ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 13日 ( 1 )


2017年 04月 13日

小学時代の日暮里駅はエキサイティング

はい、すいません。128.png
独りよがりのノスタルジーとマニアックな記事です!129.png
先日583系が引退したとのニュースを見たものですから・・・。
え?何の事だかサッパリ分からない?
はい、またまた、すいません。
鉄道の話です!

その昔、Takuma少年は小学校の頃、西日暮里の塾に電車通学していました。
その際の乗換する日暮里駅が、かなり鉄道マニアの欲求を満たしてくれていました。
東北上越新幹線なんて、まだ走っていなかったその頃の話・・・。

今ですら、味気ない新幹線と通勤用の普通列車しか走っておりませんが、
その昔は特急列車、急行列車、寝台列車、普通客車、気動車とまあ、
様々な列車が行き交っておりましたなあ。

まずは雑魚から・・・。
あっ、雑魚とは、あまりテンションが上がらないよく見る列車の事です。

f0040493_20015329.jpg
まずは雑魚中の雑魚!
今は宇都宮線とか高崎線とかって呼んでますが、
その昔は確か東北本線って統一して呼んでいたような気がします。
その東北本線の普通列車115系です。
これが来ると、「ああハズレ」なんて思ってましたね。
でも、ステンレス車両全盛の今となっては、少し心躍ります。
今でも都心を離れると現役で活躍していますね。



f0040493_20043217.jpg
同じく東北本線を走る雑魚!
特急なのにしょっちゅう走っていて、希少性が全くなかったのが仙台行き特急「ひばり」。
485系の赤い帯を見ても、「ああ、ひばりね」みたいにして、冷めていましたっけ。
国鉄がJRになってしまってからは、赤い帯ではなくちゃちゃって、相当カッコ悪くなってしまいました。
やはり485系は国鉄カラーが一番よく映えます!



f0040493_20505397.jpg
同じく雑魚でも、常磐線を走る雑魚はあずき色の415系。
今でこそ、常磐線は緑だったり、青だったりしていますが、昔は常磐線と言えばこのあずき色!!
ね?常磐線「取手」駅以北の方々!!



f0040493_20511396.jpg
次に雑魚から少々テンションが上がる列車に移りましょう。
赤帯でも485系と違って、当時すでに引退が迫っていた流線形の特急。
「とき」「あさま」「いなほ」「白山」「白根」とかに使用されていました。
481系が主流でありましたが、たまに見かける前方の赤い鉢巻の181系。
これに中々テンションが上がってました。




f0040493_21585551.jpg
そして少々テンションが上がる列車の常磐線版はこの列車、キハ58の急行「ときわ」。
都心にあって気動車のキハ58ですよ、気動車!!
今、都心から気動車に乗ろうと思ったら、八高線か小湊鉄道?
まさか、川越線が電化されるなんて、当時のTakuma少年からしてみると全くもって想定外です。
急行ときわ号が行く先は「平」駅。
今の「いわき」が当時は「平」っていう駅だったんですよ。



f0040493_20513740.jpg

最後にテンションが最高になる希少列車をエキサイティングな気持ちで紹介いたしましょう。
まずは、今回の記事のきっかけになった583系の話から・・・。
赤い帯の特急には上がらなかったテンションも青い帯になれば話は別です。
なぜなら、青い帯は寝台列車にもなるからです。
寝台列車って、独特の趣と寂しさがあるじゃないですか。
これこそが、鉄道マニアの涙腺であり、アキレス腱であります!?
もう、なんだか、言っている意味がよく分からなくなってきていますが、
何しろTakuma少年はこの583系が大好きだったんです。
「はつかり」がデフォルトだったのですが、運が良いと「はくつる」が見られたりする訳です。
双方とも青森行きの特急でしたが、「はつかり」は特急、「はくつる」は寝台特急でした。
また、双方とも東北本線経由でしたが「ゆうづる」という常磐線経由の寝台特急もありました。
ちなみに「はくつる」号は、当時の寝台特急の中で表定速度が最高の列車でした。



f0040493_20122502.jpg


最後に紹介するのは、大好きな583系よりもテンションが上がっちゃう列車。
この列車は常磐線にしか走っていませんでした。
EF80という電気機関車が引っ張る旧型車両。
この普通列車がなんとも希少でテンション上がりました。
今では信じられないですが、ドアが手動なんです。
ですから、列車が動き出してもドアを開けてとび乗れるんですよ。
また、走行中にドアを開けてスリルを味わえるんですよ。
今でも、どこかで走っているのかなあ、手動ドアの客車。
今では安全基準がどうのこうのって、心の狭いクレーマー社会から一斉攻撃を受けそうですね。



さて、本当に昔の日暮里駅はエキサイティングでした。
当時もメジャーは東京発の列車で、九州行きブルートレイン群が花形でしたが、
それだからこそ、上野発の裏街道の列車群に魅力を感じていました。
そんな鉄分が583系の引退の記事で一機に噴火してしまったのでした。
マニアックな記事に最後までお付き合いくださってありがとうございました。


Takuma@一般道各駅停車の旅






[PR]

by ichikakutabi | 2017-04-13 20:34 | その他 | Comments(6)