼鏡ろけんろ~~~~る!!
もう、完全に初老だよ。
まいったなー。
コマネチ、コマネチ!!
ドロ恵比寿!!
村田大先生コーナーっ!!
ガッツ石松コーナーっ!!

でもよう、歳だけは取りたかねえよな。

Takuma@一般道各駅停車の旅





[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-15 22:09 | 笑撃の告白 | Comments(8)
2016年 12月 13日

蟹工船

f0040493_23214068.jpg
世の中の流れの速さに拍車がかかっているような気がします。
昔、電話ボックスに放置していた電話帳なんか、個人情報保護全盛の今じゃ夢幻。
学生時代に憧れだったMusicianは、違法ダウンロード全盛で一発当てたって金にならないらしい。
女性の憧れの職業だったスチュワーデスなんか、キャビンアテンダントなんていう契約社員の仕事に・・・。

昔の価値観が到底通じない世の中になってきました。
んで、最近凄く感じるのは安倍政権が推し進める「働き方改革」のよる社会の変化。
長時間労働、過労死、自殺、ブラック企業、非正規雇用、不当解雇・・・。
巷にはこれらの過重労働ネタが溢れかえっています。
そして、D通事件でいよいよ労基署の取り締まりのギアがトップに入りました。
昔は有給休暇も取らない熱血社員が優秀な社員とされてきました。
それが、今は会社は早く帰れ、早く帰れと圧力をかけてきます。
要は行政から厳しい取り締まりを受けるようになって、
ようやく日本企業にも労働環境是正の風が吹き始めた訳です。

これって、良いと思います。

D通を良く精通する知り合いが言ってましたっけ。
「亡くなった女性社員の残業時間、105時間+サービス残業50H程度?」
「いえいえ、その3倍はD通社員は働いています」と・・・。
社員は夜通し働いて始発で家に帰るのだそうです。
しかも、シャワーを浴びるだけの為に・・・。
シャワーを浴びて着替えたら、即定時出社だそうです・・・。

先日会った大学の後輩は某メガバンク系の一流証券会社勤め。
会社の中にある多忙で有名な部署では20歳代の綺麗な女性社員から強烈な体臭がするそうです。
忙しくて数日帰宅出来なく、身体を洗うことが出来ないからだそうです。

この国の最近の勤務状況って、いったいどうなってるんでしょうか・・・。
私の周囲でも自殺が日常茶飯事で起きて、だんだん免疫が出来てきている自分が怖いです。
ここで、再度確認しましょうよ。
命よりも大切な仕事って、絶対にないと思いますよ。
皆さん、頑張るのは良いですが、本当にヤバくなったら、逃げましょう。
逃げることは決して恥ずかしいことではなく、クレバーなリスク回避手段ですからね。

こんな背景があって、大手企業から「働き方改革」が始まりつつあります。
株主総会で株主に「長時間労働是正策は、コストではなく投資です」と言って賛同を得たという記事を読みました。
そうです。過酷な労働環境は過労死等の訴訟リスクがあるだけでなく、
優秀な人材が流失するというリスクもあるのです。
そりゃ、そうですよね、誰も好き好んでブラック企業に就職しませんものね。
労働環境に投資をしておかないと、労働人口が激減するこの先の未来で生き残れないかもしれませんから。

そんなこんなで、「働き方改革」が始まりつつあります。
ただし、話は簡単な話ではありません。
我々消費者は物を買う時、少しでも安い店で買いますよね。
少しでも品質の高い物を買いますよね。
複数の店や品物から選びますよね。
この消費者の選択自体が企業の競争原理の源泉なんですね。
企業は少しでも良いものを、少しでも安く、お客様に便利なサービスでビジネスをする訳です。
「24時間いつでもOK!」なんてコピーの陰には深夜残業の社員がいるんです。
寸分の狂いもないMade in Japanの品質の裏には長時間労働の社員がいるんです。
だから、もしかすると政府が推し進める改革の先には、日本の経済の競争力の低下があるかもしれないのです。


いやあ、本当に難しい問題ですね。
Made in Japanって、資源輸入国の日本の貴重な武器だと思いますから・・・。
日本の勤勉さとかって日本の武器だと思いますから・・・。
ホント、とてつもなく大きな問題ですよね。
資本主義の在り方自体を問うような問題だと思います。

だからといって、過労死する世の中は絶対に改善されなければなりません。
経営者は一時的に利益重視の経営体質を改めなければならないかも知れません。
命よりも重い仕事はありませんから。
その覚悟を経営層には問われているのかも知れませんね。

さて、吹けば飛ぶような中間管理職の私。
それでも7月から配属された部署では大義名分がハッキリしていて、モチベーションとなっています。
「行き過ぎた労基署の取り締まりから、自分の会社を守ること」
「そして、何より自分の会社の従業員の安全と健康を守ること」
この大義名分を忘れずに仕事に取り組んでいると、少しだけ充実しています。
そして、ややもするとブラックと思っていた自分の会社が、
他の酷い会社を知ると、改善の余地は多かれど、血の通った会社に思えてきました。
こんな愛社精神は28年ぶりです。
あ、平たく言うと、入社以来初めてです!?爆

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-13 22:20 | 柄にもなく・・・ | Comments(0)
2016年 12月 13日

