ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コダワリ( 20 )


2015年 05月 12日

小さなコダワリ20 (美しいもの)

f0040493_1934388.jpg
久しぶりにYouTubeで格闘技なんぞを見入ってしまいました。
改めて私がファンだったアーネスト・ホーストのスタイルやフォームが素晴らしくて見入ってしまいました。
一言で言って「美しい」。
格闘技だから「強く」なきゃいけないんだけど、彼のフォームは芸術的に「美しい」ですね。
長く細く伸びた足が繰り出すキックの美しさ、スピードなんぞは惚れぼれしてしまいますね。
このしなやかな足が繰り出すキックに、どれだけのパワー主体のファイターがKOされたことでしょう。
パワーで押しまくるピーター・アーツとは名勝負がいくつもありましたね。

そして、そんな「美しさ」繋がりで見たくなってしまったのが、テニスプレーヤー、ステファン・エドバーグ
彼も、本当に美しいプレーヤーでした。
ルックスが良い上にフォームが美しい。
力でねじ伏せるんじゃなくて、あくまでもしなやかにクレバーに・・・。
久しぶりに見るプレーにこれまた感動・・・。
パワーで押しまくるボリス・ベッカーとは名勝負がいくつもありましたね。

そして、「美しい」繋がりで連想されたのは、競走馬ライスシャワー
言わずと知れた伝説のステイヤーですが、彼がまた美しい。
細い体でマッチョな競走馬を葬り去る姿なんぞは、わたし的にはドンピシャリでしたね。
阪神競馬場の改修の為にその年だけ彼が得意とした京都競馬場で開催された宝塚記念で
落馬→予後不良になり儚く散ったその運命なんて、もう美人薄命以外何物でもないじゃあないですか。
ちなみに私はこの死がショックで競馬を止めました。
パワーで押しまくるミホノブルボン、メジロマックインを
涼しい顔してぶっちぎった姿は今でも私の中で鮮明に残っています。

そんな訳で以前の記事でも話しましたが、美しいもの、スマートなもの、そんなものはわたしは大好きです。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2015-05-12 18:48 | コダワリ | Comments(0)
2014年 03月 04日

小さなコダワリ 19 (made in C)

f0040493_19203393.jpg100均とか行くじゃない?
そん時にちょっとだけコダワッテるのが、made in・・・。
よし!これはTAIWANだ。
ベトナム、OK~!
インドネシア、買い~~。
おっと、危ない・・・。
これはだ・・・。 逃げろ~~。
食品を買わないのは当たり前で、
個人的な好みで、全てのCの商品を地道に不買運動してます。
だって、嫌いなんだもん・・・。
こういうのを偏見っていうんでしょうね。笑

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2014-03-04 19:09 | コダワリ | Comments(8)
2013年 01月 17日

小さなコダワリ 18 (昭和の駄菓子ベストテン)

先日マイミクさんの日記で
好きな駄菓子ベスト5を発表したものがありました。
この日記を見てからというもの、自分ならば何かなあって考えてました。
名前がわからないモノがほとんどの中、
さすがにネット社会ですね、ほとんどの画像に出会え、名前も分かりました。
ただし、下町育ちで無類の駄菓子好きな私は5つに絞れませんでした。
んで、ベストテン!
さてさて、勝手に発表させてください!!

f0040493_19184161.jpg10位 すもも漬け
体に悪そうなんですけどね。
美味しいんだな。
当時、梅干しが食べられなかった私も、これは好んで食べてました。
これって「すもも」って言ってますが
今思えば、群馬は村岡食品工業の「梅しば」と同じ味じゃ・・・!?




f0040493_19252620.jpg9位 パンチコーラ
本来、水に溶かして飲む錠菓子のようなのですがね。
直接食べちゃうんですよ。
そうすると、口の中でシュワシュワいって、
痛い位アブクが出るんですが美味しいんだな。
これも不健康そうだな。




f0040493_19315073.jpg8位 チョコバット
これは今でもメジャーなお菓子ですね!
パッケージは変わったものの息の長いヒット商品ですね!
ちなみに私が現役(?)の頃は上から二番目のパッケージでした。
ヒット4回、ホームラン1回でもう一本っていうのは常識だよ!





