ブログ「一般道各駅停車の旅」

ichikakuta.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 10日

空想の旅へ

本日は、ここ東京では雨です。
明日も雨という予報で、どうやら、この週末は家でのんびりすることになりそうです。
そこで、空想の世界へ旅をしてきました。

f0040493_23135493.jpg
キャンピングカーは金曜日の晩に、
とある駐車場に到着した。
運転席から降りて深呼吸をする。
標高が高いせいか空気がとても澄んでいる。
夜の香りというか、森の香りというか、
山独特の清々しい空気である。
また、半袖の季節なのに涼しくて気持ちが良い。
そして、空は満天の星空。
天の川がハッキリと確認できて、
流れ星も我々の到着を歓迎してくれている。
清流が流れる音も心地良い。
今日はこの音を子守歌にしながら寝るとしよう。
おやすみなさい。
・・・ぐう・・・。

朝は5時に目覚めた。
さてと、温泉に行くか。
駐車場のすぐ脇には無料の温泉露天風呂がある。
この温泉は24時間入浴可能なので、大変有り難い。
また、穴場なので、いつも空いている。
泉質も、硫黄の香りがプンプンした白濁の湯で、
丸い石を敷き詰めた底からコンコンと湧き出る極上の硫黄泉だ。
すぐ横には清流が流れ、マイナスイオンもたっぷりと吸収できる。
こんな温泉に24時間好きな時間に入れる幸せ。
無料とはいえ、最終日には、寸志箱に感謝の気持ちを入れよう。
そんな気分で使っていると、山影から太陽が昇ってきた。
白んでいた空が一気に青く染まった。
一日が始まる儀式である。
太陽が一面を照らし、
自分がいかに鮮やかな原色の世界にいたかという事が初めて分かった。

車に戻って缶ビールを開ける。
AKOは、まだバンクベッドで夢の中。
なんかムニャムニャ言ってる。
さて、AKOが起きてしまわないように小さな声で「かんぱ~い」と呟いた後、
ビールを喉の奥にぶつける。
温泉で火照った体に冷たいビールが駆け巡る。
そして、開けっ放しのドアから朝のそよ風が車内を通り抜けていった。
私の中で、一番贅沢な時間だ。
少しするとAKOが起きてきた。
「おはよー」
パートナーよ、今日も一日よろしくお願いします。

さて、この駐車場から歩いていける場所に、美味しいベーカリーがある。
この旅の間中、この店が我々の朝食を担当してくれる。
朝7時開店というのも嬉しい。
私は天然酵母のパン、AKOはフランスパンを買い、
近くの牧場産の美味しい牛乳と一緒に、店先のテラスで食べた。
焼きたてのパンは、まだ熱い位で、とても香ばしい。
こんな、ゆっくりと流れる森の朝の時間も、最高のご馳走だ。

朝食を食べて一休みした後は高原をサイクリングする。
自転車専用の道があり、とても気持ちの良いサイクリングが出来るのだ。
自転車で5分も走ると小さなスーパーがあり、
ここが旅の間中、我が家の食材を提供してくれる。
高原で取れた新鮮な野菜も安く手に入り嬉しい。
さて、自転車はやがて牧場に到着した。
この牧場は羊とふれ合えるので、私のお気に入り。
AKOは、ここのソフトクリームが好きだそうだ。
まだ午前中ということで観光客も殆んどいない。
こんな牧場が入場無料なんだから、本当にありがたい。

昼食は森の中にある行きつけのイタリアン。
この店のコンソメパスタはとっても美味。
またこの店の特等席は、森の木陰にあるテラス席。
ここでも、食事といっしょに美味しい空気をたくさん食べた。

車に戻ってからは、テーブルとイスを外に出し、のんびり紅茶でティータイム。
この駐車場はこうしたキャンプ行為が公認で500円で何日でも駐車出来るのが有り難い。
また、有料ゴミ捨て場があり一回100円でゴミを捨てられる。
これも有り難いシステムだ。
AKOはサイドオーニングの下の日陰で、何やら小説を読んでる。
私は日向で、新聞に目を通し、ゆっくりとした森の午後を楽しむ。
いつしか、新聞を持ったまま、居眠りをしてた。
清流のBGMが心地よい。