キャンピングカーの伝道師 V社を去る

f0040493_20390311.jpg
あの方に電話した。
「今週末のタイヤ祭に行くから」って伝える為に電話した。
先月の川崎球場でのショーの前には「川崎に来ちゃう?」なんて気さくに行ってたのに。
あの方がV社を去ったそうだ。

ビックリしました。
Takuma1号マヨルカTYPE3だって、Takuma3号NOBLEだって、車だけじゃなくて人でも選んだんだんです。
だから、少なからずショックです・・・。
V社のアフターサービスには何の変化もないんでしょうけど、あの人がいないとなると少しだけ不安・・・。
残る方々が悪いって言ってるのではないですよ。
でも、あの方がいないとなると・・・。

まあ、人の人生です。
きっと色々な事があったのでしょう。
私にとっての永遠のキャンピングカーの伝道師さんの未来に幸多かれ!!
そしてV社様、
失ったモノの大きさを認識して、これからも変わらずの姿勢でいて下さい。

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-13 20:26 | キャンピングカー | Comments(0)
2016年 12月 11日

タイヤ交換の季節

f0040493_21024022.jpg
タイヤ交換の季節・・・。
って言っても、スタッドレスに履き替える訳ではありません。
30歳を境にウインタースポーツも止めましたし、冬は山と北に行かないようにしました。
だから、スタッドレスは私のNOBLEには不要です。

では、なんでタイヤ交換かって言いますと、それはバンテック埼玉タイヤ祭に理由があります。
本当は6月のボーナスを待って買おうと思っていたのですが、
バンテックからのDMで今週末と来週末にタイヤ祭をやっていることを知りまして、
「善と安全は急げ」ってことで(?)、急遽12月のボーナスをやりくりして買ってしまおうかと・・・。
私のNOBLEのタイヤは2013年10月製なので、すでに三年を経過・・・。
普通の車なら良いのですが、キャンピングカーとなるとそろそろ・・・。

キャンピングカーって相当タイヤに高負荷をかけているんです。
むろん、トラックの荷重的にもタイヤの耐荷重的にも法律をクリアはしているのですが、
どうやら、法律も常にMAXに近い耐荷重をかけての走行を想定していないようで、
稀にタイヤのバースト事故、運が悪いと横転とかっていう話を聞きます。
だから、キャンピングカーの世界では
タイヤの溝が残っていても3~4年で交換するのが望ましいとされているんです。
家族4人でキャンプ用品満載なんて方は間違いなく3年位が安心なのでしょうが、
我が家は2人家族でダブルベッド下の巨大収納庫にも必要最小限の積荷しか入れてません。
だから、4年は少なくとも持つとは思うのですが、ここは安心にお金を使いましょう。
なにしろ心もとないノーマルタイヤですから・・・。

それで、カムロードに最適なタイヤとホイールに明確な結論を出せぬまま、
その制限時間が残り1週間となりました。
なんとなく、今のところの考えは次の通りです。
 ・ロードインデックスは絶対に向上させる
 ・ロードインデックスは空気圧パンパンの6Kpaではなく4.5Kpaで出せて乗り心地を良くしたい。 
 ・タイヤ幅はは出来るだけ太く。
 ・ホイールはなるべくスチール。
すると、今のところはミシュランAGILIS 215/70R15 109/107あたりが良いかなあと思っています。
問題はホイールですね。
スチールだと極端に選択しが減るようなのですが、アルミではどうやらハブボルトを痛めるようで・・・。
とにもかくにも来週、バンテックに行って的確なアドバイスを受けて決めてきたいと思います。

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-11 21:00 | キャンピングカー | Comments(0)
2016年 12月 09日

Takumaの大冒険

f0040493_20310427.jpg
12月~~っ!師走~~~っ!079.gif
って事で、日本には忘年会なる習慣があります。
んで、新橋のアンティーク調の洒落た個室で忘年会ぃーー!!034.gif
上司よりも圧倒的に部下の多い飲み会。
しかも若い女の子もたくさん!041.gif
オジサンとしては、ろけんろ~る004.gifしても良い会かもって?
いやいや、それはダメなんですよ。046.gif
会社では会社での顔ってモノがあって、
このブログを見ている貴殿貴女がご存知の本当のTakumaを出す訳にはいかない訳ですよ!!037.gif

さて、忘年会は偉い人の乾杯のご発声で始まりました。
しかし上記の理由で、ここはビールで「逃げ」の一手です。
上司面して当たり障りのない話とよそ行きの笑顔で淡々と時間は流れます。027.gif
はははは、大人って、なんだか汚い!?041.gif
でも、忘年会が中盤に差し掛かる頃から少しばかり違った様相を呈してきます。
後輩が「日本酒飲みましょうよ~~」003.gifって注いでくるし、
酔った若い女の子が「美味しいうどん、連れてって下さ~い」053.gifなんてハグしてくるは・・・。
オジサン、少し・・・、あいや、凄く、ご満悦。037.gif
最後は予定外で締めの挨拶を急遽振られちゃったりする展開・・・。
だけどね、大学の後輩君、応援歌だけはどんなに振られても、やらないからね!
オジサン、もう、50歳なんだかんね!!033.gif

