カテゴリ:温泉( 62 )


2016年 12月 16日

小野上温泉の素晴らしさ

f0040493_21163263.jpg
もう、かれこれ20年は通っている群馬県小野上温泉
今は渋川市に属するんですが、その昔は小野上村が村営でやってました。
派手な温泉街が在る訳でもなく、伝統ある銘旅館がある訳でもありません。
ここにあるのは極上のヌルヌルスベスベの湯。
シャワーからでるお湯も温泉なので、
最初に来た人は流しても流してもシャンプーが落ちないって錯覚してしまう程のお湯です。

こんな素晴らしい温泉に今夜来ています。
ここはキャンピングカーのP泊も可能で、キャンピングカー乗りには最高の空間です。
今夜改めてそのポテンシャルの高さを認識しています。
何時も自宅で飲んでいるビールが2倍美味しい風呂上がりですっ!

Takuma@一般道各駅停車の旅




[PR]

by ichikakutabi | 2016-12-16 20:39 | 温泉 | Comments(4)
2016年 11月 22日

趣温泉の魅力

f0040493_22265825.jpg
北海道なら登別、東北ならば秋保、
関東なら草津、箱根、鬼怒川、
東海なら熱海、下呂、
甲信なら野沢、石和・・・。
東日本で有名な温泉地を挙げただけで、これだけ出てきます。
さらに西日本にも、有馬、城崎、道後、別府、指宿と有名温泉は数知れず・・・。
所謂、有名温泉は、それはそれでとっても魅力的で、
大規模ホテルが集まった華やかな温泉街、
湯量豊富ゆえに可能なでっかい露天風呂、
集客力ゆえに可能な豪華絢爛の懐石料理の夕食等・・・。


f0040493_22271522.jpg
でも、そんな陰で人知れずひっそりと佇む趣温泉の存在を忘れてはなりません。
休日でも閑散とした街並み、街に散見される湯治宿跡の廃屋、湯量が限りあるので小さな湯船・・・。
ただし、その自然の風景の素晴らしさ、鄙びた温泉の趣深さ、小さな湯船で守る源泉かけ流し。
今回の安曇野ツアーで訪れた信州田沢温泉、霊泉寺温泉は、そんな趣温泉の良さを再認識させてくれました。
ヒビの入ったコンクリートの共同湯はシャワーも付いてないし、露天風呂なんてありませんでしたが、
そこにある極上の湯と空間と時間は、便利さとか豪華さとかと無縁の、それでも確かな魅力がありました。

青森薬研、山形小野川、福島木賊、群馬湯宿、栃木湯西川、
山梨下部、長野小谷、新潟燕、静岡戸田、岐阜栃尾、
和歌山湯の峰、岡山湯原、島根温泉津、山口湯本、
行ったことのある私の中の趣温泉、
その佇まいを思い出しただけで、すぐにでも再訪したくなります。

Takuma@一般道各駅停車の旅






 

[PR]

by ichikakutabi | 2016-11-22 21:44 | 温泉 | Comments(0)
2016年 09月 25日

湯けむりの季節

f0040493_23105027.jpg
最近は気温も下がり、すっかり秋めいてきました。
いつもこの時期はゆっくり温泉にでも行きたくなります。

10月の連休には恒例になっている尻焼温泉オフが開催されるのも楽しみです。
大自然の恵み、野湯の尻焼温泉を存分に楽しんできたいと思っています。
満天の星の下、入れたら嬉しいなあ。
また、場所柄、近所の草津温泉に入れるのも楽しみです。
久しぶりにピリピリとくるあの強酸性泉を感じたいなあ。

さて、またこの時期はいつも温泉宿にも泊まりたくなったりします。
野趣たっぷりの露天風呂と白濁の湯が売りの新野地温泉相模屋旅館
実家の家族から勧められている高湯温泉玉子湯
那須で一番行きたい温泉宿、奥那須温泉大丸温泉旅館
いつもの定宿であり私のNO.1旅館、法師温泉長寿館
行こう行こうと思いつつ一度も行けていない宝川温泉汪泉閣
設備の老朽化から奥山田温泉から移って営業を再開した沓掛温泉満山荘
予約がとれない超人気の宿で一度は行ってみたい仙仁温泉 花仙庵 岩の湯

