ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:キャンピングカー( 179 )


2017年 06月 25日

Nobleダイネット スポットライト増設

f0040493_19523580.jpg
VANTECH埼玉に来ています。
清水用ポンプが逝ってしまったことによる交換と
先日の記事でお話したダイネットにスポットライトを増設するためです。

工場に我がNobleが消えていってから1時間足らず・・・。
ダイネットがパワーアップした新生Nobleが帰ってきました。
メインスイッチを入れるとスポットライトがダイネットテーブルを照らしました。

f0040493_19524803.jpg
おー!!
なかなか、素晴らしいじゃないか!
流石はプロの仕事だけあって、標準装備品のよう!!
早く乗鞍に行きたくなってきました。





[PR]

by ichikakutabi | 2017-06-25 14:31 | キャンピングカー | Comments(4)
2017年 06月 20日

NOBLE プチ改造計画

f0040493_20552069.jpg
実はNOBLEのプチ改造を計画しています。
ほぼフル装備が標準というのが売りのNOBLE、あまり装備的に不満はありませんでした。
トイレはもちろん、温水ボイラーも標準装備ですし、ソーラーパネルは購入後に導入済。
本当に不満はありませんね。
でも、今回は小さな改造をします。
それは、ダイネットにスポットライトの導入です。
NOBLEのライティングは見事の一言に尽きます。
間接照明で極上の安らぎと寛ぎの空間を演出してくれるのは本当に満足しています。
当然のことながら、明るい直接照明も装備していますが、
これを使用するのはせいぜい何かを探す時か、掃除の時だけ。
通常はムーディーな間接照明の中で美味しいお酒を飲んでいます。
ずばり、NOBLEに似合うお酒はスコッチのストレート。
間接照明を上手く利用したグラスケースも大人の空間の演出には欠かせない存在です。
そんな満足のいく空間なのですが、
ムーディーに寛いでいる間にも書物に目を通す瞬間ってあるんですよね。
そんな時にテーブルを照らすスポットライトがあったらな、
なんていう欲求が芽生えてきたのです。
そこで、今回はベッドルームにあるLEDのスポットライトを
ひとつだけダイネットにも導入しようと思っています。
さらに、寛ぎの空間がパワーアップするかな。
楽しみです。






[PR]

by ichikakutabi | 2017-06-20 20:38 | キャンピングカー | Comments(2)
2017年 06月 08日

キャンピングカーと道の駅と車中泊と・・・

f0040493_20332172.jpg
ボクのブログにアクセスして下さる方々、毎日300~400アクセス。
くだらない内容にお付き合い頂き、本当にありがとうございます。
そんな中で、投稿から4年経ってもコンスタントにアクセス頂いている記事。


全国津々浦々の旅先では、なかなか車中泊のマナーが問題になっているようにお見受け致します。
マナーって、個人差とか価値観の違いなので、本当に難しい問題であると思います。
でも、その意見の食い違いで、互いにいがみ合っている状況は残念で悲しいですね。

私のブログにもかつてキャンピングカーと車中泊についての苦情のコメントが入りました。
誠実にレスを付けたつもりでいたのですが、
その輩、その後にまた違う第三者になりすましてコメントし、
複数の読者が私を攻撃するように見せかけるという残念な方でした。
「所詮、匿名の卑怯者か、それとも暇つぶしのクレーマーか」と、この世を憂いました。
今さらインターネットという巨大な仮想空間にモノを申すつもりもありませんが、
匿名の中で「人間」という生き物の弱点が露呈された気がしています。

マナーなんて問題は、皆が「俺が正義の味方で客観的な価値観だ」みたいに発言しちゃ、収集がつかない世界。
だって、個人個人で考え方、感じ方が違うんですから・・・。
大切なのは自分と違う価値観の他人を少しだけ思いやる気持ちじゃないでしょうか。

乗鞍で残飯をトイレのシンクで流して私に説教されたおじいちゃん。
残飯でシンクが詰まっちゃったら誰が対応するんですか?
貴方のせいでどれだけの車中泊の旅人が迷惑を被っているか知って下さいね。

でね・・・。

そんなトンデモナイ輩から散々地元を荒らされて日々怒ってらっしゃる方々。
お気持ちは分からなくもないですが、webという匿名の空間で行き過ぎた毒を吐いたり、
道の駅で車中泊をするキャンピングカーを一括りにして目の敵にしたり・・・。
きっと貴方は夜の道の駅がガラ空きなことを知りませんね?
次の日に感謝の気持ちで地元の野菜とかを買って帰るキャンパー達がたくさんいることも・・・。
それにせっかく正義を振りかざすなら、
2ch的な匿名のクレームじゃ、正義が陳腐化しちゃいませんかね?
本当に迷惑で貴方の意見が正しいなら
正々堂々と役所なり警察に通報されたらいかがでしょう?