すっかり良い気分の宴は締められましたが、この勢いに任せて二次会に行くほど若くもありません。082.gif
ここは一駅歩いて酔いを醒ました後、ワンパットで帰りましょう!
新橋から東銀座までテクテクと歩きます。
「おお、東武ホテル、結婚式の日に泊まったなあ。」こんなことを思いながら・・・。
さて、この辺りから段々と記憶が曖昧になってきました。076.gif
今考えれば、東銀座で座れるとは思えませんが、多分運よく座れちゃったんでしょうね。
「運よく・・・」007.gif

その後、さらに曖昧な記憶、というか夢みたいな中で、印旛日本医大に着いた気がします。085.gif
そして、その後は、24時半の蒲田・・・。007.gif
ああ、やっちまった・・・。
泣きながらAKOに電話しても、なんの解決にもなりません・・・。
仕方なくタクシーで帰りましょう・・・。007.gif
ところでいくらかかるんだ?
多分、間人ガニとか松坂牛とか食べられちゃうじゃないか・・・。008.gif
・・・と、うなだれていると、私の目に「APA」の文字が・・・。

そうか、ビジネスホテルがあるじゃないか!!005.gif
フラフラとそのAPAの文字の方へあるいて、フロントに吸い込まれていきました。
でも、12,000円だって!!020.gif
APA、お前ふざけんなよ、ここはビジネスホテルじゃないのかよ!!033.gif
「じゃ、いい!」と首を横に振り、オジサン出てきちゃいました。

カプセルホテルとか、ないのかよ!!もう・・・。022.gif
あ、そうか、カプセルホテルか!!005.gif
スマホで調べよ!!
すると、ありました、カプセルホテル!!
I love Kamata!!037.gif
フロントに行くと3,500円だって!!
助かったあーーー。
しかも、カプセルホテルは初体験なんです、このオジサン。
なんだか、ワクワク感、凄い。053.gif

f0040493_20312108.jpg
舞い上がり気味です、このオッサン。
んで、カプセルの扉の開け方が全然分からないよ。
押したり、引いたり、スライドさせたり・・・。
どっから、入るんだ、このカプセル!!033.gif
この野郎、もう廊下で寝ちゃうぞ!と思ったその時、
ガラスだと思っていた所にガラスがなくそのまま入れば良い事に気が付きました・・・。039.gif

f0040493_20313473.jpg
さあ、入り方も分かったし、シャワーコーナーに行こう、シャワールームに!!003.gif
疲れた体にシャワーをかけて極楽~~。
ここでまた、事件が・・・。075.gif
ロッカーにあったタオルを持ってくるのを忘れた・・・。015.gif
やばいじゃん、びしょ濡れになってるけど、オレ、どうやってカプセルまで戻るの???
まさか、全裸で20mほどの廊下を強行突破??080.gif
それは、ちょっとやばいでしょう。
その途中にあるロビースペースで寛いでいる人達の度肝を抜いてしまうよ。002.gif
でも、どうやってタオルまで在りつく???
ここで、オジサンは折衷案を選ぶ。
とりあえず、付属の寝間着の下(パンツ)だけ履いて、自分のカプセルまで全力疾走しよう。034.gif
上半身だけなら、裸でも捕まらないだろう。
んで、シャワーから出て、出来る限りの水分を手で払い、寝間着の下だけ履いて猛然とダッシュしたのです。080.gif
深夜25時にホテルの廊下をハゲたオジサンが血相変えて走りまわるという・・・。027.gif

それにしても、本当に疲れました。
カプセルに付いてタオルで体を拭いて横になってからは、安心して深い・・・ぐう・・・に就いたのでした。
これが昨夜のTakumaの大冒険です。

Takuma@一般道各駅停車の旅





ぐう

[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-09 18:53 | ・・・ぐう・・・ | Comments(10)
2016年 12月 06日

20年前のキャンピングカーショー featuring「JB470」

f0040493_21304269.jpg
最近、何故かキャンピングカーに興味を持った頃のことを思い出します。
私にとってのキャンカー創世記は今から20年程遡って1996年頃となります。
当時、群馬で生活していた私に転機が訪れます。

会社の上司がキャンピングカーを購入して、初めてキャンピングカーを生で見ました。
これが、カプリス(オートルックフクシマ)
ここから私のキャンピングカーの歴史が始まりました。
そして、目の保養的に行った同年1996年のキャンカーショーにおいて、その気持ちに拍車がかかるのです。
当時は「東京ベイサイドアウトドアショウ」といって、懐かしの晴海見本市場で開催されてました。
そこで、アラモ(A to Z)の398万円の値段を見て「スカイラインGTRより安いじゃん!」と思うのです。


f0040493_21315560.jpg
それからというもの、1台目Takuma号にマヨルカType-3(バンテック)が決定するまで、
様々な名車に魅せられました。
ハイエースの「スーパーロング」じゃなく、「ロング」なのにシャワールームを持つ
ハイエース・フィノ(アムクラフト)ユーロライン(同)
フィノは、ずっと第一候補で考えていましたね~。
毎晩、ベッドでこのカタログを見つめながら、ため息ついてました。
また、ユーロラインに至っては千葉県柏市のショップで格安新古車を衝動買いしそうになりました。


