<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 30日

ジョイナス月例テニス

f0040493_21313872.jpg今月はコートの抽選が当たったので、テニスが出来ました。
しかも、2面も…。
1面は来月以降に繰り越ししたい気分です。
本日は6名のテニスプレーヤーが集結しました。
かつ先輩とは20年ぶりの再会です。
テニスのフォームは往年のまま!
懐かしいですなあ。
また、久しぶりにダブルスのゲームをしましたが、
相変わらず詰めの甘い自分のプレーに
二流のテニスを痛感したのでした。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2007-06-30 18:41 | その他 | Comments(2)
2007年 06月 29日

人間ウォッチング

本日、忙しかった仕事が一段落しました。
この時期、お決まりの株主総会が終わりました。
そして夜は、料亭で新旧役員の交代会。
私は事務局&パリシ!!

日本酒なんて、絶対に飲みません。
ビールをチビチビやりながら、お仕事モード。
そして、仕えるフリをして人間ウォッチング!!
どのオジサマ方も皆、同じ役員という立場ですが、人間性が出ますね。

下っ端の私にまで、気を遣って頂ける方、
最初から最後まで自慢話と威張り腐ってる「困ったちゃん」、
人間性の差がでますねー。

オジサマ、部下はちゃんと見てますよー。
人間として尊敬できる方だけに、心から仕えます。
それ以外の方は・・・、

上辺だけ仕えます!
時として、歯向かいます!!爆

さて、私も部下から、尊敬される上司でいれるよう、襟元を正すとしましょう。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2007-06-29 23:43 | その他 | Comments(2)
2007年 06月 23日

芝学園110会

f0040493_0122046.jpgなんと22年ぶりの再会がたくさんありました。
そうです、我が母校、芝学園の同窓会「110会」です。
まずは同級生のH先生の案内で新校舎の見学会。
今さんも仕事してました。

その後は大門で飲み会。
総勢30人弱で、昔話に大輪を咲かせました。
昔の仲間は本当にイイですね。
何を言っても、バレてる間柄。
本当に家族のようです。

当日の模様はこちらへ

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2007-06-23 23:36 | その他 | Comments(0)
2007年 06月 23日

プチブーム

最近は讃岐うどん等、あっさりとしたメニューが主な私ですが、
たまに、ラーメンなんぞを食べたりもします。
もっとも、若かりし頃ラーメンの記事で新聞や社内報に載ったりしていたので、
未だに久しぶりに会う方には「まだラーメン食べてるの?」なんて尋ねられるのですが・・・。
f0040493_6275967.jpg
最近我が家でちょっとしたブームになっているのが、これ。
「揚州商人」の酸辣湯麺(スーラータンメン)です。
お酢の酸味とラー油の辛味が絶妙なんです。
これだけ黒酢が入っていると健康にも良さそうで、
「またこんな高カロリーなモノを食べてしまった。しかもスープまで全部・・・」
みたいな、ラーメン特有の食後の罪悪感もありません。笑
昨晩も食べに行きましたが、行く度にハマっていく恐ろしい一品です。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2007-06-23 06:13 | グルメ | Comments(18)
2007年 06月 19日

命というもの

芝学園ギター部時代の先輩が亡くなった。
41歳の若さだ。
思い出はたくさんある。
20年ぶりに再会した。
動かない先輩に無念がいっぱいになる。
私も40歳。
何時死んでも良い生き方の重要性を再認識した。
伸治先輩、ご冥福をお祈りいたします。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2007-06-19 01:41 | 柄にもなく・・・ | Comments(8)
2007年 06月 17日

タイレル初体験

本日、父の日ということで横浜の崎陽軒本店で食事に来ています。
美味しい中華料理の後は、「グリーンサイクルステーション」へ。
本日のお目当ては最高級国産小径車タイレルです。
お店に着くと、真っ先に水色のグラデーションのタイレルSZが目に飛び込んできました。
ミニベロ界一の有名人鈴木店長に早速試乗のお願いを。
いつもながら、とても丁寧な対応に感心です。
f0040493_235147.jpg
早速SZに乗らしてもらいました。
思ったより重く感じるな。
カーボンフォークのありがたみは短い距離じゃあ分からないな。
それにしても溶接の処理とフレームのカラーが綺麗だなあ。
フレームのルックスも最高だなあ。