「公共の施設なんだから、良いじゃねえか」っていう人も、
匿名の世界で「俺が正義だ馬鹿野郎!」っていう人も、
あと、少し・・・、
あと少しだけ、遠慮できませんかね?
それが、世界平和なんていうモノの原点じゃないですかね。
まあ、これもまた、所詮わたしのマナーへの主観でしかないのですが・・・。

ボクがキャンピングカーを降りるとき。
それはボクが老いたときだと思っていましたが、
もしかして、この世の道の駅が車中泊禁止となり、
キャンピングカー進入禁止になる時かもしれません。
LOVE&PEACE!










[PR]

by ichikakutabi | 2017-06-08 20:10 | キャンピングカー | Comments(4)
2017年 06月 03日

キャンピングカーのページ

f0040493_22090960.jpg
社用とはいえ、先日は北海道の飛行機の旅を存分に楽しんできました。
普段はキャンピングカーの旅の私ですが、
飛行機で行く地方都市観光やグルメの旅も悪くない、なんて感じていました。

明けて本日は、自宅で休養しながら、最近復活させた「一般道各駅停車の旅」の本館の改修なんぞを・・・。
今日は久しぶりにキャンピングカーのページの改修工事を行いました。
このページでTakuma1号「マヨルカ」の紹介を始めてから、
このページでキャンピングカーの旅の魅力を発信し始めてから、
早いモノで、もう、かれこれ20年、3台目です。
そんなこんなで、当時の事を思い出したり、懐かしんだりしながら、
改めてキャンピングカーの魅力を感じたのでした。

 1号マヨルカの頃はまだ乗鞍のマイカー規制前で、肩の小屋口でご来光が見えました。
 2号アウトドアジュニアでは、北は知床半島羅臼岳、南は阿蘇山まで足を延ばしました。
 3号ノーブルでは、ダブルベッドに寝そべって見る精進湖の富士が圧巻でした。

プライバシー空間と自由気ままを、道さえあればどこへでも連れて・・・。

競合するモノじゃないと思いつつ、わたし流の旅は飛行機じゃなくて、やっぱりキャンピングカーなんでしょうかね。









[PR]

by ichikakutabi | 2017-06-03 22:47 | キャンピングカー | Comments(0)
2017年 04月 27日

次にキャンピングカーを買い替える時

f0040493_00161269.jpg
3台のキャンピングカーを乗り継いできた年月、19年。
なんだか、数字にするとビックリですね~。
マヨルカ、アウトドアジュニア、NOBLEと乗り継ぎましたが、
3台とも本当に満足のいく車でした。
現車のNOBLEも本当に文句がありません。
だから、全然買い替えって考えていないのですが、
このまま、あと20年乗れるかというと、少し現実的ではないですよね。

そこで、なんとなく考えたのですよ。
次にキャンピングカーを乗る替えるとしたら、どんな時かな、と・・・。
初代のマヨルカは真夏のエアコンの必需性と都内の排ガス規制で乗り換えました。
二代目のアウトドアジュニアは何の不満もないまま追突され廃車扱いになりました。
三代目で現車のNOBLEはどうなんだろう、と・・・。

それは、やはりベース車の性能アップに尽きますかね。
カムロードもなかなかのコスパかと思いますが、
全く文句が無いかと言われればそれは違います。
まずは、燃費の良いアイドリングストップ付のハイブリッドが良いですね。
次に乗り心地。
エアサスでなんとかするとかっていうレベルじゃなくて、
何?この乗り心地!?レクサスか?っていう位!(妄想モード)
あ!値段はレクサスじゃダメだよ!