f0040493_21312231.jpg
カントリークラブ(レクヴィ)
ヨーロピアンロフト(アムクラフト)
オールドライン(カトーモーター)は、超魅力的なのに高嶺の花!
欲しいけど、少しだけ現実離れしてました。



f0040493_21321429.jpg
そんな中で私の中で、今も1、2位を争う不朽の名車、それはJB470(バンテック)です。
この頃、すでにキャブコン(当時は「Tボディ」って言いました)のスタンダードは2×5m。
前述のカプリスオックス(ヨコハマモーターセールス)が双璧でした。
そんな中で5mを切るどころか、たった4.7m!
それでいて、モーターホームと呼べるフル装備。
バンクベッドは大人3人が寝られるは、実用的なトイレルームを装備しているは・・・。
そして何よりこの車の魅力は、そのスタイリッシュな外観でした。
まだまだバニングの名残を残す野暮ったい車が多かった中で、JB470は本当に洗練されていました。

それでも、キャンピングカー初心者の我々は最後の最後でキャブコンに踏み込めず、
乗用車ライクなバンコンの世界でMY No.1となった
マヨルカTYPE-3でキャンピングカーライフを始めるのでした。

Takuma@一般道各駅停車の旅




JB

[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-06 19:08 | キャンピングカー | Comments(4)
2016年 12月 04日

透明感VOCAL NO.1

f0040493_21034285.jpg
本当に美しい音に出会った時に、本当に人は幸せになるような気がします。
歌詞で感動するっていうのもまた一興。
その歌詞で想像力が膨張して涙腺が緩む時もしばしば。
でも、本日はその人の声の透明感に心地よく酔っています。

何度も主張しているのですが、私のNo.1VOCALといったらば、八神純子さんと世良公則さん。
八神さんの声は楽器のごとく正確で芯が強く、心地よく人の感性に直接働きかけます。
世良さんの声は人の情感を込めて図太くたくましく、人々の感性に届きます。

でも、そんな二人のVocalistに負けない魅力を放っている声の主がいます。
ボクが歩んできたハードロックの世界では・・・。
圧倒的な図太さという意味で世良公則さんと重なるのはイアン・ギラン
言わずもがなのDeep PurpleのVocalistです。
哀愁を醸し出すという意味ではジョー・リン・ターナー
彼のハイトーンヴォイスがレインボーに新しい魅力を吹き込みました。
そして、どこまでも澄んだVOCALといえば、ロニー・ジェイムス・ディオクラウス・マイネ
どこまでも穢れながなく澄み切ったハイトーン。
素晴らしかったですね。
レインボー創世記とスコーピオンズは今でも魅せられています。

f0040493_21051603.jpg
そこで本題、今夜強調したいのは、この方、薬師丸ひろ子さん!!
この方のvocalは本当に珠玉だと思うのです。
そりゃ、この方は女優の中では揺るぎない地位を築かれているのですが、
わたしとしては、このVocalistとしての才能も強調したいです。
どこまでも透明感溢れる薬師丸さんの声に☆☆☆☆☆捧げたいです。

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-04 20:56 | VIVA!MUSIC & DRAMA!! | Comments(6)
2016年 12月 01日

2016年12月1日の、ろけんろ~~~~る!!

f0040493_20401728.jpg
公私のバランスも取れてきました。
少しの夢と希望も戻ってきました。
本日、師走に入りましたけど、終わり良ければ全て良しということで・・・。

それで亀泉を煽りながら、GOOD MUSICを楽しんでいます。
今夜わたしの涙腺を熱くした曲、拳を振り上げさせてくれた曲、思わずメインボーカルにさせてくれた曲。
それはこんな曲でした。
060.gif
 Missing Persons     サザンオールスターズ
 Bi-Li-Li Emotion     Superfly
 シンデレラ        斉藤和義
 何度でも         DREAMS COME TRUE
 RISING SUN ―風の勲章 浜田省吾
 田園           玉置浩二
060.gif

ちょっとカラオケ行きたくなってきちゃったな。
今夜は自分のギターで唄うかな。

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

# by ichikakutabi | 2016-12-01 20:23 | VIVA!MUSIC & DRAMA!! | Comments(4)
2016年 11月 29日

大好きなお方

f0040493_00501176.jpg
今日は、大好きな副社長と久しぶりに飲めてご機嫌モード!
本当にこの方は神かと思う位、凄い方です。
「勝手に惚れさせてもらっています。」が毎回僕のセリフ!
おかげで日本酒を飲み過ぎて、新宿~本八幡~笹塚のスリーパットの途中です!
でも、まだ帰る電車あるし、成田じゃないので、全然OKです!
ういっす。今日も良い日でした。

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-29 23:36 | ・・・ぐう・・・ | Comments(6)
2016年 11月 27日

とりとめのない幸福

f0040493_21482444.jpg
なんてことはない普通の日曜日。
いつも行くかっぱ寿司も良いけどさあ、
もう少しだけ良いお寿司が食べたいよね。

それで回らない寿司に行けばいいのに、いけないのが三流サラリーマンの性。
家の近くにある銚子丸っていう僕ら庶民からすると高級寿司を食べに行きました。
美味しいねえ、このマグロ。
ふわふわだね、この穴子。
うわあ、旨いな、炙りたらこ。