次にSIです。
店長いわく、思いっきり売れていて品薄らしいです。
もともとタイレルは量産メーカーではないからなあ。
乗る前に、まず片手で持ち上げてみて、その軽さビックリ。
7.9kgはダテじゃないですねえ。
乗ってみると思ったよりは軽さを感じられないのが残念でしたが、
長距離や坂道では絶対にその恩恵が感じられるはず。
前後ともサスはないが、カーボンフォークとスカンジウムフレームで長距離も楽なんだそうだ。
うむむ、SI、ほ、ほ、欲しい・・・。
誰か25万円ちょうだい・・・。

さて、SIの試乗から帰ってくると、
店頭にピカピカのハンマーヘッドが・・・。
ああ、昨日の「サイクルハウスしぶや」でも置いてあったな。
あのハンマーヘッド、ちゃんと嫁いだかなあ。

・・・ん!?

・・・このハンマーヘッド!?

次の瞬間、ハンマーヘッドの横には見慣れた人影が・・・。
ナント、KAZUさんだった!!驚

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2007-06-17 14:53 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(4)
2007年 06月 16日

すみた&サイクルハウスしぶや

f0040493_14102849.jpgショートハンドルにしてから初のポタです。
行き先はいつもの「すみた」。
荒川を気持ちよく流しました。

帰りには「サイクルハウスしぶや」に寄って、店長にカスタマイズの相談を・・・。

なるほど、なるほど。
ロード系の考え方とトライアスロン系の考え方って全然違うんですね。
それでもって、ミニベロはトライアスロン系の考え方なんだあ。
・・・となると小径車用のカプレオが一層気になるところですが、
「ハブの自由度がなくなる」とのアドバイス。
うむむ、奥が深いのね。
それでは、まずはタイヤの451ステルビオ化を考えましょ!
ブレーキのキャリパー化も思ったより軽量化にならないようで、
これでディスクブレーキと長いお付き合いをしていく覚悟ができました。
店長、今度見積もり出してくださいね。

f0040493_14113874.jpgまた、今回はBD-1のスピードドライブ付の試乗車にも乗りました。
すごいギア比だなあ、こりゃ・・・。

また、店の奥には、ピカピカのハンマーヘッドが・・・。
おおっ、ハンマーヘッドだ!!
どうやら、納車待ちらしい。
誰の元に嫁ぐのかなー?

◆本日のデータ◆
走行距離:34.4km 
最高速度:52.5km/h
平均速度:15.9km/h
走行時間:2:09

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2007-06-16 13:55 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(8)
2007年 06月 13日

ハンドルバー交換

f0040493_2232088.jpg仙台からぱんちさんが来た。
AKOの大好きな「萩の月」を持って来てくれた。
私にはレース用のハンドルバーを持って来てくれた。
バーの軽量化&ショート化を考えていた私にピッタリ!!
さっそく本日交換してみました。
夜に試乗してみると、なかなかのクイックなハンドルフィール。
見た目もグッと引き締まりました。
そして気になる軽量化は-200gなり。
純正のバーって結構重いのね。
ぱんちさん、ありがとー。
次回のポタが楽しみです。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2007-06-13 22:38 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(10)
2007年 06月 10日

小さなコダワリ 4 (自分の好み)

自分の好みを知ると、自分という奴がより分かるような気がして、
今日は、好みとその理由を挙げてみました。
ちっぽけな私の独断と偏見ですが、もし宜しければ、お付き合い下さいませ。

1.変わらないモノ
この世の中、「変わる」よりも「変わらない」方がずっと難しいような気がします。
子供の頃は、街中に立派なビルや洋風のハイカラな建物ができると嬉しかったのですが、
今は、またひとつ昭和の良き遺産が削がれるようで、少し淋しいです。
一般道各駅停車の旅で、昭和、大正、江戸の古い町並みを追い求めてしまうのも、
こんなノスタルジーから来るものなのでしょう。
私の中では群馬県法師温泉長寿館が、変わらないモノの象徴ですかね。

また、流行に疎いと言われれば、それまでですが、
流行モノがキライなのも、「変わらないモノ」への思い入れだと思います。
懐メロが好きなところ、失墜した王者に肩入れしてしまうところ等も同じ理由でしょうか。
炎のストッパー(故)津田恒美投手の闘病生活、ボクサー辰吉丈一郎の復活、
(故)ライスシャワーの2度目の天皇賞制覇、トーカイテイオーの有馬記念復活等、
涙なしでは見られません。