それとやはりキャンピングカーの最高峰、クラスAへの憧れもあります。
国産車ベースでNobleと同じ位のサイズで出来ないかな~。
かつての名車のエクステージなんてかなり良いところ突いてたな。

妄想すればキリがありませんが、
私にとってはNobleも大満足なので、
買い替えは近い将来には無さそうです。

Takuma@一般道各駅停車の旅



3


[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-27 18:15 | キャンピングカー | Comments(2)
2017年 03月 21日

ピカピカのNOBLE

f0040493_20093538.jpg
NOBLEには雨樋が付いているので
通常のキャンピングカーよりは雨が作るバーコード汚れが付きずらいのですが、
それでもバンクベッド部分とか防ぎようのない場所に同汚れが付きます。

10月以来洗車をしていなかったので気になっていたんですよ。
汚れてるなあ・・・って。
この三連休はAKOの実家で義父に「だいぶ汚れてるな。」って言われて、
お墓参りで私の叔父に「汚れてるから、一瞬Takuma君の車だと思わなかったよ。」って言われて・・・。

お墓参りから帰ってきてから、重たい腰を上げて洗車しました。
半年も放置してしまっただけに、汚れも頑固。
そんな時はVANTECH社から納車の時にもらった「びっくりクリーナー」が活躍します。
ルーフに乗ってゴシゴシ。
脚立に乗ってゴシゴシ。

さあ、ピカピカ・・・というまではいきませんが、
我がNOBLE、中々キレイになりました。
車がキレイだと、心まで晴れて気持ちいいですね。

Takuma@一般道各駅停車の旅





[PR]

by ichikakutabi | 2017-03-21 20:04 | キャンピングカー | Comments(2)
2017年 03月 13日

ブリジストン R202 215/65R15 110/108L インプレッション

f0040493_20405308.jpg
我がキャンピングカーNOBLEのタイヤ交換から早3ヶ月。
そのインプレッションを綴っておきましょう。

まずは、そのタイヤ交換の情報を下記の通り整理しておきましょう。
(交換前)BS     195/70R15 106/104L LT 純正スチールホイール
(交換後)BS R202 215/65R15 110/108L   ユーロデザインアルミホイール

乗り心地は本当「全く」と言っていい程変わりませんね。
良くなっていない代わりに、絶対に悪くもなっていません。
215/70R15にしていれば、一杯一杯の6.0kpaではなく4.5Kpaで乗れるので
乗り心地も良かったんじゃない?
・・・なんて、思う気もあります。

しかしながら、走行性能の向上を私は言いたいです。
扁平率70と65の違いってこんなにあるのですか?
それとも、これは195と215の幅の違い?
とにかく、80km/hを越えてからの安定性が全然違うんです。
今までは90km/h以上にもなれば、
少しだけステアリングから伝わるストレスを感じていました。
でも、交換後は気が付くと100km/h・・・。
今までは通常は一番左の車線、登坂車線がある場所は登坂車線が私の道でした。
でも、昨日なんかは、中央高速の一番右の車線を100km/h+αで走っているのです。
速く走るというよりは、安全に走るために、このタイヤ交換が大いなる恩恵を与えてくれた事を
嬉しく感じるNOBLEのオーナーであります。
もしかして、本当にランチョは不要!?

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

by ichikakutabi | 2017-03-13 20:30 | キャンピングカー | Comments(0)
2017年 03月 01日

旧型キャンピングカーの名車 featuring「EUROLINE」

f0040493_22314292.jpg
以前の記事でも触れましたが、
往年のキャンピングカーの中に名車が存在するんですね、これが!
前回のJB470に続いて、今回はアムクラフト社製のユーロラインです。



f0040493_22315701.jpg
この車の凄いところは、ハイエースの「スーパーロング」じゃない「ロング」なのに、
シャワー&トイレルームに温水にルーフベッドまで装備されているという空間効率の高さと、
価格が安いというコストパフォーマンスの高さです。
外見がカッコ悪い?
そんなのはキャンピングカーにとっては致命傷にはならないのです!笑
この車、本当に凄い車だと、今になってもまだ思いますね。
いくらTakuma1号車のマヨルカType-3が優秀だと言っても、
この車の装備とコスパには全然及びませんもの!
まあ、我が家は内装の質感の高さでマヨルカにしましたけど、
実用性とかキャンピングカーの装備ってところでは、
絶対にユーロラインの方が上だと思うのです。
先の記事でも書きましたが、
この車の新古車を一度本気で買いそうになりましたもの!

あれから20年以上が経過しましたが、
この手のフル装備なのに値段控えめっていうキャンピングカーが
どうして無くなってしまったか、不思議でもありますし、
その手のキャンピングカーが出てくれば
歓迎する層がたくさん存在するような気がしますが、いかがでしょう?