f0040493_1937366.jpg7位 ハートチップル
ニンニクなんて食材の名前も知らぬ幼気な頃から
「なんだろ? この美味い味は!!」って思ってました。
この商品も、今でも買えるロングセラーですね!
はい、今でも買ってます!笑





f0040493_194452.jpg6位 ニコニコラムネ
知ってるかなあ、これ。
美味しいんだよなあ。
口溶け感も最高!
んで、これを作ってる「東京ニコニコラムネ製菓本舗」、
日本が誇る高級住宅地、我らが葛飾の新小岩産なんですよ!




f0040493_19552156.jpg5位 餅太郎
これも今なお店頭に並ぶロングセラー。
「どんど焼き」っていう類似品もあるけど、
私にとっては、こっちがホンモノ!
厚紙の破片が入ってると「当り」で、
もう一袋もらえるんだよね。
駄菓子にしては珍しく健康に悪くなさそう!?笑



f0040493_204585.jpg4位 ビンラムネ
そういう名前なんですね?
初めて知りました。笑
もなかの中に粉末のラムネが入ってるんですよ!
知ってるでしょ?
そのままガブガブ食べちゃってもいいんですが、
一応ストローが付いていて、刺して食べれるんですよね。



f0040493_20141116.jpg3位 麩菓子
定番中の定番が3位に登場です。
コダワリシリーズですから敢えて言わせてもらえば、
黒糖の黒いやつじゃなくて、着色料満点の赤いやつ!
これが美味しいんだな、気分的に!?爆
今でも酔っぱらって大人喰いしちゃう事がある位好きです。




f0040493_20184698.jpg2位 ぽんするめ
これが最後まで名前が分からず、
というか、今でもこの名前じゃないと思ってるんですよ。
魚介系のすり身でグニャっている食感のシート状の駄菓子。
甘辛いタレの味がしみ込んでいて美味しいやつ。
たぶんイカなんでしょうね。
そういう意味では、この画像のものと同一のものかもしれないんですが
パッケージがこれじゃないんですよね~。


f0040493_2025147.jpg1位 ミルクせんべい&梅ジャム
栄えある第一位は・・・。
Do Ruuuuuuuuuuu♪(ドラムのロールね)
ミルクせんべい&梅ジャムです!
これはもう、なんというか、わたし的にはブッチギリの一位かもしれません。
当時は駄菓子屋のお婆ちゃんが
ジャムを塗ってくれるという超不衛生サービス付でした。
ジャムたっぷりバージョンとジャム薄々バージョンと
双方を楽しむのが「通」の食べ方!?
あ、「ソースせんべい」っていう呼び名はわたし的には偽物!

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2013-01-17 19:11 | コダワリ | Comments(10)
2012年 04月 09日

ソーセージ最旨記録更新!(小さなコダワリシリーズ17)

f0040493_20371959.jpg以前の小さなコダワリシリーズ9で散々こだわったソーセージですが、
ここにきてシャウエッセンを凌ぐ物凄い逸品と出会ってしまいました。
Johnsonville社の「ベダーウィズチェダー」です。
これがもう、ヤバいって位旨いんです!
あ、あらかじめ忠告しておきますが、
食べる際は肉汁がブチューーって飛びますのでお気をつけ下さい。
シャウエッセンも相当旨いですよ!
でもねえ、これを食べたら、もう、降参ですよ!
もう完全に無条件降伏!!
凄いぞ、Johnsonville

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2012-04-09 20:35 | コダワリ | Comments(12)
2011年 01月 24日

小さなコダワリ 16 (SPD)

どんなにハッタリの効いた高級ロードバイクになろうとも、
やはりシューズはSPDなんだなあ。
だってSPD-SLとかLOOKとかTIMEじゃあ、
自転車降りた時にスニーカー代わりにならないじゃないですか!!
だからDE・ROSA乗りになっても、
絶対にSPDだろうなあ・・・。
すいません、3流なんです・・・。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2011-01-24 23:57 | コダワリ | Comments(10)
2010年 06月 11日

小さなコダワリ 15 (牛丼)

f0040493_1915031.jpgかなり使い古されたネタで恐縮ですが、
あなたは松屋派
それとも吉牛派
はたまたすき家派?