2.小よく大を制す
「人気のあるモノ」「大きなモノ」「強いモノ」、これはあまり好きではありません。
・・・というのも、これらのモノは私が応援しなくても大丈夫だからです。
人気がないのに頑張っているモノ、小さいのに勇気あるモノ、弱いのに努力しているモノ等、
これらを見ると、居ても立ってもいられなくなってしまいます。
こんなちっぽけな私の応援だけど、何かしてあげられる事はないかと思ってしまいます。
ナベ恒巨人の金権野球に対して、頭脳で立ち向かった野村ヤクルトスワローズなんて最高でした。
パワー全盛の大きなK-1戦士達に、スピードとテクニックで立ち向かったアーネストホーストも然り。
スピード全盛の競馬の流れの中で、スリムな体と持久力で立ち向かったライスシャワーも然り。


3.義理人情
義理人情って、表現のTPOを良く考えないと押し付けがましい偽善になってしまい、
虫唾(むしず)が走るほど嫌いなのですが、本質の義理人情はとても好きです。
謀反、下克上、裏切りが当たり前の戦国時代という弱肉強食の時代に
「義」を重んじた石田三成と大谷吉継の関係なんぞはゾクゾクします。
私の一番好きな武将が大谷吉継というのは、これ故です。
また、FAが導入されてからのプロ野球には失望させられっぱなしです。
お金のため、自分の名声のために、お世話になった球団やファンを裏切る。
育ててくれた球団やファンを、自分のお金のために・・・。
広島カープファンだった私は、当時、川口和久と江藤智のFA宣言に強いショックを受けた覚えがあります。
その後、金権球団に行った2人を必要以上に嫌ったのは大人げなかったですが・・・。笑
これに対して、「この球団にこだわりたい」と言って日ハムという不人気球団に留まった広瀬哲郎氏には、
とても感動させられました。
まあ、選手の皆さんも生活がかかっている訳で、FA制度も仕方ないとは思いますよ。
でも、ダメとは言いませんが、嫌いです!笑
また、この「義理人情」、少しだけ「変わらないモノ」に通じるところがある気がしますが、いかがでしょう?


4.不器用なモノ

誰にも受け入れられるモノじゃないんだけど・・・、
なんでも器用にこなす万能タイプじゃないんだけど・・・、
それでも、一つだけ光る個性や特技があるモノ。
そんなモノも好きです。
昔乗っていた愛車「バラードCR-X」なんて、とてもいい例です。
2シーター故の不便さ、FRPで軽量化を図り過ぎた故のボディ剛性の無さ(笑)、
それでも強烈な個性と俊敏な走りが最高でした!!
3000mを越える距離でしか勝てなかった歴史的ステイヤー「ライスシャワー」、感動をありがとう!
ハンバーガー「マクドナルド」の値下げ戦略に、唯一ついて行かなかった「味のモスバーガー」、
高かろうが、待ち時間が多かろうが、頑張って味を追求してください。
客として、株主として、応援しています!笑
この「不器用なモノ」は、「小よく大を制す」と通じるところがある気がしますが、どうですかね?


5.高密度なモノ

子供の頃に良く書いていた落書きがあります。
それは多機能型腕時計の絵なんです。
そこには、時計、温度計、目覚まし、テレビ、エアコン、電話、懐中電灯、カメラ等、
今でこそ当たり前の機能もありますが、30年以上前にそんな夢を下手な絵に描いておりました。
要は、小さくて色々な機能が着いたものが好きなんですね。
CASIO社からラテカセ(ラジカセ+TV)が出た時なんかは、本当に父に買って欲しかったですね。
昔から多機能の腕時計と言えばCASIOでして、小学校の頃から愛用しておりました。
今でも、温度計、高度計、方位計の付いた「PROTREK」、
小さいのに防水機能、無線LAN機能を搭載する「XFER」(風呂テレビ)等で
CASIOさんにはお世話になっています。
CASIOさん、客として株主として応援してます!再笑
また、アウトドアジュニアも然りです。
他人(ひと)から、「大きな車に乗ってるねえー」と言われますが、それは違うんです。
「なんて小さなキャンピングカーに乗ってるんでしょう」って言って欲しいのです。
「こんなに小さいのに、シャワーもトイレも付いてるんです。」って、言いたいのです。笑
私がアウトドアジュニアを買った理由は、最小のモーターホームだから。
トイレ、エアコン、電子レンジ、シャワー等の有無、
この辺りが、Takuma的にキャンピングカーとモーターホームの境目なのです。


