ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 30日

遠江入り

f0040493_11083508.jpg
再び登場、井伊直虎にわか家臣Takumaである。
その後、主君である井伊直虎公ゆかりの地巡りがその舞台を遠江に移しておる。
まずは、朝一番で今川氏の山城、高天神城跡に行ってまいったぞ。
登山道のような道のりを経て、たどり着いた本丸から見る太平洋はまた格別なものであったぞ。



f0040493_11101082.jpg
次に訪れるは今川氏の家臣である朝比奈殿の御城、掛川城である。
天気が良くのう、青い空に鯉のぼりと城が、良う映えておったわ。
これで今川氏も当分安泰じゃのう!
・・・と、言うておこう。



f0040493_11121083.jpg
掛川城にほど近い城下町内に十九首と言う住所がある。
なんとも物騒なこの名前じゃが、平将門時代から生首の検死の場所だったそうな。
そして、我が井伊家の殿様、直親様もここで悲運の最期をとげたそうな・・・。
現代の世では十九首塚として掛川城下にひっそりと佇んでおった。
直親様含めて十九人のご一行に合掌。
また、ここでは観光案内であるボランティアの先達の話が本当に興味深かったのう。
ここ十九首塚で直親様が惨殺されたという事実は、
地元掛川市では昨年資料が出てきて初めて認知されることになったそうじゃが、
30kmも離れた井伊家の本領である浜松市井伊谷では
証拠になる資料はないのにもかかわらず、
古くからの言い伝えだけで住人の共通認識としてあったそうじゃ・・・。
なんとも、歴史ロマンの奥深さを感じるところじゃのう。
それゆえ、十九首塚の住民は
大河ドラマの撮影が始まって以来、観光客が増加した理由が分からなかったそうじゃ・・・。



f0040493_11122158.jpg
相模の国の大名より進められたら遠江名物があってのう。
名を「さわやか」という。
いわゆるハンバーグレントランなんじゃが、すこぶる美味であった。
ただし、その人気故に凄い入店待ちで、その時間たるや、なんと一時間半であったぞ。
あっぱれじゃ、「さわやか」!!



f0040493_11122833.jpg
掛川城からは浜松城に移動して家康公にご挨拶じゃ。
ここで驚いたのは立派な駐車場が無料なこと。
家康様、かたじけのうございます。
城内地下の石井戸も興味深く拝見つかまつりました。
また引馬城跡、東照宮も参拝いたしましたぞ。



f0040493_11123434.jpg
悲運の築山殿、いわゆる瀬名姫は正真正銘の徳川家康公の御正室。
そのお方が、暴君織田信長公との政の事情とはいえ、夫家康公に殺められるとは・・・。
瀬名姫が眠る西来院と、姫の血が現れた場所、大刀洗の池が浜松城下に残っておる。
築山殿、心よりお見舞い申し上げる。
そなたは生まれる時代が悪すぎた・・・。



f0040493_11124799.jpg
本日の汗と疲れは「あらたまの湯」で流すとしよう。
ここの湯はヌルヌルスベスベで、たいそう心地良かったぞ。
設備も料金も文句無しじゃ!
あっぱれじゃぞ、遠江国、浜松っ!


さてと、今宵の宿、浜松サービスエリアに向かうとしよう。
もちろん一般道各駅停車の旅的には下道エリアのPスペースじゃ!
はははは。

Takuma@一般道各駅停車の旅




[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-30 20:30 | 旅日記 | Comments(0)
2017年 04月 29日

駿府入り

f0040493_11055876.jpg
御免、我は井伊直虎にわか家臣Takumaである。
この度は主君である井伊直虎公ゆかりの地巡りが始まっておる。
まずは、主君が仕える今川氏の館に挨拶つかまつる。
義元公にお目通り願いたい。
ん?家康公?
それは竹千代ではないか?
我がお会いしたいのは今川義元公にあるぞ。
ここは駿府城ではないのか?
何?駿府のこの城下町は全て徳川の町?