いやはや、思いつくだけでもこれだけ出てきました。
今年はどこに泊まりましょうか?
たまにはキャンピングカーから降りて、懐石料理に舌鼓を打つのも悪くありません。


Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

by ichikakutabi | 2016-09-25 23:08 | 温泉 | Comments(0)
2016年 02月 08日

熱海共同浴場 山田湯

f0040493_21103245.jpg
温泉地の老舗、熱海にも共同湯があったのは知っていました。
でも、行ったことがなかったのですよね。
キャンピングカーの駐車事情が悪いこともあったのですがね。

しかし、しかし、今回は初めて行ってきました。
調べているうちに分かったのは最近になっていくつかの共同浴場が閉められた事。
とても残念に思いますね~。
マナー違反の輩がまたまた閉めさせてしまったかと思えば、
どうやら管理者の老齢化だそうで、残念ですね~。

今回訪れたのは山田湯という一番西側にある共同浴場。
その場所がまた、超上級者的に分かりにくい場所。
ここ、完全に個人宅じゃ・・・。汗
露天風呂がある訳じゃないし、お湯が白濁している訳でも硫黄臭が強い訳でもない。
でも、なんだかこの隠れ家感がとっても良いんですよね~。
入口入ってもどこで300円を払っていいのか分からず、
声を発したところ、リビングでテレビを見ていたおばちゃんが300円を回収にきてくれました。汗

浴槽は4人が定員といった大きさ。
当然シャワーなんてありません。
タイル作りの浴室は下町の銭湯を小さくした感じ。
それでもお湯は源泉かけ流しです。
無色透明ですが、柔らかい肌触りです。
海の近くの温泉だけあり、塩化系の温泉(カルシウム・トリウム-塩化 物・硫酸塩温泉)だそうで
冬には身体が芯から温まりそうです。

P泊場所からも徒歩圏内ということもあり、リピートすることになるでしょう。
1000円もする熱海の日帰り温泉価格の中にあって、300円という価格も嬉しいです。
なかなか良い温泉を見つけました。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2016-02-08 00:01 | 温泉 | Comments(2)
2016年 01月 11日

竜王 名取温泉

f0040493_14561523.jpg甲府盆地の温泉群は町中や住宅地にあるのにもかかわらず
泉質の良さが非凡であることはかねてから言っておりますが
今回初めて入湯した名取温泉も例外ではありませんでした。

国道沿いにあることから
その存在自体は住んでいる頃から当然認知していたのですが
今回初めての入湯となりました。
建物の外観は、所謂一昔(二昔?)前の佇まいですが、
設備自体は中々清潔感があり好感が持てます。
そして、やはり何より泉質が素晴らしかった。
源泉かけ流しは当然、シャワーのお湯まで温泉で、
鉄臭のするヌルヌルスベスベの湯でした。
お湯自体に色は付いていないものの、
ダバダバと湯船に注がれる源泉口は放射線状に泉質で真っ黒!!
いかにも効きそうな湯です。
内湯は高温風呂、中温風呂、バブル風呂、サウナ、
半露天風呂には寝湯まであり、なかなかの満足度でした。
また、防水のガラスケースに入ったお風呂の中の大画面のテレビが昭和レトロでGOODでした。
最近値上げしてしまって500円が600円になってしまったものの、
ロッカーも無料、24時までの営業もありがたい素晴らしい温泉でした。
こんな温泉の近所に住んでいる人は幸せですね~。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2016-01-11 14:52 | 温泉 | Comments(2)
2015年 10月 08日

温泉の季節

f0040493_19583096.jpg
めっきり気候も秋めいてきました。
こうなってくると恋しくなるのが温泉!
今年も温泉シーズン到来ということで、週末は仲間と温泉オフです。
キャンカーと相性抜群のあの野湯を楽しんできます。

