<   2016年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 29日

大好きなお方

f0040493_00501176.jpg
今日は、大好きな副社長と久しぶりに飲めてご機嫌モード!
本当にこの方は神かと思う位、凄い方です。
「勝手に惚れさせてもらっています。」が毎回僕のセリフ!
おかげで日本酒を飲み過ぎて、新宿~本八幡~笹塚のスリーパットの途中です!
でも、まだ帰る電車あるし、成田じゃないので、全然OKです!
ういっす。今日も良い日でした。

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

by ichikakutabi | 2016-11-29 23:36 | ・・・ぐう・・・ | Comments(6)
2016年 11月 27日

とりとめのない幸福

f0040493_21482444.jpg
なんてことはない普通の日曜日。
いつも行くかっぱ寿司も良いけどさあ、
もう少しだけ良いお寿司が食べたいよね。

それで回らない寿司に行けばいいのに、いけないのが三流サラリーマンの性。
家の近くにある銚子丸っていう僕ら庶民からすると高級寿司を食べに行きました。
美味しいねえ、このマグロ。
ふわふわだね、この穴子。
うわあ、旨いな、炙りたらこ。

すいませんね、貧乏くさくて!!
でも、こんな妻とのとりとめのない休日が実は一番幸せだったりします。

Takuma@一般道各駅停車の旅








[PR]

by ichikakutabi | 2016-11-27 21:39 | 柄にもなく・・・ | Comments(4)
2016年 11月 26日

PINARELLO落車

f0040493_19315510.jpg
週末にオフ会が入っていたり、雨が降りそうだったり、布団が恋しかったり、
週末に旅行の予定が入っていたり、二日酔いだったり、布団が恋しかったり、
資格の試験日だったり、風邪気味だったり、布団が恋しかったり、
なんだかんだ理由があって自転車に乗れていませんでした。
でも、いくつかは「理由があって」じゃなくて、「理由をつけて」でしょ!>自分
秋から冬に移るこの季節は、本当に布団から出るのが大変ですね。
一度、前日にサイクルパンツを履いて寝るという工夫をしても出られなかったことも・・・!?

でも、食欲増強と有酸素運動減少の影響でお腹が50歳のオヤジになってきてしまいました。
あれ?おかしいな!オレのお腹はうっすらと割れてなかった?
ヤバイ、ヤバイ・・・。
でも、このお腹の醜態はさすがにモチベーションになったようです。
のこのこPINARELLOを出してきて、いざすみたへ!!

開店一時間前にお店に到着すると、予想通りポールポジションをゲット。
最近は順番に名前と人数を紙に書く方式になったので店頭で待つ必要がありません。
寒い冬などは、これがなんともありがたいですね。
それで赤羽の西側の高台をポタリングします。
そこで事件が・・・。

f0040493_19322367.jpg
のんびり街並み眺めながら走っていたんです。
「この建物は何の建物だろう?」なんて横を向いていたら、突然目の前にガードレールが登場!
慌てて避けようと思いましたが、右ペダルにガードレールが引っ掛かり敢え無く落車・・・。
買ったばかりのカーボン製・・・ではないカーボン柄のボトルケージが割れ、
本当のカーボン製の3Tの高級ハンドルバーが割れ・・・てはいなく傷がつき、
お気に入りのパールイズミのサイクルジャージがビリビリに破け・・・てなく少しだけ汚れ、
足を痛打して骨折・・・しているような痛みはどこにもなく・・・。
な~んだ、大したことなかったじゃん。
ああ、良かった。
これからは、気をつけて前をむいて走ろう!(当たり前)
脇見運転事故の元。

Takuma@一般道各駅停車の旅









[PR]

by ichikakutabi | 2016-11-26 18:59 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(10)
2016年 11月 24日

11月の結晶たち

f0040493_20320391.jpg
11月の東京の空に白い結晶たちが降りてきたよ。
それもアスファルトに綿帽子のお化粧が出来る位。

ほう、今年は少し早く降りてきたんだね。
でも聖なる夜には、まだちょうど1ヶ月早いよ。
月を間違えちゃってないよね?

来月の今日も、きちんと聖なる街を白くお化粧してよね。
愛し合う恋人たちに、素敵な想い出が出来るようにね。
約束だよ。

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

by ichikakutabi | 2016-11-24 20:20 | 柄にもなく・・・ | Comments(4)
2016年 11月 22日

趣温泉の魅力

f0040493_22265825.jpg
北海道なら登別、東北ならば秋保、
関東なら草津、箱根、鬼怒川、
東海なら熱海、下呂、
甲信なら野沢、石和・・・。
東日本で有名な温泉地を挙げただけで、これだけ出てきます。
さらに西日本にも、有馬、城崎、道後、別府、指宿と有名温泉は数知れず・・・。
所謂、有名温泉は、それはそれでとっても魅力的で、
大規模ホテルが集まった華やかな温泉街、
湯量豊富ゆえに可能なでっかい露天風呂、
集客力ゆえに可能な豪華絢爛の懐石料理の夕食等・・・。