私は断然 「吉牛」 なんです!
このところ経営面では他二社の後塵を拝しておりますが、
味は断然上であると勝手に信じきっています。
特に「ツユだく」がバッチリ決まった時なんぞ、
さすがは牛丼のパイオニアと言わざるを得ません。

ところで、この「ツユだく」、
これがまた難しくて中々バッチリ決まらない。
「おい、テメエ、俺は今、ツユだくを注文したんだ!!」
と叫びたくなるパサパサの「ツユだく」もどきが
巷にたくさん出回っているんです!
「おい、そのお玉を俺に貸してみろ!」
「俺がだくだくにしてやる!」
「けちけちしやがって!」
思わずカウンターのあちら側に行きかける事も!?

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2010-06-11 18:57 | コダワリ | Comments(22)
2010年 01月 13日

小さなコダワリ 14 (カルピス濃度)

f0040493_21265941.jpg久しぶりのコダワリシリーズです!
張り切って参りましょう!?

さて、突然ですが、カルピスは極薄だーーーー!
カルピスって、自分で割って飲むでしょ?
だから、極薄だって言ってるの!!
甘いカルピスってぇのは邪道なんですよね。
カルピスは酸っぱい飲み物なんです!!
これが美味しいんです!!

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2010-01-13 20:10 | コダワリ | Comments(20)
2009年 11月 11日

小さなコダワリ 13 (コンビニ)

f0040493_19555326.jpg湯島勤務の時も、八王寺勤務の時も、お昼は基本的にセブンイレブン
池袋勤務の現在は会社の隣の隣にある関係で「ソーロン」(仮名)。
ところが、この「ソーロン」の弁当を始めとした昼食メニューが
あまりにもショボイ・・・。
魅力がある商品があまりにも少ない・・・。
かと言って、「ぺヤング」と「緑のたぬき」ばかりでは飽きもくる。
ふざけんなよ、「ソーロン」!!
不味いんだよ!!

という訳で、最近のお昼はもっぱら「さくら水産」のランチメニューです。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2009-11-11 19:47 | コダワリ | Comments(6)
2009年 10月 15日

小さなコダワリ 12 (名作ドラマ)

コダワリシリーズ12は、
ドラマをあまり見ない私が大好きでコダワリまくっていたドラマランキングです。
なんだか思い出しながら、また熱くなってしまう逸品ばかりです。
皆さんも思い入れがあるドラマってありませんか?


10位 とんぼ(1988年)
キャスト:長渕剛・哀川翔・秋吉久美子・仙道敦子・植木等・石倉三郎
不器用だけど正義感あふれる一本気のヤクザ「英二」の切ない物語。
世知辛い世の中に、悔し涙無しでは見ていられませんでした。
また、英二(長渕)とツネ(哀川)の師弟コンビの掛け合いが男臭くて温かいです。

9位 僕の生きる道(2003年) 
キャスト:草彅剛:矢田亜希子・大杉漣・小日向文世・綾瀬はるか・市原隼人
胃癌により余命1年をつげられる新米教師の話。
矢田亜希子扮する「みどり」の献身ぶりが涙、涙・・・。
そして、主治医を演じる小日向さんに凄く癒されて見てましたっけ。
また、まだ売れ始めの綾瀬はるかちゃんを初めて見て、その存在感が印象的でした。

8位 横浜心中(1994年) 
キャスト:佐藤浩市・鷲尾いさ子・小松千春・中谷美紀・中尾彬・神山繁
巨大権力の黒幕から鷲尾を守る佐藤浩市がカッコ良かったです。
主題歌「ひまわり」(山田晃士)も最高の重厚なドラマでした。

7位 3年B組金八先生(1980年~1981年)  
キャスト:武田鉄矢・直江喜一・沖田浩之・川上麻衣子・ひかる一平・伊藤つかさ
基本的には私は金八シリーズは説教じみてて好きじゃないんですが、
このシリーズ、なかでも加藤(直江)と松浦(沖田)が警察に捕まってしまう話が超ヤバいです。
中島みゆきの「世情」が流れてくると、もう、涙が・・・。
あ、あのシーンで使われていた「桜中学」は、何を隠そう私の母校「葛飾小学校」です!