すいませんね、貧乏くさくて!!
でも、こんな妻とのとりとめのない休日が実は一番幸せだったりします。

Takuma@一般道各駅停車の旅








[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-27 21:39 | 柄にもなく・・・ | Comments(4)
2016年 11月 26日

PINARELLO落車

f0040493_19315510.jpg
週末にオフ会が入っていたり、雨が降りそうだったり、布団が恋しかったり、
週末に旅行の予定が入っていたり、二日酔いだったり、布団が恋しかったり、
資格の試験日だったり、風邪気味だったり、布団が恋しかったり、
なんだかんだ理由があって自転車に乗れていませんでした。
でも、いくつかは「理由があって」じゃなくて、「理由をつけて」でしょ!034.gif>自分
秋から冬に移るこの季節は、本当に布団から出るのが大変ですね。
一度、前日にサイクルパンツを履いて寝るという工夫をしても出られなかったことも・・・!?039.gif

でも、食欲増強と有酸素運動減少の影響でお腹が50歳のオヤジになってきてしまいました。027.gif
あれ?おかしいな!オレのお腹はうっすらと割れてなかった?
ヤバイ、ヤバイ・・・。008.gif
でも、このお腹の醜態はさすがにモチベーションになったようです。
のこのこPINARELLOを出してきて、いざすみたへ!!027.gif

開店一時間前にお店に到着すると、予想通りポールポジションをゲット。079.gif
最近は順番に名前と人数を紙に書く方式になったので店頭で待つ必要がありません。
寒い冬などは、これがなんともありがたいですね。
それで赤羽の西側の高台をポタリングします。
そこで事件が・・・。

f0040493_19322367.jpg
のんびり街並み眺めながら走っていたんです。
「この建物は何の建物だろう?」なんて横を向いていたら、突然目の前にガードレールが登場!005.gif
慌てて避けようと思いましたが、右ペダルにガードレールが引っ掛かり敢え無く落車・・・。
買ったばかりのカーボン製・・・ではないカーボン柄のボトルケージが割れ、
本当のカーボン製の3Tの高級ハンドルバーが割れ・・・てはいなく傷がつき、
お気に入りのパールイズミのサイクルジャージがビリビリに破け・・・てなく少しだけ汚れ、
足を痛打して骨折・・・しているような痛みはどこにもなく・・・。
な~んだ、大したことなかったじゃん。042.gif
ああ、良かった。003.gif
これからは、気をつけて前をむいて走ろう!(当たり前033.gif
脇見運転事故の元。040.gif

Takuma@一般道各駅停車の旅









[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-26 18:59 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(10)
2016年 11月 24日

11月の結晶たち

f0040493_20320391.jpg
11月の東京の空に白い結晶たちが降りてきたよ。
それもアスファルトに綿帽子のお化粧が出来る位。

ほう、今年は少し早く降りてきたんだね。
でも聖なる夜には、まだちょうど1ヶ月早いよ。
月を間違えちゃってないよね?

来月の今日も、きちんと聖なる街を白くお化粧してよね。
愛し合う恋人たちに、素敵な想い出が出来るようにね。
約束だよ。072.gif

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-24 20:20 | 柄にもなく・・・ | Comments(4)
2016年 11月 22日

趣温泉の魅力

f0040493_22265825.jpg
北海道なら登別、東北ならば秋保、
関東なら草津、箱根、鬼怒川、
東海なら熱海、下呂、
甲信なら野沢、石和・・・。
東日本で有名な温泉地を挙げただけで、これだけ出てきます。
さらに西日本にも、有馬、城崎、道後、別府、指宿と有名温泉は数知れず・・・。
所謂、有名温泉は、それはそれでとっても魅力的で、
大規模ホテルが集まった華やかな温泉街、
湯量豊富ゆえに可能なでっかい露天風呂、
集客力ゆえに可能な豪華絢爛の懐石料理の夕食等・・・。


f0040493_22271522.jpg
でも、そんな陰で人知れずひっそりと佇む趣温泉の存在を忘れてはなりません。
休日でも閑散とした街並み、街に散見される湯治宿跡の廃屋、湯量が限りあるので小さな湯船・・・。
ただし、その自然の風景の素晴らしさ、鄙びた温泉の趣深さ、小さな湯船で守る源泉かけ流し。
今回の安曇野ツアーで訪れた信州田沢温泉、霊泉寺温泉は、そんな趣温泉の良さを再認識させてくれました。
ヒビの入ったコンクリートの共同湯はシャワーも付いてないし、露天風呂なんてありませんでしたが、
そこにある極上の湯と空間と時間は、便利さとか豪華さとかと無縁の、それでも確かな魅力がありました。

青森薬研、山形小野川、福島木賊、群馬湯宿、栃木湯西川、
山梨下部、長野小谷、新潟燕、静岡戸田、岐阜栃尾、
和歌山湯の峰、岡山湯原、島根温泉津、山口湯本、
行ったことのある私の中の趣温泉、
その佇まいを思い出しただけで、すぐにでも再訪したくなります。

Takuma@一般道各駅停車の旅






 

[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-22 21:44 | 温泉 | Comments(0)
2016年 11月 20日

安曇野ツアー 2日目

f0040493_00263695.jpg
昨晩は再会した後輩夫妻オススメの地ビールレストラン「ラトリエ・デ・サンス」に行き、
昔話から将来の話まで楽しい時間を過ごしました。
このレストラン、作りたての地ビールとフレンチ主体のメニューがとても美味で、とっても気に入りました。
オーナーに聞くところによれば、車中泊もキャンピングカーもOKだとか!
店内は広いし、近くに民家はないし、オフ会に最適ですね!

