2017年 02月 17日

ZIL NOBLE Limited Edition

f0040493_19470441.jpg
バンテック埼玉で足まわりチェックを受けてきました。
メカ音痴で面倒くさがりの私には、とてもありがたいものです。

でも今回は、目的がもう一つあります。
それはNobleのLimited Editionを見ることです。
平日だからなのでしょうか、展示場の敷地内には
たくさんの納車待ちのキャンピングカーが溢れかえっていました。
その一番奥に見慣れない顔と色をしたNobleが隠れていました。
新型カムロードとLimitd Edition専用のエアロバンパーで、
流石に顔はイケメンですね~。
ボクのNobleがのっぺり顔に見えてきちゃいました。
でも、カラーリングと側面のグラフィックなどは
ボクの標準バージョンの方がシックで良いな~。
Nobleは大人のキャンピングカーだから、
あくまでもシックに「高貴」に・・・。
Limited Editionは少々私には派手過ぎます。


f0040493_19471747.jpg
室内に入ると、いつもの見慣れた空間がありました。
でも、これも色違い。
オークとアイボリーを基調としたシックな空間の私のNobleに対して
こちらはホワイトと茶色系のグレーのモノトーン調。
これはさあ、絶対に標準の方が良くない?
大人の空間だよ、シックで「高貴」だよ!笑
まあ、人の好みですから、様々な意見がありますでしょう。
そうそう、家具のコーナーに使用しているフェルトの生地は
汚れ易そう&汚れが落ちなさそうで心配でした。


f0040493_19472879.jpg
でも、新型カムロードの運転席周りは少しだけ羨ましいですね。
中でも左右に設置されたドリンクホルダーは羨ましいです。
何しろ旧型はカーナビと干渉する場所か、さもなくば腰の斜め後ろだもの!
ちなみにバンテックパーツセンターから発売された
窓際の灰皿を利用したドリンクホルダーに少し興味があります。

さて、ZIL NOBLE Limit Edition、好みは分かれるところではありますが、
ノーマルのNobleと基本コンセプトは全く同じで揺るぎありません。
ん~、本当に良い車だと思います。
改めて惚れ直してしまいました。

Takuma@一般道各駅停車の旅







[PR]

by ichikakutabi | 2017-02-17 23:59 | キャンピングカー | Comments(0)


<< 小野上温泉に浸かりたくて      大きな段ボール箱が届きました >>