f0040493_11071140.jpg
それでは仕方ない、竹千代を呼んで頂きたい。
何?浅間神社で元服の最中であると・・・。
おお!素晴らしい神社ではないか!
まるで、日光東照宮を見ているようだぞ。
聞けば立川流の彫刻だそうではないか!
あっぱれじゃ!竹千代!!
ところで、徳川とは誰ぞ?笑



f0040493_11081272.jpg
今川氏の繁栄にその人ありと言われた軍師あり。
その者とは太原雪斎。
この知恵袋が健在であったならば、義元公も桶狭間で露と消えゆく事も無かったろうに・・・。
その雪斎を今川氏が招いた寺、臨済寺
ここには、とても厳かで悠久の時間が流れておったぞ。
今は亡き太原雪斎殿の墓に手を合わせるとするか。


f0040493_11082837.jpg
本日、最後に訪れるは、我が主君直虎様の叔父である新野左馬助殿の墓舟ヶ谷の山城跡よ。
本日、我々の訪問を祝ってか、綺麗な虹が出ておるではないか!
さすがは、我が井伊家一門!
大東温泉も頂いたことであるし、そろそろ酒でも飲んで休もうかのう。

Takuma@一般道各駅停車の旅



駿


[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-29 21:23 | 旅日記 | Comments(0)
2017年 04月 27日

次にキャンピングカーを買い替える時

f0040493_00161269.jpg
3台のキャンピングカーを乗り継いできた年月、19年。
なんだか、数字にするとビックリですね~。
マヨルカ、アウトドアジュニア、NOBLEと乗り継ぎましたが、
3台とも本当に満足のいく車でした。
現車のNOBLEも本当に文句がありません。
だから、全然買い替えって考えていないのですが、
このまま、あと20年乗れるかというと、少し現実的ではないですよね。

そこで、なんとなく考えたのですよ。
次にキャンピングカーを乗る替えるとしたら、どんな時かな、と・・・。
初代のマヨルカは真夏のエアコンの必需性と都内の排ガス規制で乗り換えました。
二代目のアウトドアジュニアは何の不満もないまま追突され廃車扱いになりました。
三代目で現車のNOBLEはどうなんだろう、と・・・。

それは、やはりベース車の性能アップに尽きますかね。
カムロードもなかなかのコスパかと思いますが、
全く文句が無いかと言われればそれは違います。
まずは、燃費の良いアイドリングストップ付のハイブリッドが良いですね。
次に乗り心地。
エアサスでなんとかするとかっていうレベルじゃなくて、
何?この乗り心地!?レクサスか?っていう位!(妄想モード)
あ!値段はレクサスじゃダメだよ!

それとやはりキャンピングカーの最高峰、クラスAへの憧れもあります。
国産車ベースでNobleと同じ位のサイズで出来ないかな~。
かつての名車のエクステージなんてかなり良いところ突いてたな。

妄想すればキリがありませんが、
私にとってはNobleも大満足なので、
買い替えは近い将来には無さそうです。

Takuma@一般道各駅停車の旅



3


[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-27 18:15 | キャンピングカー | Comments(2)
2017年 04月 25日

親孝行月間 第二弾

週末に行ってきた義父とAKOとの3人旅はとても想い出深いものになりました。


f0040493_19463195.jpg
金谷旅館の千人風呂の趣深さは言わずもがな、


f0040493_19534866.jpg
伊豆の海の幸を満腹に頂いた夕食の旨さ、


f0040493_19471055.jpg
そして下田の街の素朴さ、


f0040493_19465978.jpg
竜宮屈の圧倒的な大自然の壮大感。



f0040493_19472174.jpg
でも、何より素晴らしかったのは義父であり会社の大先輩の派目を外した笑顔でした。
わたしとのやり取りを聞いていた旅館の方々は
てっきり私の実父と嫁のAKOの旅だと思ったそうです。
そんな誤解を受けたことを何とも嬉しく思います。
ね?
天国のお義母さん、見ててくれた?
お義父さんったら、気分よく酔っぱらって笑っていたんですよ。

Takuma@一般道各駅停車の旅





[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-25 19:39 | 旅日記 | Comments(2)
2017年 04月 22日

伊豆下田河内温泉 金谷旅館

f0040493_22173202.jpg
珍しく静岡県に来ています。
さらに、珍しく伊豆下田なんて、伊豆半島の先端まで・・・。
渋滞が激しく物価が高いっていつも文句を言ってる伊豆半島に私が!?