でも、心配なのは最近すっかり太陽に嫌われてしまっている事。
ちょっと、ちょっと、なによ、週末の傘マークは・・・。
お願いだから、カラッと晴れて~。







[PR]

by ichikakutabi | 2015-10-08 18:10 | 温泉 | Comments(2)
2015年 07月 17日

2015年初夏 法師温泉 長寿館

f0040493_10121010.jpg
思いがけなく一足早い夏休みを頂けたので、ふらっとお気に入りの湯宿に来ました。
私が日本一好きな温泉、法師温泉長寿館
全国でも屈指の人気宿が、何と3日前に空きがあったという幸運に恵まれ、5回目の宿泊となりました。
しばらくご無沙汰していると、このスローな時空間が恋しくなるんですよね。
今は小川のせせらぎの音しかしない部屋で湯上がりのビールと戯れています。
たまには都会の喧騒から逃れてこんな穏やかでゆっくりとした時間に身を委ねても、バチなど当たりますまい。

法師温泉 長寿館、2015年初夏。
そこにはいつものあの時間が悠々と流れていました。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2015-07-17 17:02 | 温泉 | Comments(4)
2015年 06月 02日

塩原温泉 不動の湯 閉鎖

f0040493_219621.jpg名露天風呂の閉鎖に歯止めが効かなくなっています。
またこの度、ひとつの名露天風呂が
閉鎖に追い込まれました。
栃木県塩原温泉の不動の湯
風紀と治安の乱れから閉鎖なんだそうで・・・。

ちょっと、勘弁してよね。
お湯もロケーションも素晴らしかったんだから・・・。
本当に残念でなりませんねえ。
無料や寸志で24時間入れる温泉が
次々と閉鎖になったり足湯になったり・・・。
全て原因は「人間」です。
嗚呼、人間のモラルって所詮そんなものなのね。
少し悲しいですね。
それとインターネットで、誰しも野湯や無料の露天風呂を
知ることが出来るようになった事も大きいんだろうな。

草津野沢の外湯が夜間閉鎖となり、
修善寺の独鈷の湯と四万の山口露天風呂が足湯になり、
那須高雄が業者に買われてしまい、
川原湯聖天様露天風呂も奥四万湯の泉も閉鎖となり、
そして、今度はまさかの不動の湯の閉鎖・・・。
まさか、尻焼温泉立ち入り禁止とかっていうのは、ないよね・・・。
ボクの大好きなせせらぎも時間の問題か・・・。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2015-06-02 21:09 | 温泉 | Comments(4)
2015年 04月 20日

荒船の湯

f0040493_2322633.jpg上州ぐんまは西毛地区の西の果て、
甘楽郡下仁田町にある温泉「荒船の湯」
群馬に在住している頃に出来た温泉施設ですが、
その閉店時間の早さから未だに行けていませんでした。
それが近頃21時までの営業となったと聞いて
早速、行ってきました。

湯船からお湯が満ち溢れていないあたりを見ると
源泉かけ流しではないと思います。
また、お湯の触感、見た目の色、香りとも、
特徴はない無色透明無香。

しかししかし・・・。
設備も清潔そのもので、
土曜日の夕方にも関わらず人は疎ら・・・。
露天風呂もなかなか立派です。
これは、もしかして穴場スポットかもしれません。
少なくとも私はまた行くでしょう。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2015-04-20 22:59 | 温泉 | Comments(0)
2015年 04月 06日

埼玉県ときがわ町 玉川温泉

f0040493_22302468.jpg玉川温泉っていうと全国的に有名なのは秋田のそれ。
phが日本一と言われる強酸性泉で
ガン治療に良いなんて言われてますよね。

あ、今回はその温泉じゃないんですよ。
埼玉県比企郡ときがわ町にも玉川温泉があるという話。
昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉
キャンピングカーにお乗りの方のブログで知り
一度行きたいと思っていたんですよ。
そんな願いがこの週末に叶いました。

まず、その泉質に驚きました。
秋田の本家(?)玉川温泉と正反対の
ph10.1の強アルカリ泉はダテではなく
浸かると一発で分かるヌルヌルスベスベの美人の湯です。
本当に凄いんですよ、ローションでも入れてんじゃないかって位。

次にロケーションも素晴らしいです。
とても都心に近い場所とは思えない大自然。
これがなんとも素晴らしいですね~。

最後に昭和レトロのインテリア。
これは、まあまあというレベル。
まあ、お湯が売りになる素晴らしいモノなので
初回に訪れるきっかけ作りとすれば十分過ぎる効果でしょう。

良い温泉施設に恵まれなかった地域に
なかなか良い温泉を見つけました。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2015-04-06 00:01 | 温泉 | Comments(2)