f0040493_22271522.jpg
でも、そんな陰で人知れずひっそりと佇む趣温泉の存在を忘れてはなりません。
休日でも閑散とした街並み、街に散見される湯治宿跡の廃屋、湯量が限りあるので小さな湯船・・・。
ただし、その自然の風景の素晴らしさ、鄙びた温泉の趣深さ、小さな湯船で守る源泉かけ流し。
今回の安曇野ツアーで訪れた信州田沢温泉、霊泉寺温泉は、そんな趣温泉の良さを再認識させてくれました。
ヒビの入ったコンクリートの共同湯はシャワーも付いてないし、露天風呂なんてありませんでしたが、
そこにある極上の湯と空間と時間は、便利さとか豪華さとかと無縁の、それでも確かな魅力がありました。

青森薬研、山形小野川、福島木賊、群馬湯宿、栃木湯西川、
山梨下部、長野小谷、新潟燕、静岡戸田、岐阜栃尾、
和歌山湯の峰、岡山湯原、島根温泉津、山口湯本、
行ったことのある私の中の趣温泉、
その佇まいを思い出しただけで、すぐにでも再訪したくなります。

Takuma@一般道各駅停車の旅






 

[PR]

by ichikakutabi | 2016-11-22 21:44 | 温泉 | Comments(0)
2016年 11月 20日

安曇野ツアー 2日目

f0040493_00263695.jpg
昨晩は再会した後輩夫妻オススメの地ビールレストラン「ラトリエ・デ・サンス」に行き、
昔話から将来の話まで楽しい時間を過ごしました。
このレストラン、作りたての地ビールとフレンチ主体のメニューがとても美味で、とっても気に入りました。
オーナーに聞くところによれば、車中泊もキャンピングカーもOKだとか!
店内は広いし、近くに民家はないし、オフ会に最適ですね!

美味しいディナーに引き続いては、後輩夫妻の家で二次会です!
Noble号を横付けさせてもらっているので、ついつい遅い時間までお邪魔してしまいました。
後輩夫妻様、本当に楽しい時間をありがとうございました!

さて、明けて本日ですが、あまりに気に入ったので、なんと昨晩のディナーの店にリピートしてしまいました。
ここは、モーニングセットも人気なんだそうです。
最近、テレビでも紹介されただけあって、とても満足のいく内容でした。

さて、楽しい一時もそろそろ終えて、帰路につかなければなりません。
名残惜しいですが、またの再会を約束して安曇野を後にします。
そうそう前回会った時の帰り道にOutdoor-Jrが追突事故に遭ったんだね。
今日は何事もなく帰れる事を信じて帰路につきますね。
ホント、色々とお気遣い、ありがとうございました!

f0040493_00265067.jpg
帰り道は、群馬県登利平ルートと山梨県蓬莱軒ルートと悩みましたが、
渋滞を嫌って群馬県ルートを選択しました。
あー蓬莱軒食べてぇ~!
でも、やはり山梨県ルートは道が・・・。
んで、群馬県ルートを走ります。
紅葉が丁度キレイな時期で走っているだけで楽しいです。
三才山トンネルを抜けると、趣のある温泉が沢山存在する塩田平です。
せっかくだから、立ち寄り湯を楽しんでいきますか。
昨日の田沢温泉も素晴らしかったですし・・・。
んで、今日は霊泉寺温泉の共同浴場に入りました。
鄙びた温泉地の共同浴場は、客が私一人。
いやあ、温泉独り占めで素晴らしいひと時でした。
さて、後は帰るのみです。
今日は無事に帰れますように・・・。

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

by ichikakutabi | 2016-11-20 16:03 | 旅日記 | Comments(0)
2016年 11月 19日

安曇野で歓喜の再会

f0040493_00253836.jpg
寝台急行Noble号は無事に
日本で最初の富岡製糸を越えて、
ゆかりは古し貫前神社を越えて、
紅葉に映える妙義山を越えて、
碓氷峠の関所跡を越えて、
無事に信州の国に着きました。


f0040493_00255462.jpg
信州の国には草笛という美味しい蕎麦があり、
また、田沢温泉という素晴らしいお湯があり、
また、塩田平の紅葉も素晴らしかったです。


f0040493_00261944.jpg
さて、この後はもう、あの男との再会を待つのみです!
安曇野に向かいましょう!

