2016年 12月 06日

20年前のキャンピングカーショー featuring「JB470」

f0040493_21304269.jpg
最近、何故かキャンピングカーに興味を持った頃のことを思い出します。
私にとってのキャンカー創世記は今から20年程遡って1996年頃となります。
当時、群馬で生活していた私に転機が訪れます。

会社の上司がキャンピングカーを購入して、初めてキャンピングカーを生で見ました。
これが、カプリス(オートルックフクシマ)
ここから私のキャンピングカーの歴史が始まりました。
そして、目の保養的に行った同年1996年のキャンカーショーにおいて、その気持ちに拍車がかかるのです。
当時は「東京ベイサイドアウトドアショウ」といって、懐かしの晴海見本市場で開催されてました。
そこで、アラモ(A to Z)の398万円の値段を見て「スカイラインGTRより安いじゃん!」と思うのです。


f0040493_21315560.jpg
それからというもの、1台目Takuma号にマヨルカType-3(バンテック)が決定するまで、
様々な名車に魅せられました。
ハイエースの「スーパーロング」じゃなく、「ロング」なのにシャワールームを持つ
ハイエース・フィノ(アムクラフト)ユーロライン(同)
フィノは、ずっと第一候補で考えていましたね~。
毎晩、ベッドでこのカタログを見つめながら、ため息ついてました。
また、ユーロラインに至っては千葉県柏市のショップで格安新古車を衝動買いしそうになりました。


f0040493_21312231.jpg
カントリークラブ(レクヴィ)
ヨーロピアンロフト(アムクラフト)
オールドライン(カトーモーター)は、超魅力的なのに高嶺の花!
欲しいけど、少しだけ現実離れしてました。



f0040493_21321429.jpg
そんな中で私の中で、今も1、2位を争う不朽の名車、それはJB470(バンテック)です。
この頃、すでにキャブコン(当時は「Tボディ」って言いました)のスタンダードは2×5m。
前述のカプリスオックス(ヨコハマモーターセールス)が双璧でした。
そんな中で5mを切るどころか、たった4.7m!
それでいて、モーターホームと呼べるフル装備。
バンクベッドは大人3人が寝られるは、実用的なトイレルームを装備しているは・・・。
そして何よりこの車の魅力は、そのスタイリッシュな外観でした。
まだまだバニングの名残を残す野暮ったい車が多かった中で、JB470は本当に洗練されていました。

それでも、キャンピングカー初心者の我々は最後の最後でキャブコンに踏み込めず、
乗用車ライクなバンコンの世界でMY No.1となった
マヨルカTYPE-3でキャンピングカーライフを始めるのでした。

Takuma@一般道各駅停車の旅




JB

[PR]

by ichikakutabi | 2016-12-06 19:08 | キャンピングカー | Comments(4)
Commented by fukushima at 2016-12-07 12:47 x
懐かしい記憶がよみがえって来ました。
僕は、セキソーのトランクサルーンが欲しくて、工場まで何回も行きましたが、どうやっても買えない金額だったので、バンコンになりました。
まぁ、そのおかげでTakuma さんとも知り合えましたので、楽しいキャンカ-ライフになりました((^o^)v
Commented by Hide at 2016-12-07 15:23 x
20年前というと、ちょうど私のJB500が産まれた頃ですね。
今だに大事に乗られていますが、当の車はまさか
カラオケBOXになるとは夢にも思わなかったでしょう f^_^;
10年前、中古でキャンカーを探していた時、候補車として
アムクラフトのヨーロピアンやグローバルのコンポ2などと
迷いましたが結果的にJB500にして良かったと思っています。
Commented by ichikakutabi at 2016-12-08 00:48
fukushimaさん

トランクサルーンですか!
あの車もファンが多いですよね。
あの車に乗っていても貴殿とはきっと出会えた気がします。
何しろ貴殿とは○岸姉弟との縁でも繋がっていますから。
それにしても、今のキャンカーに比べて相当品質に劣るキャンカー群ですが、
往年のキャンカーを思い出すとどうしてこうもワクワクするもんですかね?
本当に欲しくて欲しくて仕方がないんだけど、
踏み切るのが大変で大変で、ため息ばかりついていました。
Commented by ichikakutabi at 2016-12-08 00:58
Hideさん

JB500はこの時代のさらに一世代前にロデオと共に双璧だった事で
日本のキャンピングカー史を語る上では絶対に外せない車ですよね!
この車を最高傑作品に挙げる人も沢山いるんじゃないですかね。
そのコンセプトは20年以上経った今でも、全く色褪せていませんね。
素晴らしい車だと思います。
昨晩はこの車のカタログもまじまじと眺めておりました。
オプション装備でカラオケの設定は無かったのですね?笑


<< Takumaの大冒険      透明感VOCAL NO.1 >>