美味しいディナーに引き続いては、後輩夫妻の家で二次会です!
Noble号を横付けさせてもらっているので、ついつい遅い時間までお邪魔してしまいました。
後輩夫妻様、本当に楽しい時間をありがとうございました!

さて、明けて本日ですが、あまりに気に入ったので、なんと昨晩のディナーの店にリピートしてしまいました。
ここは、モーニングセットも人気なんだそうです。
最近、テレビでも紹介されただけあって、とても満足のいく内容でした。

さて、楽しい一時もそろそろ終えて、帰路につかなければなりません。
名残惜しいですが、またの再会を約束して安曇野を後にします。
そうそう前回会った時の帰り道にOutdoor-Jrが追突事故に遭ったんだね。
今日は何事もなく帰れる事を信じて帰路につきますね。
ホント、色々とお気遣い、ありがとうございました!

f0040493_00265067.jpg
帰り道は、群馬県登利平ルートと山梨県蓬莱軒ルートと悩みましたが、
渋滞を嫌って群馬県ルートを選択しました。
あー蓬莱軒食べてぇ~!
でも、やはり山梨県ルートは道が・・・。
んで、群馬県ルートを走ります。
紅葉が丁度キレイな時期で走っているだけで楽しいです。
三才山トンネルを抜けると、趣のある温泉が沢山存在する塩田平です。
せっかくだから、立ち寄り湯を楽しんでいきますか。
昨日の田沢温泉も素晴らしかったですし・・・。
んで、今日は霊泉寺温泉の共同浴場に入りました。
鄙びた温泉地の共同浴場は、客が私一人。
いやあ、温泉独り占めで素晴らしいひと時でした。
さて、後は帰るのみです。
今日は無事に帰れますように・・・。

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-20 16:03 | 旅日記 | Comments(0)
2016年 11月 19日

安曇野で歓喜の再会

f0040493_00253836.jpg
寝台急行Noble号は無事に
日本で最初の富岡製糸を越えて、
ゆかりは古し貫前神社を越えて、
紅葉に映える妙義山を越えて、
碓氷峠の関所跡を越えて、
無事に信州の国に着きました。


f0040493_00255462.jpg
信州の国には草笛という美味しい蕎麦があり、
また、田沢温泉という素晴らしいお湯があり、
また、塩田平の紅葉も素晴らしかったです。


f0040493_00261944.jpg
さて、この後はもう、あの男との再会を待つのみです!
安曇野に向かいましょう!

Takuma@一般道各駅停車の旅




[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-19 23:59 | 旅日記 | Comments(2)
2016年 11月 18日

区間快速Noble号 安曇野行き

f0040493_00370267.jpg
寝台急行Noble号安曇野行です。
停車駅は藤岡、甘楽、上田、田沢温泉、終点安曇野です。
次の 停車駅は甘楽~、甘楽です。
なお、この先は深夜区間につき、車内アナウンスは休止させて頂きます。
どなた様も寝台にてゆっくりとお休み下さい。

Takuma@一般道各駅停車の旅





[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-18 23:34 | 旅日記 | Comments(2)
2016年 11月 13日

大坂冬の陣

f0040493_22000359.jpg
今年も残すところ、あと1ヶ月余。
大河ドラマ「真田丸」が大詰めを迎えています。
先週の「築城」で、本来冒頭に流れるはずのテーマ曲がラストに流れてからというもの、
ついに真田信繁が覚醒して、今夜の「完封」では怒涛のハイライトのラッシュ!
今までは「名将真田昌幸の次男坊」として日陰を歩いてきましたが、
その鬱憤を晴らすが如くの活躍ぶり。
全ては、この覚醒の前振りだったのですね。
そして、あの名言「日の本一の兵」を、「お館様」こと上杉景勝に言わすなんぞは、
三谷先生、憎い演出、感服つかまつりました!!
赤備えの甲冑を身に纏った信繁が、またカッコいい事、カッコ良い事!!
いやあ、シビレました。
堺雅人さん、今さらながら、凄い役者さんです。

いやあ、今年の大河ドラマは大当たりです!
龍馬伝(主演:福山雅治さん)以来の当たり年ですね。
真田丸、広島カープといい、今年の色は赤でしたね。

Takuma@一般道各駅停車の旅




   
 

[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-13 22:01 | VIVA!MUSIC & DRAMA!! | Comments(2)
2016年 11月 09日

激動の世界情勢

f0040493_23560372.jpg
えらいことになってしまいました。
トランプ大統領誕生・・・。
アメリカ国民の世論って、そんなレベルなのですかね?
今年はBREXITのイギリス世論といい、なんだか常軌を逸した判断が多いですね。
まあ、英国の問題は日本にはさほど影響が大きくないと思いますので、正気を保てていましたが、
トランプ大統領問題は世界の勢力分布図を揺るがしかねない大事件と考えています。
特に中国とロシアと北朝鮮は大喜びをしているのではないでしょうか。
「これで堂々と尖閣諸島に上陸出来る」(中国)
「このまま北方2島を返還すれば、日米同盟に致命的な楔を打てる。」(ロシア)
「アメリカの後ろ盾のない日本など、わが国のミサイルで一蹴だ」(北朝鮮)
ちょっとデフォルメして言えば、こんなところですか。