6位 アルジャーノンに花束を(2002年) 
キャスト:ユースケサンタマリア・菅野美穂・吉沢悠・中島知子・田口浩正・いしだあゆみ
先天性の知的障害者「ハル」が手術によって凄い知能指数を手にするが・・・。
ユースケの演技力が物凄い切なくも温かい人間ドラマ。
菅野美穂が女神に見えましたね~。あんな女性に甘えたひ~。笑

5位 太陽にほえろ(1972年~1986年) 
キャスト:石原裕次郎・露口茂・竜雷太・小野寺昭・下川辰平・松田優作
言わずと知れた長寿番組です。
ゴリさん(竜)の殉職シーンでは、涙がこれでもかというほど出ました。
ジーパン(松田優作)の頃が有名ですが、個人的にはボン(宮内淳)がいた頃が好きでした。

4位 Dr.コトー診療所(2003年) 
キャスト:吉岡秀隆・柴咲コウ・小林薫・時任三郎・大塚寧々・泉谷しげる
吉岡秀隆さんの魅力がタップリの癒し系ドラマですね~。
離島で命の尊さに誠実に向き合う後藤先生を見ていて、医者を志さなかった事に後悔しました!?
また、時任さん扮する剛利がカッコイイ!!

3位 白い巨塔(2003年) 
キャスト:唐沢寿明・江口洋介・黒木瞳・矢田亜希子・西田敏行・石坂浩二
田宮二郎の巨塔も大好きだけど、私はこちらの方が好き!
里見先生(江口)と自分をダブらせて、思いっきり熱くなって見ていましたね。
最後は、どちらが善でどちらが悪かという訳ではないという事を痛感する深いドラマでした。
毎回、エンディングテーマの「アメージンググレイス」が流れると、どっと疲れが出る程、熱中して見ていました。

2位 北の国から(1981年~2002年) 
キャスト:田中邦衛・吉岡秀隆・中嶋朋子・岩城滉一・いしだあゆみ・竹下景子
このドラマに解説は不要でしょう。
普通ドラマっていうと非日常が描かれますが、このドラマはその真逆。
人間故のどうしようもない欠点や欠陥が等身大に描かれているのは感服いたします。
当然の事ながらロケ地周りもいたしました。
よく居がちな北の国からフリークです。

1位 関ヶ原(1981年) 
キャスト:加藤剛・森繁久爾・三船敏郎・三国連太郎・松坂慶子・三田佳子
「北の国から」を2位にしてしまうほどの秀逸な作品。
今となっては溜息が出るような豪華キャストで天下分け目の戦いを6時間3話で描いたドラマ。
原作は司馬遼太郎だけに、人物の描き方、歴史の忠実さも天下一品です。
正義を掲げた石田三成(加藤)の無念さを痛感して、歴史にはありえない「if」を考えてしまいたくなります。
大谷吉継(高橋幸治)と三成との友情、島左近(三船)の男気、素晴らしいです!
また、徳川家康(森繁)の狡猾さ、小早川秀秋(国広富之)と吉川広家(勝部演之)のおろかさ、無念です。


いかがでしたでしょうか。
本当にひとつ一つに思い入れがありますね。
最後に番外編として「刑事ヨロシク」を挙げておきましょう。
尊敬するビートたけしさん主演の、どこまでも下らないコメディーです。
録画して何回も見てはゲラゲラ笑ってましたっけ。

Takuma@一般道各駅停車の旅





[PR]

by ichikakutabi | 2009-10-15 00:02 | コダワリ | Comments(12)
2009年 02月 28日

小さなコダワリ 11 (階段)

ボクは基本的にエレベーターやエスカレーターを使わない。
9階の職場だって、4階の職場だって、通勤時の駅だって、デパートの9階の本屋だって、
階段がある限りは階段
これで持病の腰痛はおとなしくしてくれているし、
何より運動不足解消に最適なんです。
エスカレーターやエレベーターなんて、
どうして健康と省エネを同時に放棄するんでしょう?
作家の倉本聰氏が言っていたけど、
「車を走らせてスポーツジムに行って、
お金を払った上に、景色も変わらぬ同じ場所で足踏みをする気が知れない」って…。
とっても共感出来るなあ。
本来、運動するのにお金も資源も必要ないんです。
最近、駅の昇降手段で階段がない場所が増えてきました。
ラッシュ時は渋滞するし、運動機会が減るし、甚だ迷惑!!
バリアフリー化は、良く分かります。
でも、全ての階段をエスカレーターやエレベーターにして、健常者を運動不足にすることはないでしょう?
介護や医療が問題になってるんですから、予防医療として階段を見直しませんか。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2009-02-28 11:08 | コダワリ | Comments(10)