その理由はですね。
千人風呂なんですよ。
今夜の宿、ここ金谷旅館は木造建築の伝統的な宿。
豪華絢爛、最新鋭が大好きな人には何の関係もない、
でもね、和の趣に癒されるのに幸せを感じる人には
最高の、そんな旅館があるのです。

さらに、そんな旅館に魅力的なお風呂が・・・。
その名も「千人風呂」。
千人風呂って、いくつかありますよね?
酸ヶ湯温泉とか川湯温泉とか・・・。
そんな中、ここ伊豆下田にも千人風呂があります。
ここに一度来たかったんですねー。

チェックインを済ませて早速義父と入ってきましたが、
いやあ、素晴らしいお風呂でした。
温泉の泉質は無色透明無味無臭で取り立てて感動するところはないのですが、
木造建築の大きな湯船は大きな期待を少しも裏切ることなく素晴らしいものでした。

さて、そろそろ夕食として伊豆の海の幸が運ばれてくる時間ですね。
お風呂上がりのビールがとても幸せな時間を運んでくれています。



f0040493_19534866.jpg
追伸
深夜の千人風呂独り占めもまた格別でした。

Takuma@一般道各駅停車の旅










[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-22 17:40 | 温泉 | Comments(4)
2017年 04月 20日

レクサス侵入計画 続編

f0040493_22190006.jpg
凄いらしいじゃないですか!
レクサスLC!!
トヨタさんの目標である月間50台を大幅に上回る受注1800台!
1300万円の車を1800人が飛びついて購入した訳です。
世の中、お金持ちはたくさんいるのですね~。

それでボクも買おうと思って(爆嘘)、
勇気を出して行っちゃいました、レクサス!!
会社帰りだからスーツ着用です。
これならば庶民とお金持ちの差が出ないだろうという作戦!笑

行ってみたらありましたよ、ラグジュアリースポーツクーペLCが!
しかも、ボクが買うホワイトガラスフレーク色が!爆
ショーウインド越しに見るLCは、
思ったよりもコンパクトに見え、
でも、リアフェンダーのボリューム感などを含めて、
予想通りのカッコ良さで、しびれました!

清水の舞台から飛び降りる決死の覚悟でエントランスに向かったら、
なんと、定休日・・・。
まさか、ボクが行くのを察知して
閉めちゃった訳じゃないでしょうねえ。笑

なあんだ、開いてたら一台買おうと思ったのに!爆

Takuma@一般道各駅停車の旅





[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-20 23:48 | 妄想系・物欲系 | Comments(0)
2017年 04月 19日

最高のコラボレーション

f0040493_22200740.jpg
僕は何の才能もなかったのですが、
私の幼なじみと20年来からのキャンピングカー仲間が
今、世間から一流という評価をもらっています。

そしたら、その方を繋げれば、
グルメ界に一大ムーブメントが興せそうという事で企画しました。
その舞台は絶対に一流シェフのお店でということで「SPOON」になりました!
全国区のはんつ遠藤氏、ブランド農園オーナーkimura氏、本格イタリアンSPOONシェフ。
今宵はありがとうございました。
物凄い競演となりました。

Takuma@一般道各駅停車の旅





[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-19 22:51 | グルメ | Comments(2)
2017年 04月 17日

LEXUS店に潜り込むには・・・

f0040493_20451736.jpg
キャンピングカーに乗るようになって18年。
とうことは、乗用車から降りてから18年。
ノロマで不格好な車を乗るようになって久しいですが、
まだまだ、車というものの美的感覚が無くなった訳ではありません。

このところ、素晴らしくカッコイイ車が出ましたね。
LEXUS LC
日本が誇る世界のTOYOTAの最上級スポーツクーペ!!
ネットで最初に見た瞬間、余りにもカッコ良くて思わずポチりかけました!?(意味不明)
その価格、1,300万円!!
庶民の私には本来何の関係もない車・・・。
でも、カッコイイ!!
一度見たい!
ボンネットに頬を押し付けてスリスリしてみたい!?