それにしても、どうしてトランプ氏だったのでしょうか?
これに関して、私は一つのある仮説を確信しています。
トランプの人間性が認められた訳ではなく、
現在の多くの米国民の生活への不満が一気に爆発した結果であると考えています。
ひとつのキーワードが「格差社会」ではないでしょうか。
貧富の差が広がるにつれ、超一部の超富裕層と多くの貧困層が生まれ、ピラミッド型の社会となる。
こんな社会が資本主義の行き過ぎた今のアメリカの現状なのでしょう。
これに対して選挙権は等しく国民に1票与えられています。
すると多数決になると
フラストレーションの溜まったマジョリティの貧困層が上回ってしまうのでしょう。
要はトランプに投票した人たちの多くは、
「国がぶっ壊れても良いから、現状を変えてくれ!」
という半ば自暴自棄になっている人の票も多く含まれているのではないでしょうか。
日本でもいるじゃないですか、
自分の将来に希望が見出せなくて、無差別殺人に走ったりする人が・・・。
まあ、この例は少し過激かもしれませんが・・・。
とにかく自民党政権は変えてくれという世論から未熟な民主党が政権を担い
日本を滅ぼしかけた苦い経験を思い出さずにはいられません。

さて、これに対して日本はどうしましょうか。
戦後初めて独立するしかないのでしょうかね。
1100兆円の借金の中、防衛費を一桁増やせますかね?
世界で唯一の核被爆国が核武装出来ますかね?
出来ないとなると、
スラム街を無防備に札束を紙袋に入れて持ち歩くような状況なんじゃないですかね。
性的犯罪者の群れの中を、ビキニの美女が無防備に歩くようなものじゃないですかね。

平和ボケした日本に、牙をむく勇気と気概が残っていますかね。
性善説で「国境を越えて攻めてくる者などいない」とか言っていた人の動向を
今後は注目していきたいと思います。
ボクは悲観主義者なんですかね?
願わくば、僕が単に悲観主義者であるが故に、この不安が取り越し苦労であることを願いたいです。
後になって遡ってみれば、11月9日が日本の悪夢の分岐点であったなんてことにならないことを
ただ、ただ、祈念するのみです。

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-09 23:40 | 柄にもなく・・・ | Comments(4)
2016年 11月 08日

最上級を求めて

半世紀生きてしまったので、残りはせいぜいあと20、30年。
もしかして1年足らずで逝ってしまうかもしれないのが人生というもの。
ならば、もっと、もっと、毎日を、今を、大切に、楽しくしていかないか!!034.gif

こんな思いで最近は少し「本物」を追求してみたい気分なんです。
例えば牛ステーキとかとか寿司とかっていうグルメは日本で最上級のモノを味わいたい!!
あ、別に世界一でも宇宙一でもいいのですが、
多分この3品だときっと日本一=世界一・宇宙一でしょうから・・・。



f0040493_19340722.jpg
牛ステーキはやはり松坂牛ではないでしょうか。
「まつざかぎゅう」じゃないよ!「まつさかうし」!!033.gif
最高級ブランドなんだから、間違えたら怒られるよ!!
昨晩、友人に怒られました!!041.gif
サーロインステーキで3万円位でしょうか。
三重県の温泉旅館で食すのが一番雰囲気があるのでしょうが、
肉だから東京のレストランで食べてもいいか?


f0040493_19343929.jpg
さて、東京のレストランでは済まないのが鮮度が命の海鮮モノ!!
冬の味覚、蟹。
この蟹の最上級のブランドガニ、中でも京都県の間人(たいざ)蟹と言ったら、
蟹評論家のTakumaの一押しの憧れの品!
三国港(福井県)とか津居山港(兵庫県)とか境港(鳥取県)とかって凄いブランド蟹の水揚げ港なのですが、
間人港(京都県)はやはり別格のようですね。
緑色のタグが間人蟹の証!!
このタグごとほおばって食べてしまいたい!?031.gif
でも、蟹評論家が、この間人蟹を食べた事ないって・・・。042.gif
さて、こちらも1杯3万円ってところですね。
「一匹」じゃないよ!蟹の単位は「杯」です!

同じ最上級食材で3万円って言ったら、牛肉ですかね?蟹ですかね?
いやいや、どちらでもあります!両方です!
絶対に人生の味覚に両方とも刻みましょう!
そんなこんなで、最近は間人蟹を出す旅館ばかりをググっています!