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

by ichikakutabi | 2017-03-01 22:28 | キャンピングカー | Comments(0)
2017年 02月 26日

キャンピングカーのダブルベッド

キャンピングカーのレイアウトって色々あるんですよね。
中でも我が家のような夫婦二人家族には、ダブルベッドのレイアウトがピッタリです。



f0040493_23155305.jpg

まずは、今の我が家のキャンカーZIL NOBLEと同じ横寝のダブルベッド仕様です。
これは、ベッドルームとダイネットがトイレルームで仕切られて2ルームになります。
2ルームということは、お互いが干渉されない独自のスペースを持つというメリットがあります。
そして、このレイアウトだと全長を短く抑えられるというメリットも・・・。



f0040493_23154498.jpg
次は、一度は凄く憧れた縦寝のダブルベッド。
G社のEとかN社のSのレイアウトです。
2ルームにはなりませんが、室内を最大限広々と使えます。
でも、全長が長くなるというデメリットも少しだけ・・・。



f0040493_23161798.jpg
次に 、完全に現実離れしてはいますが、最高にゴージャスで憧れるダブルベッドのレイアウト!
もう、何と言うか、完全に独立した立派なベッドルームなんです。
というか、もう完全に一戸建てのレイアウトじゃないですか!
凄いっ!!
でも、このレイアウトは全長が長くなるので、都内住まいの我が家には完全に夢のまた夢・・・。



f0040493_23160644.jpg


最後は、ダブルではなく、ツインベッド仕様。
これも、かなりゴージャスですね。
夫婦仲がイマイチだという方には、お勧めのレイアウト!?笑
でも、やはりゴージャスさでは、一つ前のベッドルーム仕様が一つも二つも上!




色々と好き勝手に話しましたが、やはりダブルベッド仕様はゴージャスな気分にさせてくれますね。
そんなレイアウトのキャンピングカーに乗れている今に、感謝しなければなりませんね。

Takuma@一般道各駅停車の旅





[PR]

by ichikakutabi | 2017-02-26 23:27 | キャンピングカー | Comments(2)
2017年 02月 17日

ZIL NOBLE Limited Edition

f0040493_19470441.jpg
バンテック埼玉で足まわりチェックを受けてきました。
メカ音痴で面倒くさがりの私には、とてもありがたいものです。

でも今回は、目的がもう一つあります。
それはNobleのLimited Editionを見ることです。
平日だからなのでしょうか、展示場の敷地内には
たくさんの納車待ちのキャンピングカーが溢れかえっていました。
その一番奥に見慣れない顔と色をしたNobleが隠れていました。
新型カムロードとLimitd Edition専用のエアロバンパーで、
流石に顔はイケメンですね~。
ボクのNobleがのっぺり顔に見えてきちゃいました。
でも、カラーリングと側面のグラフィックなどは
ボクの標準バージョンの方がシックで良いな~。
Nobleは大人のキャンピングカーだから、
あくまでもシックに「高貴」に・・・。
Limited Editionは少々私には派手過ぎます。


f0040493_19471747.jpg
室内に入ると、いつもの見慣れた空間がありました。
でも、これも色違い。
オークとアイボリーを基調としたシックな空間の私のNobleに対して
こちらはホワイトと茶色系のグレーのモノトーン調。
これはさあ、絶対に標準の方が良くない?
大人の空間だよ、シックで「高貴」だよ!笑
まあ、人の好みですから、様々な意見がありますでしょう。
そうそう、家具のコーナーに使用しているフェルトの生地は
汚れ易そう&汚れが落ちなさそうで心配でした。


f0040493_19472879.jpg
でも、新型カムロードの運転席周りは少しだけ羨ましいですね。
中でも左右に設置されたドリンクホルダーは羨ましいです。
何しろ旧型はカーナビと干渉する場所か、さもなくば腰の斜め後ろだもの!
ちなみにバンテックパーツセンターから発売された
窓際の灰皿を利用したドリンクホルダーに少し興味があります。

さて、ZIL NOBLE Limit Edition、好みは分かれるところではありますが、
ノーマルのNobleと基本コンセプトは全く同じで揺るぎありません。
ん~、本当に良い車だと思います。
改めて惚れ直してしまいました。

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

by ichikakutabi | 2017-02-17 23:59 | キャンピングカー | Comments(0)