Takuma@一般道各駅停車の旅




[PR]

by ichikakutabi | 2016-11-19 23:59 | 旅日記 | Comments(2)
2016年 11月 18日

区間快速Noble号 安曇野行き

f0040493_00370267.jpg
寝台急行Noble号安曇野行です。
停車駅は藤岡、甘楽、上田、田沢温泉、終点安曇野です。
次の 停車駅は甘楽~、甘楽です。
なお、この先は深夜区間につき、車内アナウンスは休止させて頂きます。
どなた様も寝台にてゆっくりとお休み下さい。

Takuma@一般道各駅停車の旅





[PR]

by ichikakutabi | 2016-11-18 23:34 | 旅日記 | Comments(2)
2016年 11月 13日

大坂冬の陣

f0040493_22000359.jpg
今年も残すところ、あと1ヶ月余。
大河ドラマ「真田丸」が大詰めを迎えています。
先週の「築城」で、本来冒頭に流れるはずのテーマ曲がラストに流れてからというもの、
ついに真田信繁が覚醒して、今夜の「完封」では怒涛のハイライトのラッシュ!
今までは「名将真田昌幸の次男坊」として日陰を歩いてきましたが、
その鬱憤を晴らすが如くの活躍ぶり。
全ては、この覚醒の前振りだったのですね。
そして、あの名言「日の本一の兵」を、「お館様」こと上杉景勝に言わすなんぞは、
三谷先生、憎い演出、感服つかまつりました!!
赤備えの甲冑を身に纏った信繁が、またカッコいい事、カッコ良い事!!
いやあ、シビレました。
堺雅人さん、今さらながら、凄い役者さんです。

いやあ、今年の大河ドラマは大当たりです!
龍馬伝(主演:福山雅治さん)以来の当たり年ですね。
真田丸、広島カープといい、今年の色は赤でしたね。

Takuma@一般道各駅停車の旅




   
 

[PR]

by ichikakutabi | 2016-11-13 22:01 | VIVA!MUSIC & DRAMA!! | Comments(2)
2016年 11月 09日

激動の世界情勢

f0040493_23560372.jpg
えらいことになってしまいました。
トランプ大統領誕生・・・。
アメリカ国民の世論って、そんなレベルなのですかね?
今年はBREXITのイギリス世論といい、なんだか常軌を逸した判断が多いですね。
まあ、英国の問題は日本にはさほど影響が大きくないと思いますので、正気を保てていましたが、
トランプ大統領問題は世界の勢力分布図を揺るがしかねない大事件と考えています。
特に中国とロシアと北朝鮮は大喜びをしているのではないでしょうか。
「これで堂々と尖閣諸島に上陸出来る」(中国)
「このまま北方2島を返還すれば、日米同盟に致命的な楔を打てる。」(ロシア)
「アメリカの後ろ盾のない日本など、わが国のミサイルで一蹴だ」(北朝鮮)
ちょっとデフォルメして言えば、こんなところですか。

それにしても、どうしてトランプ氏だったのでしょうか?
これに関して、私は一つのある仮説を確信しています。
トランプの人間性が認められた訳ではなく、
現在の多くの米国民の生活への不満が一気に爆発した結果であると考えています。
ひとつのキーワードが「格差社会」ではないでしょうか。
貧富の差が広がるにつれ、超一部の超富裕層と多くの貧困層が生まれ、ピラミッド型の社会となる。
こんな社会が資本主義の行き過ぎた今のアメリカの現状なのでしょう。
これに対して選挙権は等しく国民に1票与えられています。
すると多数決になると
フラストレーションの溜まったマジョリティの貧困層が上回ってしまうのでしょう。
要はトランプに投票した人たちの多くは、
「国がぶっ壊れても良いから、現状を変えてくれ!」
という半ば自暴自棄になっている人の票も多く含まれているのではないでしょうか。
日本でもいるじゃないですか、
自分の将来に希望が見出せなくて、無差別殺人に走ったりする人が・・・。
まあ、この例は少し過激かもしれませんが・・・。
とにかく自民党政権は変えてくれという世論から未熟な民主党が政権を担い
日本を滅ぼしかけた苦い経験を思い出さずにはいられません。

さて、これに対して日本はどうしましょうか。
戦後初めて独立するしかないのでしょうかね。
1100兆円の借金の中、防衛費を一桁増やせますかね?
世界で唯一の核被爆国が核武装出来ますかね?
出来ないとなると、
スラム街を無防備に札束を紙袋に入れて持ち歩くような状況なんじゃないですかね。
性的犯罪者の群れの中を、ビキニの美女が無防備に歩くようなものじゃないですかね。

平和ボケした日本に、牙をむく勇気と気概が残っていますかね。
性善説で「国境を越えて攻めてくる者などいない」とか言っていた人の動向を
今後は注目していきたいと思います。
ボクは悲観主義者なんですかね?
願わくば、僕が単に悲観主義者であるが故に、この不安が取り越し苦労であることを願いたいです。
後になって遡ってみれば、11月9日が日本の悪夢の分岐点であったなんてことにならないことを
ただ、ただ、祈念するのみです。

Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

by ichikakutabi | 2016-11-09 23:40 | 柄にもなく・・・ | Comments(4)