こればかりは、妄想では済ませられそうもありません・・・。

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-08 18:53 | グルメ | Comments(4)
2016年 11月 07日

YOKOHAMA が今、熱い

f0040493_21303916.jpg
かけがえのない仲間が横浜に集まりました。
思えば27年前に知り合ってから、たくさん幸せとか安らぎとか勇気とかをもらった仲間です。
そんな仲間たちと飲むワインはヴィンテージの超高級ワインよりも絶対に旨いんです。
潮風の香りのするYOKOHAMAで週の初めから最高の夜を楽しませて頂きました。
あと40年、絶対にお付き合い頂きたい真の友人たちでした。

Takuma@一般道各駅停車の旅





[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-07 21:25 | その他 | Comments(2)
2016年 11月 06日

VANTECH Cyda(シーダ)デビュー!

f0040493_17151501.jpg
ついに出ちゃいましたね!018.gif
VANTECHから、新たなキャブコンが!!
あのライトキャブコンの名車ATOM(アトム)からバトンを継いだのは「Cyda(シーダ)」
残念ながらこの週末はお台場のキャンカー ショーは行けなかったので、実車が見れた訳ではないのですが、
VANTECH社のHPにちゃんとUPされてるじゃないですか!!005.gif
食い入るように見ちゃいましたよ。
現車のNOBLEに何の不満もなく、買い替える予定も全くないのですがね・・・。039.gif


f0040493_17401259.jpg
まず、第一印象は「上品だな」という感想です。027.gif
ライトキャブコンといっても、そこは最大手VANTECHが作るんです。
日曜大工っぽい所は皆無で、本当にプロの仕事がなされています。079.gif
デザイナーさんの腕が凄いのかな。
NOBLE~ZIL~520と繋がっている上品な内装を、なんとライトキャブコンのCydaが継いでいます。
出し惜しみしませんねえ、VANTECHさん!!
NOBLEのオーナーとしては、もっと出し惜しみして欲しい!?034.gif
この内装が欲しければ、ブランドである「ZIL」シリーズまで上がってこい!みたいな・・・。
ははは、冗談です。良いものは、どんどん水平展開しちゃいましょう!!041.gif


f0040493_17440854.jpg
さて、内装でひと際目を引いたのはシートの一部にアクセント的に入れられたブルーの色。
これは、ライトキャブコンっぽく、POPですね。069.gif
好みが分かれそうなところですが、ライトキャブコンというと若いオーナーも視野に入れなければいけないので、
シニアのオジサンとしても、まあ、納得!?003.gif
それにアームレストがアイデア賞じゃないですか!
シートの幅が広がったり、アームレストになったり・・・。
これはNOBLEにも移植して欲しいなあ。017.gif
あとね、エントランスドア!
ZILシリーズより豪華にして、どないすんねん!!074.gif
今すぐにNOBLEのエントランスドアを無料にて交換しなさい!031.gif


f0040493_17450422.jpg
それとマルチルームのポータブルトイレとその上の間仕切りは中々のアイデアですね。045.gif
これで荷室としてもトイレとしても使用可能ですものね。
コストを抑えたいライトキャブコンファンとすると、これで十分過ぎるのではないでしょうか。

さて、コストという言葉が出ましたので価格を見てみましょうか。
・・・!!046.gif
なんと、5,378,400円!!005.gif
ライトキャブコンで500万円超えー!?008.gif
うむむ、ほぼ100点満点をつけようと思っていましたが、この価格・・・。
その昔、ZILが498万円で買えた時期ってありませんでしたっけ?
そりゃ、良い訳だ、500万円超えだもの!!
コルド リーブスが6,048,000円・・・。
その差、約70万円。
ずばり、ボクならリーブスです、絶対に!!045.gif
Cydaという車。
どうやら、コストを低くしたいユーザーが対象ではなくて、
小さいサイズでも豪華な空間が欲しいユーザー向けか・・・。
新たな客層を掴むか?我がVANTECH!034.gif
ATOMのように語り継がれる名車となるのか?それとも???

Takuma@一般道各駅停車の旅








[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-06 17:30 | キャンピングカー | Comments(12)
2016年 11月 04日

PPAP

f0040493_13070753.jpg
いやあ、凄い瞬発力ですね、ピコ太郎さん!
何が面白いのか分からないとか、気難しい顔して批判的な意見を言う人もいますが、
わたしは凄いハマり方をしています!
あのメロディーと画像を見ていると単純に気持ち良いです。071.gif
何だか左脳で解明するよりも先に右脳に直接響くと言いますか・・・。
「ペンパイナップルアッポーペン」も素晴らしいですが、
「貸してくださいよ」を始めとして他にも気持ちのいい曲が沢山あります。
何が素晴らしいかって言うのは自分でも説明出来ません。003.gif
でも、癖になってしまいます。
お腹いっぱいなのに、締めにラーメンを食べたくなるような感じとでも言いましょうか?

また、特筆すべきはプロデューサー(?)の小坂大魔王さんが大ベテランの芸人さんで、
トークが安定していて面白いところです。
もう、完全に芸が確立されていて、見ていて微塵も不安定感を感じません。
本当に面白く有能な芸人さんだと思います。
こんな苦労人の芸人さんにスポットライトが当たるなんて、世の中もまだ捨てたもんでもないですね!
今年の忘年会の二次会のカラオケでは、皆さんPPAPで盛り上がりましょう!024.gif
そして願わくば、流行語大賞と紅白歌合戦出場、これを願っています。
来年はピコ太郎さんはいなくなってかもしれませんが、023.gif
きっと小坂大魔王さんが笑わせてくれるでしょう!
私としては凄く期待しています。

ペンパイナップルアッポーペン!004.gif060.gif

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

# by ichikakutabi | 2016-11-04 23:59 | VIVA!MUSIC & DRAMA!! | Comments(2)