そしたら、先週の新聞にレクサス店のLCデビューフェアーの広告が入ってました。
広告を入れるってことは「来て下さい。_(._.)_」って言ってる訳ですよね?
ね?ね?
このボクに「是非、来てください。_(._.)_」って言ってるんでしょ?
洒落た黒塗りのLEXUS店に「足を踏み入れて良いよ。」って言ってるんですよね?
行ってみたら、「おめえじゃねえよ、この平民野郎!!」とか言わないですよね。

そこで、少しだけセレブの世界を社会科見学したくなってきた私であります。
でも、凄く怖い・・・。
だって、黒い看板のLEXUSのお店ですよ。
まず、ドレスコードで摘み出されるってことはないのですか?
ほら、バブルの時代にディスコであったでしょう、
「あなた、田舎者でしょう?入店しないで下さい!」みたいな・・・。
「うちはLEXUSだよ!わかってる?貧乏臭せえ奴は来んなよ!」みたいな・・・。
「ハゲ来んな!」って、てめえ、今、ハゲって言ったな!!
車とハゲは何の関係もねえだろが!!

でも、憧れのスポーツカーLC、
1300万円もするスポーツカーLC、
これが、どうしても見たい!!
そこで、色々と作戦を考えました。

【作戦1】
 庶民だけど、無理して頑張って買ったキャンピングカーのオーナーだぞ!
 これで乗り付けて、余裕をかまして言おうか。
 「キャンピングカーのセレブ感も良いけど、そろそろセカンドカーの乗用車にも金をかけようか。」

【作戦2】
 作戦1よりはお金を持っていない設定で、
 「キャンピングカーも飽きたから、そろそろ同じ値段の乗用車なんぞを・・・」
 全然、同じ値段じゃ、ないんですが・・・。汗

【作戦3】
 今の等身大の自分を正直に・・・。
 「あまりにもカッコイイから、一度この目で見たくて。」
 頬の脂をボンネットに押し付けるのは我慢して・・・。

【作戦4】
 もう、庶民、平民は隠してもバレちゃうから、正々堂々と一般庶民丸出しで、
 「フェアって広告を打ちましたよね?ご来店お待ちしておりますって書いてありましたよね?」


色々と作戦を企てましたが、結局踏み切れませんでした。
黒塗りのLEXUS店、あの中は一体どんな空間なのですか?
この世の楽園っていうのは本当なんですか?(ホントか?)
貧乏臭い私が入ったとたんに警備員に連行されるって本当ですか?

でも、見たい、LC!!

Takuma@一般道各駅停車の旅








[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-17 20:44 | 妄想系・物欲系 | Comments(12)
2017年 04月 13日

小学時代の日暮里駅はエキサイティング

はい、すいません。128.png
独りよがりのノスタルジーとマニアックな記事です!129.png
先日583系が引退したとのニュースを見たものですから・・・。
え?何の事だかサッパリ分からない?
はい、またまた、すいません。
鉄道の話です!

その昔、Takuma少年は小学校の頃、西日暮里の塾に電車通学していました。
その際の乗換する日暮里駅が、かなり鉄道マニアの欲求を満たしてくれていました。
東北上越新幹線なんて、まだ走っていなかったその頃の話・・・。

今ですら、味気ない新幹線と通勤用の普通列車しか走っておりませんが、
その昔は特急列車、急行列車、寝台列車、普通客車、気動車とまあ、
様々な列車が行き交っておりましたなあ。

まずは雑魚から・・・。
あっ、雑魚とは、あまりテンションが上がらないよく見る列車の事です。

f0040493_20015329.jpg
まずは雑魚中の雑魚!
今は宇都宮線とか高崎線とかって呼んでますが、
その昔は確か東北本線って統一して呼んでいたような気がします。
その東北本線の普通列車115系です。
これが来ると、「ああハズレ」なんて思ってましたね。
でも、ステンレス車両全盛の今となっては、少し心躍ります。
今でも都心を離れると現役で活躍していますね。



f0040493_20043217.jpg
同じく東北本線を走る雑魚!
特急なのにしょっちゅう走っていて、希少性が全くなかったのが仙台行き特急「ひばり」。
485系の赤い帯を見ても、「ああ、ひばりね」みたいにして、冷めていましたっけ。
国鉄がJRになってしまってからは、赤い帯ではなくちゃちゃって、相当カッコ悪くなってしまいました。
やはり485系は国鉄カラーが一番よく映えます!



f0040493_20505397.jpg
同じく雑魚でも、常磐線を走る雑魚はあずき色の415系。
今でこそ、常磐線は緑だったり、青だったりしていますが、昔は常磐線と言えばこのあずき色!!
ね?常磐線「取手」駅以北の方々!!