6.アンチ「大は小を兼ねる」 
少し「高密度なモノ」と重複してしまいますが、少しだけニュアンスが違うので敢えて別項目にしました。
まず、無駄が嫌いなのです。
どこかのオフ会で、どなたかが料理を作りながら
「ちょっと多すぎるかな?まあ、足りないよりもマシだからいいか。」
と言った発言で、ハッとしたのです。
考え方の根本が、私と違うなと・・・。
当然、決してその方の考えを否定するものではありません。
ただ、ふとその違いを純粋にハッと気がついたのです。
私は、モノを余らせてしまって捨てる時、物凄いイヤな思いになるのです。
だから、何をするにもいつもギリギリを目指しているのです。
足りなければ、後から少し足せばいい、絶対に余らせてはいけない、と・・・。
私がなるべく小さく、なるべく燃費のいい車に乗ろうと考え、アウトドアジュニアに魅力を感じたのは、
こんな考えからなのでしょう。
昔からライトウェイトスポーツを追い続け、
排気量が大きくオーバーハングの長いアメ車に魅力を感じなかったのは、ここから来ています。
ナナハンなんか魅力が無く、250ccに拘ったのもこの辺りでしょう。

仕事においても然りです。
私は管理系の仕事をしているのですが、いつも「この仕事は本当に必要か」と考えながら仕事をしています。
非生産部門の我々の仕事は、常にシンプルで必要最小限でなければいけないというのが、私の仕事観です。
利益や効率を忘れ、仕事の為の仕事自体が目的化した無能上司とぶつかるのは、それ故でしょう。

時間に対してもそうです。
インタイムは及第、オンタイムが優良と考えます。
旅先でも、たくさんの場所を効率よく周れると、なんだか得した気分!!(^_^)v
決して、忙しなく急いで周るという訳ではありません。
予定していた場所を気持ちよく周って、Pキャン場所に夕食時にピタッと着くなんて最高です。
逆に早く着きそうな時は、つい欲張ってさらにもう一箇所追加で周ってからPキャン場所に向かってしまいます。
ただし、他人(ひと)との待ち合わせだけは、絶対にインタイムを目指すのが私の時間観です。


7.切ったケーキの法則
丸いデコレーションケーキがあるとします。
それをナイフで切って片方を相手にあげるとします。
どれだけ正確に2等分しようとしても、それは人間のすること。
どちらかが大きくて、どちらかが小さくなってしまいます。
あなたならどちらを相手に差し上げますか?
私は相手に大きい方を差し上げるのが当然だと思いますし、
そういう教育を両親から受けてきました。
しかし、世の中広いんです。
「でかい方を自分が取るに決まってるじゃん。」
このように本気で考えている人がたくさんいるんです。
仮にこの例では、そのように言わなくても、
実際にそういう行動をしている人って結構いるんです。
私とAKOの常識は、必ずしも他人の常識ではないようです。
残念なことではありますが、我々はこれからも実践して行きたいと思います。



なんだか、ちょっと喋り過ぎました。
まあ、いつもの戯言と流してください。
いつもながら活字にすると、少し重い話に聞こえたり、
活字が独り歩きして誤解を生むのが少々恐ろしいですが、

まあ、いっか!!(^_^)v爆

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2007-06-10 15:06 | コダワリ | Comments(4)
2007年 06月 09日

恨めしい土曜日

f0040493_1918439.jpg今日は予定では「筑波りんりんロード」をサイクリングするはずでした。
しかし、天気予報は大荒れの暴風雨に雷雨。
それでも「すみた」のうどんを食べる為に電車で出かけましたが、
いつまでたっても雨は降らず、結局夜に・・・。
こんなんだったら、せめて「すみた」にLOUIS GARNEAUで行きたかった。
お風呂上り、ベッドに横になりながら恨めしそうに愛車を見る私です。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2007-06-09 19:18 | ミニベロ&ロードバイク | Comments(10)