さて、日が暮れてきた。
ランタンに火を灯そう。
そしてテーブルには、キャンドルライトを・・・。
本日は赤ワインで乾杯。
赤ワインにキャンドルの灯りが映り、とても綺麗である。
スーパーで買った生ハムとスモークサーモンが美味しい。
現地直売のトマトもとっても美味しい。
酔いが回るころ、昨晩見た方向の空に再び天の川が姿を現した。

さて、今夜は何回温泉に入ろうか?
明日は遠くに見えるあの山の頂まで、ヒルクライムをしようか?
湖まで行ってカヌーをするのもいい。
そろそろ22時位かなと思って時計を見たら20時にもなっていなかった。
そういえば、本日、時計を見たのは初めてだった。
森の時間に時計はいらない。
この場所はとても素晴らしいから、あと1週間位いることにしよう。
それにしても、清流のBGMが心地よい。

Takuma@一般道各駅停車の旅
[PR]

by ichikakutabi | 2008-05-10 22:53 | 妄想系・物欲系 | Comments(8)
Commented by sasuke at 2008-05-11 07:17 x
さすが、瞑想トレーニングをした世代(爆)
那須、軽井沢の情景がちらっとワタクシにも見えました(笑)

この写真、ワタシの家の庭にそっくり!!!

こちらも雨です・・・・・・・ゆっくり休日を楽しんでください。
Commented by KAZU at 2008-05-11 11:08 x
空想・・・嘘は、いけません・・妄想の旅でしょう。
Commented by kazu at 2008-05-11 13:17 x
これまでの旅の楽しい記憶が織りなす妄想・・・ いえ、空想の物語ですね。(笑)
Takumaさんは作家になれそう!

Commented by HARU at 2008-05-11 15:46 x
まいど
KAZUさんと、Kazuこさんが連続だ!

夜間に走り、朝目覚めて外を見たら、お墓だったりしたら最悪です。
朝は美しいもの、綺麗なものを見たいな。
だから家の妻は、キャンプに連れて行きません(バキ!)
Commented by ichikakutabi at 2008-05-11 19:42
sasukeさん、コメントありがとうございます。

那須と軽井沢ですか。
結構、空想とか言って書きながらも、
それぞれが過去の経験とダブりがちでしたね。
那須高原、乗鞍高原、尻焼温泉あたりの要素が
多分に入ってしまっていると思います。笑
このあたりが想像力の乏しい平凡な人間の辛いところですね。笑
あ、ちなみに画像はsasukeさんの庭と似ていても、北海道の八雲町です!爆


Commented by ichikakutabi at 2008-05-11 19:45
KAZUさん、コメントありがとうございます。

とっても深くて難しいことを言わないで下さいよ。
空想と妄想ってどう違うか調べてしまいました。
なるほど、なるほど・・・、
「もし彼女が私の事が好きだったら・・・」が空想。
「彼女はきっと私の事が好きだろうから・・・」が妄想。
勉強になりました。
KAZUさん、恐るべし!!
Commented by ichikakutabi at 2008-05-11 19:47
kazu姉さん、コメントありがとうございます。

kazu姉さん夫妻を登場させて、
獲れたてのアワビのバターソテーを食べるっていう案もありましたが・・・。笑
あのオフは、一生忘れられません。
感謝!<m(__)m>
Commented by ichikakutabi at 2008-05-11 19:50
HARUさん、コメントありがとうございます。

あー、悪い事言っちゃってる~。
ODEさんだって、見るかもしれませんよー!!
この理想のP泊地、
乗鞍が相当いい線いってますよね。
今年も乗鞍の森林が僕らを待ってますね!!


<< お茶の水 大勝軒      無事帰ってきました >>