f0040493_20511396.jpg
次に雑魚から少々テンションが上がる列車に移りましょう。
赤帯でも485系と違って、当時すでに引退が迫っていた流線形の特急。
「とき」「あさま」「いなほ」「白山」「白根」とかに使用されていました。
481系が主流でありましたが、たまに見かける前方の赤い鉢巻の181系。
これに中々テンションが上がってました。




f0040493_21585551.jpg
そして少々テンションが上がる列車の常磐線版はこの列車、キハ58の急行「ときわ」。
都心にあって気動車のキハ58ですよ、気動車!!
今、都心から気動車に乗ろうと思ったら、八高線か小湊鉄道?
まさか、川越線が電化されるなんて、当時のTakuma少年からしてみると全くもって想定外です。
急行ときわ号が行く先は「平」駅。
今の「いわき」が当時は「平」っていう駅だったんですよ。



f0040493_20513740.jpg

最後にテンションが最高になる希少列車をエキサイティングな気持ちで紹介いたしましょう。
まずは、今回の記事のきっかけになった583系の話から・・・。
赤い帯の特急には上がらなかったテンションも青い帯になれば話は別です。
なぜなら、青い帯は寝台列車にもなるからです。
寝台列車って、独特の趣と寂しさがあるじゃないですか。
これこそが、鉄道マニアの涙腺であり、アキレス腱であります!?
もう、なんだか、言っている意味がよく分からなくなってきていますが、
何しろTakuma少年はこの583系が大好きだったんです。
「はつかり」がデフォルトだったのですが、運が良いと「はくつる」が見られたりする訳です。
双方とも青森行きの特急でしたが、「はつかり」は特急、「はくつる」は寝台特急でした。
また、双方とも東北本線経由でしたが「ゆうづる」という常磐線経由の寝台特急もありました。
ちなみに「はくつる」号は、当時の寝台特急の中で表定速度が最高の列車でした。



f0040493_20122502.jpg


最後に紹介するのは、大好きな583系よりもテンションが上がっちゃう列車。
この列車は常磐線にしか走っていませんでした。
EF80という電気機関車が引っ張る旧型車両。
この普通列車がなんとも希少でテンション上がりました。
今では信じられないですが、ドアが手動なんです。
ですから、列車が動き出してもドアを開けてとび乗れるんですよ。
また、走行中にドアを開けてスリルを味わえるんですよ。
今でも、どこかで走っているのかなあ、手動ドアの客車。
今では安全基準がどうのこうのって、心の狭いクレーマー社会から一斉攻撃を受けそうですね。



さて、本当に昔の日暮里駅はエキサイティングでした。
当時もメジャーは東京発の列車で、九州行きブルートレイン群が花形でしたが、
それだからこそ、上野発の裏街道の列車群に魅力を感じていました。
そんな鉄分が583系の引退の記事で一機に噴火してしまったのでした。
マニアックな記事に最後までお付き合いくださってありがとうございました。


Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-13 20:34 | その他 | Comments(6)
2017年 04月 11日

酒・夜・眠・朝・老・疲

f0040493_19440501.jpg
昨夜は懐メロ169.pngを聴いてたら、気持ちよくにゃっちゃってさ・・・。126.png
いけないと分かっていながら、
酔っぱらって夜更かしにゃんて事をしてしまいました。177.png

そしたら、どうでしょう。
本日、予想通りの日中の眠気と疲労感・・・。149.png
昨夜が天国だとすると、今朝は地獄。
家でまわるくなって昼寝してたかったにゃあ。120.png

でも、そんな荒れた生活の芽を会社が摘んでくれているんだにゃあ。
会社が無かったら、すぐに昼夜逆転してしまいそう・・・。
怖、怖っ!!152.png
まだまだ暫く、頑張って働きましょう!?106.png

それにしても、50歳を超えて、
益々体力の衰えに拍車がかかってきた感があるにゃあ・・・。119.png
ああ、疲れた・・・。153.png

翌日が仕事の日はお酒は23時までとしよう。
とりあえず、本日はノンアル日にして、疲れをとるにゃん。101.png

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-11 19:23 | 笑撃の告白 | Comments(0)